メインメニュー
PR
facebook

中性化する男女


投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2022/2/8 21:19
伊豆倉 正敏  スタッフ   投稿数: 1684
【環境】に昔、環境ホルモンがあったから書きましたが
http://fsci.4rm.jp/modules/d3forum/index.php?topic_id=3972#post_id27888
会議室一覧をみて、
【からだ】メディカル・サイエンス があったのでこちらにも

------------ここより下の内容は同一文です。

放送内容によっては環境分野と関係ないかもしれませんが...

 昔NHK教育でしていたサイエンスアイという番組で、環境中に放出された化学物質が自然界や人体内で男性ホルモンや女性ホルモンのように振る舞う現象が世界中で問題となり、環境ホルモンとして取り上げ放送されたことがありました。
環境ホルモン→内分泌攪乱物質
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%85%E5%88%86%E6%B3%8C%E6%94%AA%E4%B9%B1%E7%89%A9%E8%B3%AA
>内分泌攪乱物質(ないぶんぴつかくらんぶっしつ、英語: endocrine disruptor)とは、環境中に存在する化学物質のうち、生体にホルモン作用をおこしたり、逆にホルモン作用を阻害するもの。2003年(平成15年)5月の日本国政府見解では、「内分泌系に影響を及ぼすことにより、生体に障害や有害な影響を引き起こす外因性の化学物質」と定義されている。

 魚類や貝類などでは影響することから今でも生態系への問題として扱われています。

で、それと関係するかは今時点では放送前なので分かりませんが、サイエンスアイの後継番組となるサイエンスゼロでホルモンバランスの特集をするそうです。

「人類が絶滅の危機!?“中性化”と生殖の未来」
https://www.nhk.jp/p/zero/ts/XK5VKV7V98/
>初回放送日: 2022年2月13日
>体や心の性差が縮まる「中性化」に最新科学で迫る。中性化の原因とされるのは男性らしい体や脳の形成に関わる性ホルモン・テストステロンの分泌の変化。先進国では、男性では分泌が減少、女性では増加している実態が見えてきた。

内容が人体中のホルモンバランスに直接切り込むような番組紹介なので環境という会議室から見たらハズレ(食生活とかになるかもしれない)になるかもしれませんが、そういう番組放送予定があるそうです。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

このトピックに投稿する

題名
ゲスト名
投稿本文
  条件検索へ


ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget