メインメニュー
PR
facebook
別フォーラムへ

新幹線50年の歩み


投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2014/10/16 12:47
Chryso  スタッフ   投稿数: 4830
ブルーバックス。
新幹線技術者が書いた本。これもそうですし、音楽レコードの歩みを描いた本もそうでしたが、技術者というのは、成果に対して満足しないようですね。熱海の前後で減速するのが本当に悔しいらしいし、新幹線車両についても、海外の技術社の友人から、よくできた通勤車両という言い方をされているらしい。東海道新幹線でやり残したことはたくさんありそうです。

西明石、姫路、相生と近い距離に新幹線の駅が連続することもふれていますね。いつかは貨物列車を走らせための退避駅だったそうで。確かに新幹線は旅客専用になってしまいました。
私達は在来線と新幹線は別もので、駅も別。途中に改札があるのも当たり前、と思っているんですが、euを走っている高速列車は、そもそも新線を作らなくとも旧来の標準軌を走れるわけで、駅でも新たに駅舎をつくったりはしないらしい。その伝統は旧来の駅との接続を無視するリニアにいかされていますねえ。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2014/10/16 20:57
Chryso  スタッフ   投稿数: 4830
で、昔からどうスピードをだすか、よるどうやって止めるか、のほうが関心もたれてきたようですが、渦電流ディスクブレーキの採用から非採用にいたる歴史なんかは読ませます。

よく知られていることですが、新幹線は騒音との戦い、特にパンタグラフのノイズとの戦いだったそうですが、そのことも書かれていますね。なんでそんなこと、私鉄だとパンタの音なんか聞こえないんですが、新幹線列車だと近くにきていることをパンタのノイズで知るくらいですね。
なんでも私鉄のパンタは摩耗のことを考えないでいいのでファイバーなのに対して、新幹線のそれは耐摩耗のために金属らしいのですね。

パンタのスパークの問題はずっと知られていて、減らしたり形状を工夫したりといろいろやってきているようです。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2014/10/16 21:08
Chryso  スタッフ   投稿数: 4830
走る時というよりは、トンネルに突っ込む時のドン音軽減のために新幹線車両の先端はカモノハシたアヒルだカワセミだ、となっているんですが、そのうちカワセミの500系の場合、先が長すぎて定員が減っていたそうです。
これが問題になるのですが、どうしてだろうと思うと、緊急時にかわりの車両を用意できないから、だそうです。
そういうものですかね、確かに300系とかに比べれば500系の定員は減っていますが。はやばやと東海道新幹線からは撤退して山陽区間でこだまやっているのがもったいないです。

確かにうるさいし、車体も丸くて、ニモとをおきづらいですけどね。

E5とかE7、W7とかで先頭車両にグランクラスを持ってきているのですが、そのせいでしょうか。(定員に大きな差はないような?)


投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2014/10/17 12:58
Chryso  スタッフ   投稿数: 4830
で。よくわからない大人の事情。
整備新幹線の部分(例:北陸新幹線)の最高速度は260キロになっていますが、この速度は鉄建公団がJR東日本に新幹線を貸し出す条件のひとつに「260キロで走る」がはいっているからだそうで。施設自体はそれこそフル企画だもので300キロ走行もできるらしい。で、この条項を外すと、リース代が高くなるらしいです。というわけで、北陸とか九州とか盛岡以北の東北新幹線はもっと早く走れるんですね。物理的には。

で、新幹線、とくに東海道新幹線の保守にカネがかかるようになったのは、新幹線車両に自由席ができて、想定より車両が重くなったからだそうです。いろいろ大変ですね。

ちなみに華やかな東北新幹線最高速度320キロのE5,E6に隠れて、上越の最高時速が抑えられているという話。確かにかつては200系F編成が上毛高原と越後湯沢のあいだで275キロをだして「のぞみより早い」といっていたんですが、上越はその後はいわばお古のE4の天下になってしまい。最高速度も抑えられているらしいですね。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

このトピックに投稿する

題名
ゲスト名
投稿本文
  条件検索へ


ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget