メインメニュー
PR
facebook
別フォーラムへ

PTSDについて


投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 .4 .5 | 投稿日時 2014/1/5 20:43
NTL  常連   投稿数: 114
DSMーIVによるPTSD
http://www.02.246.ne.jp/~kasahara/
***
A.以下の2条件を備えた外傷的出来事を体験したことがある。
1.実際に死亡したり重傷を負ったりするような(あるいは危うくそのような目に遭いそうな)出来事を、あるいは自分や他人の身体が損なわれるような危機状況を、体験ないし目撃したか、そうした出来事や状況に直面した。
2.当人が示す反応としては、強い恐怖心や無力感や戦慄がある。
【備考】 子どもの場合には、むしろ行動の混乱ないし興奮という形で表出することもある。
B.外傷的な出来事は、次のいずれかの(あるいはいくつかの)形で、繰り返し再体験される。
1.その出来事の記憶が、イメージや考えや知覚などの形を取って、追い払おうとしても繰り返し襲ってくること。
【備考】 幼児の場合には、繰り返し行なう遊びの中に、その外傷の主題やその側面が現われることもある。 2.その出来事が登場する悪夢を繰り返し見ること。
【備考】 幼児の場合には、内容のはっきりしない恐ろしい夢のこともある。 3.あたかも外傷的な出来事が繰り返されているかのように行動したり、感じたりすること(その出来事を再体験している感覚、錯覚、幻覚や、覚醒状態や薬物の影響下で起こる解離性フラッシュバックもここに含まれる)。
【備考】 幼児の場合には、外傷特有の再現が見られることもある。 4.外傷的出来事の一面を象徴するような、あるいはそれに似通った内的・外的な刺激に直面した時に、強い心理的苦痛が起こること。
5.外傷的出来事の一面を象徴するような、あるいはそれに似通った内的・外的な刺激に対して、生理的な反応を起こすこと。
C.当該の外傷に関係する刺激を執拗に避け、全般的な反応性の麻痺が執拗に続く状態が(その外傷を受ける前にはなかったのに)、以下の3項目以上で見られること。
1.その外傷に関係する思考や感情や会話を避けようとすること。
2.その外傷を思い起こさせる行動や場所や人物を避けようとすること。
3.その外傷の要所が思い出せないこと。
4.重要な行動に対する関心や、その行動へのかかわりが著しく減少していること。
5.他者に対する関心がなくなった感じや、他者と疎遠になった感じがすること。
6.感情の幅が狭まったこと(愛情を抱くことができないなど)
7.未来の奥行きが狭まった感じがすること(出世や結婚、子ども、通常の寿命を期待しなくなるなど)。
D.高い覚醒状態を示す症状が執拗に続く状態が(その外傷を受ける前にはなかったのに)、以下の2項目以上で見られること。
1.入眠や睡眠状態の持続が難しいこと。
2.激しやすさや怒りの爆発があること。
3.集中困難があること。
4.警戒心が過度に見られること。
5.驚愕反応が極端なこと。
E.その障害(基準B+C+Dの症状)が1ヵ月以上続くこと。
F.その障害のため、社会的、職業的に、あるいはその他の重要な方面で、臨床的に著しい苦痛や欠陥が見られること。
   次の点を明確にすること:
    急性――症状の持続期間が3ヵ月未満の場合。
    慢性――症状の持続期間が3ヵ月以上の場合。
   次の点を明確にすること:
    発症遅延型――発症がストレス因から少なくとも6ヵ月経過している場合。
***
笠原氏の翻訳による
wikiによると以下のようになる。
心的外傷後ストレス障害(しんてきがいしょうごストレスしょうがい、Posttraumatic stress disorder:PTSD)は、危うく死ぬまたは重症を負うような出来事の後に起こる、心に加えられた衝撃的な傷が元となる、様々なストレス障害を引き起こす疾患のことである。[1]

心の傷は、心的外傷またはトラウマ(本来は単に「外傷」の意で、日本でも救命や外傷外科ではその意味で使われ、特に致命的外傷の意味で使われることが多いが、一般には心的外傷として使用される場合がほとんどである)と呼ばれる。トラウマには事故・災害時の急性トラウマと、児童虐待など繰り返し加害される慢性の心理的外傷がある。

心的外傷後ストレス障害は、地震、洪水、火事のような災害、または事故、戦争といった人災。いじめ、テロ、監禁、虐待、強姦、体罰などの犯罪、つまり、生命が脅かされたり、人としての尊厳が損なわれるような多様な原因によって生じうる。など。多種多様な日常の問題に原因があったりもする。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2014/1/5 20:55
NTL  常連   投稿数: 114
私の最近の関心はトランスパーソナル心理学です。というと検索すると新興宗教のサイトが沢山引っかかるのですが、本当は怪しいものではないものです。
現実の対応では、ソマティクというトランスパーソナル心理学の実践法でワークショップが行われているようです。

http://www.jcounselor.net/11interview/archives/2013/08/8314.html
瞑想とか、音楽療法のことですね。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 | 投稿日時 2014/1/5 21:11 | 最終変更
NTL  常連   投稿数: 114
私の関心は学問領域、カウンセリング領域のトランスパーソナル心理学で明治大学のレジュメが以下にある。PDFの方が読みやすい。
http://cache.yahoofs.jp/search/cache?c=i527WWGxlZEJ&p=%E8%B6%85%E6%AD%A3%E5%B8%B8%E5%BF%83%E7%90%86&u=www.kisc.meiji.ac.jp%2F%7Emetapsi%2Fdata%2Ftanaka2.pdf#search='%E8%B6%85%E6%AD%A3%E5%B8%B8%E5%BF%83%E7%90%86'

私はキリスト教徒なので、前世体験とかヒンズー的なものには関心がない。
あるのは、新約聖書のパウロについて、ルカと彼の書簡が書いている超正常体験(復活のキリストとの出会い、第3の天へのいわゆる「幽体離脱」と、キリスト教映画にもよくある臨死体験である。
トランスパーソナル心理学はこの面へのアプローチに優れていると思う。
(一言書いておきますが、私はオカルトとサブカルチャは関心がありません)。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
NTL

なし Re: PTSDについて

msg# 1.1.1.1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2014/1/5 21:16
NTL  常連   投稿数: 114
一応、触れておくが「トランスパーソナル心理学入門」(諸富、講談社新書)によると「超正常」現象の体験は心理的な問題、様々な病理現象としては外されたとされている。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
NTL

なし Re: PTSDについて

msg# 1.1.1.2
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2014/1/5 21:16 | 最終変更
NTL  常連   投稿数: 114
「トランスパーソナル心理学門」(諸富、講談社新書)によると「超正常」現象の体験は精神的な意味での自己変容であるとしているようですね。自己成長のひとつの段階であるらしい。

新興宗教などどは客観的なもののように捉えている感もしますが。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2014/1/8 16:45
NTL  常連   投稿数: 114
ここのサイトは皇歴をお使いのようですが、私は西暦のファンです(^^;
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2014/1/9 13:30
SYSOP  管理人   投稿数: 111
 このサイトが皇歴を使っているということはありません。メニュー等は全て西暦にしていると思います。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
NTL

なし Re: PTSDについて

msg# 1.2.1.1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2014/1/11 7:19
NTL  常連   投稿数: 114
居酒屋はジョークでしたか。失礼しました。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2014/1/11 22:10
伊豆倉 正敏  スタッフ   投稿数: 703
NTLさん初めましてでしょうか?

 自分の場合、強迫神経障害(確認症候群の方)ですがその遠因に阪神・淡路大震災で震度7を経験したのと、近くの倒壊家屋に2名下敷きになった方がいたのですが救出しようとして近所の人と何人かで入ったのですが火が回ってきて(ホームページの石屋川で分かるように阪神電車御影-石屋川間の留置線で土手が崩れて電車が傾きその北側で火事が起きている映像)南側の壁が燃えだして→天井→東西壁→最後は入った2回の窓枠を残して燃えてしまい、「家が倒壊するぞ」といわれて逃げ出した暗い過去を持つことが遠因では無いかといわれております。
 尚この時点で下敷きの2名の方が生きていたのか確率的に高い圧死状態だったかは焼けて骨だけになったためため不明、ご遺体の骨の回収時に、日が鎮火状態になったときに炎の色が違っていたので多分ここに人がいたというガイド役をして立ち会いましたが被害規模が大きかったために検視は略されたので生きていたのかもしれないと思い余計に罪悪感があります。

 不安に慣れるための語り部効果による治療も兼ねてホームページで公開しております。
http://homepage1.nifty.com/ishiyagawa/Kyouhakushinnkeisyou.htm

 尚、主治医曰く、伊豆倉さんの症状だとまだPTSDと呼ぶには軽いとのこと。
 担当の先生、H大学で阪神・淡路大震災のPTSD患者を大量に診断して更に震災記念館横の「兵庫県立心のケアセンター」にもつとめているのですが、阪神・淡路大震災のPTSD患者を担当していたときに、運悪く福知山線脱線事故があって被害者やにトリアージをやった医療関係者まで担当する事になって勝手に「PTSDの権威」と言われて困っているそうです。マスコミの電話取材が有るとわざとNGワードを連発して他の人に取材させる気にさせる特技を身につけてしまったとのこと。

 もうすぐ1月17日です。当日は職場の防災訓練ともに、現場の慰霊碑に献花しようと思います。

伊豆倉 正敏
生息域サイエンスフォーラム内【環境】掲示板
http://fsci.4rm.jp/modules/d3forum/index.php?forum_id=6
自分のホームページ「石屋川」
http://homepage1.nifty.com/ishiyagawa/index.htm
投票数:1 平均点:10.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2014/1/18 14:18
NTL  常連   投稿数: 114
コメントありがとうございます。
読ませて頂きました。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2014/1/18 21:52
NTL  常連   投稿数: 114
今晩は失礼します。私も読んだ本に生田哲の「心の病は食事で治す」という本があります。多少薬に対して否定的なところが気になりますが、毎日の食事を考えると役立つような気がします。
http://wellness7755.com/utu-huan/cat150/cat163/3_1.html

不安にはアミノ酸が良いとありました。実際のメニューだと、豆腐に鰹節とかアルコールのつまみにカシューナッツということになるようですね。

もちろん、色々な健康には運動が必要になるわけです。散歩、ストレッチ・ラジオ体操・・。
不安を抑えるのは脳内のセントロニンなので、それを活発化する為に薬草のセントジョーンズワートがヨーロッパでは使われるようです。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - | 投稿日時 2014/1/18 22:00
NTL  常連   投稿数: 114
どちらかというと、読んでおられる第3者の為に書いているのですが、セントジョーンズワートは東日本大震災の被災者の方に推奨されてます。
http://www.stjwort.com/
日本では単なるサプリですが、多少のみあわせなどあるようです。
効くのには1ヶ月くらいかかるようです。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
NTL

なし Re: PTSDについて

msg# 1.1.1.2.1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2014/1/19 10:33 | 最終変更
NTL  常連   投稿数: 114
おはようございます。
トランスパーソナル心理学の流れの一つのソマティク心理学がPTSDといったことを対象にしているようです。
少し過ぎましたが
http://transpersonal.jp/3989/
ダンスなどのワークもありますが、癒し系の音楽を聴きながらの瞑想も含まれるようです。散歩しながら癒し系を聞くのもそのなかに入ると思います。
一部の新興宗教はヨガを取り入れてますが、ピラティスと呼ばれるようですね。
まだまだ、未発達です。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

このトピックに投稿する

題名
ゲスト名
投稿本文
  条件検索へ


ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget