メインメニュー
PR
facebook
別フォーラムへ

運動の常識


投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 .4 .5 .6 .7 | 投稿日時 2013/8/12 23:10
東 遥  スタッフ   投稿数: 3327
先日、あだち充の「タッチ」のアニメの再放送を見ていたのですが、その中に

 ・キャプテン、水を呑んじゃ駄目ですよ、約束したでしょ

てな感じの事が御座いました。はい、練習中の一休み、喉が渇いて堪らず傍の薬缶を引き寄せ今将に口をつけようとしたところで。ぁぁ、そう言えば昔は運動中の水分摂取は厳禁・禁忌といわれていたものでしたっけ。私も思い起こしますと体育・部活や運動会の練習中は絶対に水を呑んじゃなんね、ということでした。まぁ私は幸か不幸か水泳部だったもので多少は楽でしたけどね。往時は筋力に負荷をかける苦しさに喉の渇きに耐える辛さにも我慢しなければ。

今、こうゆう事言い出したら流石に非難の的でしょうけど。流石にこの場面だけ差し替えるという事は無いんでしょうかね。ぇぇ、

 ・作品の時代背景や、原作者・制作者の意図を尊重しオリジナルのまま放送させて頂きます
 ・作品制作当時の背景やオリジナリティを尊重して原版のまま放送します
 ・作品原作者の意思を尊重して原版のまま放送します
 ・原作者のオリジナリティを尊重して原版のまま放送します

というものでは御座いましょうか。とはいえタッチの放送でこの注意テロップが流れているのを観たことがないです。ごく一部の放送関係者にとってはまだ現在も遵守すべきルールと思われている、という事はなく、単に気が付いていないだけなのかも知れませんが。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 | 投稿日時 2013/8/12 23:34
東 遥  スタッフ   投稿数: 3327
もう一つ著名なものとしては

 ・「巨人の星」のOPでウサギ跳び

に観られる様な「ウサギ跳び」が御座いました。WIKIによれば

 「膝を深く曲げてしゃがんだ姿勢(手を後ろに組むことが多い)のまま、主に足首の曲げ伸ばしで跳躍を繰り返すトレーニング法」

だそうで御座います。続いての説明が

 「動作に苦痛を伴うため日本のスポーツ指導者が特に好み、学校教育において頻繁に行われていた」

(笑)(笑)(笑)

まぁ、それはそれとしても、

 ・アキレス腱を鍛える
 ・下半身・下肢の筋力、なかんずく瞬発力を高める

ということだったらしいです。今となっては有害とされて撲滅されたもので一体どのような効果・鍛錬を期待して行われたのかが正しく伝わらず真相は不明なのですが。

私もさんざっぱらやらされましたっけ。校庭N周というのもやりましたっけ。なんでも股関節や膝関節を痛めるということで、将来痛くなったら往時の無理なトレーニングが原因として国家賠償だかなんだかを求めて提訴することができるんでしょうか。

因みに関節を痛める他にアキレス腱も筋肉も殆ど鍛えられないということで、体を痛め苦痛に苛まれ得るものが無いときては、今思えば一体なんだったのでしょう、というところですが。そう存ずれば尚子供たちにやらせたがる極一部の性癖の教員がかつてはいらっしゃったものか。それともそうとは知らず子供の為をおもって命じていたものか。

- - - -

先日余所で聞いた所では、運動ではありませんが、通信簿をとんでもなくした事例があるとか。尋常オール5を取る優秀な中学生徒につき、あるときの通信簿が突然オール3になったという。別に不登校になった訳でもなくテストの成績が悪くなったわけでもない、相変わらず上から何番という点数であったのに。で、親御さんが問い詰めていったところ、

 ・お子さんに挫折を味合わせたかった
  挫折を味わってお子さんは一回り大きくなるのですよ

という考えで独断でオール3に書き換えたんだという。なんですか、それは?目玉ドコー?という状況ではございましたが。極く稀にこうゆう考え方をする先生がいらっしゃるものでしょうか。まー、

 ・理不尽は何時でもあるものよ
  こと世の中は理不尽だらけよ

という事を教えたいというのであればまだ話は分かりますが、つーか、それでも駄目だとは存じますが。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2013/8/12 23:50
東 遥  スタッフ   投稿数: 3327
所謂「腹筋」、仰向けに寝て足を押さえて貰い、そのまま上体を起こすというアレ。運動の種類としては「シットアップ・上体起こし」に分類されるものですが。はい、基礎トレーニングの基礎の基礎として10回を5セットとか、毎日300とか、今日から400とか、当たり前の様にやるものではございました。水泳部の冬のトレーニングでも遠慮なくやりましたっけ。

これも、昨今では腰に宜しくない、鍛え上げた肉体を持つスポーツマンなら兎も角小中学校の体の固まっていないうちにやるのは望ましくない、腰痛になるぞ、という事が昨今では言われる所では御座います。

序に言うと割れた腹筋が欲しければ兎に角「腹筋運動」をやれ、という話が当たり前でしたが、これも今では直接は作用しない、体全体を鍛えて脂肪率を下げる方が余程に宜しいという話も御座います。とはいえ昨今の電気刺激で不如意に筋肉を動かして鍛えるという器具の宣伝では相変わらず腹筋を鍛えたければ腹部に電極を当てるという事が紹介されているのですが。

まぁ、ダイエットには、入れるを減らして出すを増やす、即ち食わずに運動するのが大原則なんでしょうけどね。

因みに腹筋そのものの鍛え方としては、折り曲げた膝を押さえて貰いつつ上体を僅かに上げるクランチが紹介されているところでは御座います。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
LuckyHill

なし Re: 運動の常識

msg# 1.1.1.1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2013/8/13 0:32
LuckyHill  一人前   投稿数: 1190
>小中学校の体の固まっていないうちにやるのは望ましくない、腰痛になるぞ、という事が昨今では言われる

 私の学生時代(30年ほど前)でも、腹筋をやり過ぎると背が伸びなくなるというふうに言われていましたね。でもそんなこと口に出そうものなら、鬼の上級生から「お前だけ回数2倍な」と言われる羽目になるのでした。

 で本当のところ、あの電気刺激:アブトロニクスで腹筋は鍛えられるのでしょうか? やはり「油取るニクス」との異名どおり、脂肪を減らすだけなんでしょうか。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - | 投稿日時 2013/8/13 0:36
東 遥  スタッフ   投稿数: 3327
>やはり「油取るニクス」との異名どおり、脂肪を減らすだけなんでしょうか。

欲しい!
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2013/8/13 1:54
LuckyHill  一人前   投稿数: 1190
 成績優秀な生徒と世の中はいつも理不尽という事で1つ、エピソードを思い出しました。高校時代の話ですが、グラウンドの隅っこに傾斜の急な階段があって、よくそこで上り下りのトレーニングを課されたものですが、ある時、下級生数人がそこで競争を上級生から命じられました。上って下りるのか、下りたのち上るのどっちだったかは忘れましたが、階段の往復競争をやって順位が遅れた者には何かしらのペナルティ(更なるトレーニング)が課されるというもの。

 そこで1人が抗議します。自分は極度に目が悪い(実際、牛乳瓶の底みたいなメガネをかけている)ので、こんな急な階段では著しく不利だ(踏み外して落ちたら大ケガする)と。訴えを聞いた上級生はただ一言。

  「上りを頑張れ」

 つまり、転落の危険性がある下りは十分注意して(スピードを落として)下りたらいい。その分の遅れは上りで取り返せ、ハンディをつける等の特別扱いはしない、とこういう訳ですね。

 ちなみに下級生と記していますが、私から見ると先輩にあたる人です。成績優秀で東大に現役合格し、私が在学中に教育実習で来られました。東大からの教育実習生は初めてだったみたいで、受け入れ側の先生のほうがビビッていました。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
東 遥

なし Re: 運動の常識

msg# 1.1.2.1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2013/8/13 6:36 | 最終変更
東 遥  スタッフ   投稿数: 3327
スポ根ものの動画漫画の定番当然必然設定としては

 ・ペアを組んで相方を背負って階段を昇降する

勿論合宿先の寺の境内に至る階段を昇り降りするのがお約束では御座います。んで、昇る方が大変だ、というのが常識でありますし、エネルギーや仕事の定義からしてもそうなるんですが、某漫画の登場人物の説では

 ・降りる方が大変で鍛えられる

なんとなれば、昇りでは単に1Gの加重がかかるのみだが、降りでは重力に引かれて加速するので1Gよりも大きな力が脚にかかる。1段毎に加速するものに抗する為により大きな力が必要になるのでより鍛えられる、という事では御座いました。でその登場人物は好んで昇りは背負って貰い降りは背負ってましたけど、何処まで本当でしょうか。

まー、他にもお約束は鉄下駄を履いてランニングとかですが、そのあたりは『トップをねらえ!』を観ていると良く分かるかも知れません。
投票数:3 平均点:10.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2013/8/19 4:28
みっちゃん  半人前   投稿数: 31
>降りる方が大変で鍛えられる

 相当程度真実を含んでいます。

 実は筋肉を鍛えるときは、縮める方向でなく、延ばす方向へ鍛えるほうが効率がよいとされます。ただし之は大変危険が伴い、過負荷を掛けるとたちまち筋肉が切れてしまいます。

 バーベルを上げ下げするときに、揚げるときは急速に反動付けるのも有ですが、降ろすときはあくまでゆっくりと、少しづつ降ろすのがよいとされます。

 山登りでも、心臓・肺などへの負担は登りのほうがキツイですが、筋や腱への負担は降りるときのほうが危険が多く、怪我も多いようです。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 | 投稿日時 2013/10/5 23:15
東 遥  スタッフ   投稿数: 3327
水分摂取は禁忌、という点についてこんな思い出話が。

http://seikatuch.com/archives/33661030.html

 「中学の頃、山を登って下山するまで一切水分を取らない「節水登山」って行事があった」

この発言についたコメントの中に、明治期の軍医の調査で「水を呑まずにいる方が血流が良い」というのがあったのがそもそもの由来だ、というのが御座いましたりします。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2013/10/6 9:49
みっちゃん  半人前   投稿数: 31
 水の摂取って本当に難しくて・・・

 実のところ本当に渇水状態にある人に、本人の飲むままに水を飲ませたら・・・場合によっては死ぬことさえ有るそうです。

 体温に近い、血液ほど濃くなくて、半量程度に浸透圧を調整したもの100ml程度から吸収状況を見て少しずつ与えるのが理にかなうそうです。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2013/10/6 10:25
Chryso  スタッフ   投稿数: 4759
まあ、訓練としては、山のなかのような自由に水や食物が得られない場所で、いつもと同じような食事や水飲みをするんじゃない、という意味もあるかもしれません。

その昔、その加減がわからず、真夏の丹沢山中でちょっと危ないくらいになったことが。暑いので水をつい多めに飲んで、水筒の水が切れた状態で縦走していました。
(そもそも夏、大して涼しくもない丹沢に行くこと自体がクレイジーだと、あとからいわれた)

まあ幸い、水を得られるところまで下山できて、もう飲めるだけ飲んだわけだすが、その時、2リットルくらい飲んだかもしれない。これもこれで危ない行為ですね。

それ以来さすがに慎重になり、水筒は大きめ、その上で登山中、水があるところでは常に補給して満タン状態にしておく、という習慣ができました。そんなことをすると、重いんですけどね。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
伊豆倉 正敏

なし Re: 運動の常識

msg# 1.4.2.1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2013/10/6 18:44
伊豆倉 正敏  スタッフ   投稿数: 686
みなさんこんばんは。

 今年は猛暑のために熱中症対策(汗として電解質も抜けるので適度な塩分を含む水が必用)と「高血圧者の減塩指導対策」との両立はどうすればいいのが難しかったそうです。

 特に屋外作業をする人とか、溶けた鉄やら、熱間処理等の熱処理作業をしている人等での高血圧で指導がかかっている人の水分+塩分補給はどうするかが問題になりました。
 3つ前の職場で排気ガス測定時に熱中症による脱水で2名無くなっていますし。
 昔分析で蒸留担当だった頃はガスバーナー5連+水蒸気(置換式)蒸留装置前後ろ各3連+試料分解用ホットプレート(ドラフト内だが輻射熱が)で40℃以上の所にいたのでよく分かります。

 と言うわけで対象職場には、糖分を減らしたポカリスエットイオンウォーターか、アクエリアスが配布されたのですが安全衛生パトロールで「保冷庫に入れているが名前が書いていないので他の人が誤飲する恐れがある」との指摘が出ました。

 自分は本業事務、兼務先は今では分析に関係の無い出荷検査でクーラーの効いた部屋にいるので支給対象外です。

伊豆倉 正敏
生息域サイエンスフォーラム内【環境】掲示板
http://fsci.4rm.jp/modules/d3forum/index.php?forum_id=6
自分のホームページ「石屋川」
http://homepage1.nifty.com/ishiyagawa/index.htm
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2013/10/6 20:42
LuckyHill  一人前   投稿数: 1190
 猛暑と言えば、以前folomyでも書きましたが、ウチの近所の小学校、プール授業は今年も夏休み前に終了したようでした。今年は老朽化したプールを取り壊して、新しくなったばかりだったのに何かちょっと勿体ない。お盆休みの頃にはもう水も緑色に濁っていました。私が小学生の頃は、夏は暑さしのぎでプール入っている(入らされている)ようなものでしたが。

 プール授業で事故が起きたりすればニュースで大きくあつかわれるので、学校側もビビッてしまうんでしょうかね。
 http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/130702/waf13070209400007-n1.htm

 運動ということでは、プールで30分くらい続けて泳ぐと、水の中に居るにも関わらず、やっぱり喉は渇きますね(笑)
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 | 投稿日時 2013/10/22 18:49
東 遥  スタッフ   投稿数: 3327
水分摂取を禁忌とする事例。これは学校の話ではありませんが。

【悲報】 クレーマー「駅員が仕事中に水を飲むとは何事か!」 JR「スミマセンスミマセン・・・」

凄いな。こんな事にクレームが入ったのか。

まぁ、

 ・仕事中に飲食するなんて人を馬鹿にしている!仕事の態度がなっていない!

という感覚の方もいらっしゃいますし、面前であからさまに口をもぐもぐされると不愉快不謹慎不快不満なのかもしれませんが。

あ、もちろん、麦酒を呑んでは駄目だと存じますよ?況んや実は焼酎だというのも。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2013/10/22 21:36
LuckyHill  一人前   投稿数: 1190
>況んや実は焼酎だというのも。

 プールで水泳の際にペットボトルに入った焼酎を一気飲みした人がいます。本人いわく、「スポーツドリンクを入れて持って来たつもりが、間違って焼酎を入れていた方を持って来てしまった」んだそうです(笑)
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2015/6/8 18:55 | 最終変更
東 遥  スタッフ   投稿数: 3327
この会議室の守備範囲からは外れますが水繋がりという事で

運転士、水飲んでも報告不要! JR東海が規定見直し

はい、以前も

 ・運転手が水呑んでいた!けしからん!

という苦情があったとかで随分と神経質にはなってましたけどね。実際体調を崩してその場で停車立ち往生してしまった事例が出たもので、いや、もう。ここで厳しい方など

 ・最近の若いモンはなっとらん!!!!

と叱責し水分摂取断固反対の論陣を張るかも知れませんが。

まぁ、呑みすぎて御不浄を我慢するという事にならなければ適切な水分補給は宜しいのではなかろうかと。ていうか、直射日光が直撃する運転席は暑くてかなわんでしょうねぇ、いつもありがとうございます。つーか、冷房とかないんでしたっけ?

豊葦原国、存分に水に恵まれている筈ですがなかなか不自由で御座います。

ルールは完全・万能・絶対でありルールを守れば全てがうまくいく、という考え方の人は私のみの周りに多いのですが。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
Chryso

なし Re: 運動の常識

msg# 1.6.2.1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2015/6/9 6:43
Chryso  スタッフ   投稿数: 4759
水飲んでいけないのは運転中にトイレにいきたくなるからかな、と邪推する次第。
ちみみに、前面展望型の列車の2階運転席(たとえば旧パノラマカーとかロマンスカーとか)は狭くて暑いという話でしたね。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2015/6/23 22:18
LuckyHill  一人前   投稿数: 1190
 News-USからのリンク(笑)で見つけたのですが、平泳ぎは体に悪い、という風潮に今はなっているんですかね。うさぎ跳びみたいな扱いであると述べられています。

◆【衝撃】アメリカで平泳ぎしたらメッチャ怒られた!ダメらしい。
 http://kazokuchannel.doorblog.jp/archives/45268389.html

 以前ジムのプールでインストラクターさんに「バタフライも結構腰にきたりなんかして体への負担は大きいですよね?」と尋ねたら、「それは単に正しい泳ぎ方が出来てないからですっ!」と一撃で撃沈されました(汗)。


ついでながら、msg# 1.6.2.1
>水飲んでいけないのは運転中にトイレにいきたくなるからかな、と邪推する次第。

確か、水泳のオリンピック選手は「いきたくなったらプールの中でしている」と暴露していましたね。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2015/6/25 0:07
東 遥  スタッフ   投稿数: 3327
定番の科学的冗談としては

 ・今ここでプールにネスラー試薬を入れたら....

果たしてどうなるか、という。はい、

 A)ぅぉ、反応してしまった!
 B)んな危ないものを入れるな!

人としてはどう反応すべきなのでしょうか。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

このトピックに投稿する

題名
ゲスト名
投稿本文
  条件検索へ


ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget