メインメニュー
PR
facebook

自治体回収のペットボトル容器を巡る攻防


投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2022/2/3 22:53
伊豆倉 正敏  スタッフ   投稿数: 1684
ペットボトル容器からペットボトル容器に再生する方法が確立されて、飲料メーカーが直接自治体から購入したいという中、今まで容器回収リサイクル法で頑張ってきた容器包装リサイクル協会がそのルートは問題では?という意見を出したそうです。
ペットボトル回収 メーカーと自治体に「待った」かける国指定法人
https://news.goo.ne.jp/article/mainichi/nation/mainichi-20220201k0000m040318000c.html
>家庭から出る使用済みの廃ペットボトルを新しいペットボトルに再生させようと、清涼飲料メーカー各社が自治体と協定を結んで独自に回収する取り組みを進めているが、容器包装リサイクルを担う国の指定法人「日本容器包装リサイクル協会(容リ協)」がこの動きに「待った」をかける文書を「全国清涼飲料連合会(全清飲)」に送った。指定法人などへの円滑な引き渡しを求めている「容器包装リサイクル法」の趣旨に沿わないとの理由で、飲料メーカー加盟各社は対応に苦慮している。

 今までのルートの指定法人経由で飲料メーカーというか再生メーカーに渡すか、どうするかは今後次第ですが、温室効果ガスの削減や原油価格高騰もあり対応が難しい問題です。 たまたまニュースになったのが入札シーズンの前なので環境省がどう交通整理を付けるかの問題になると思います。
投票数:1 平均点:10.00
返信する

このトピックに投稿する

題名
ゲスト名
投稿本文
  条件検索へ


ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget