メインメニュー
PR
facebook

パリで交通事故と気候変動対策を兼ねて、市内道路30km/hに


投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2021/7/14 0:14
伊豆倉 正敏  スタッフ   投稿数: 1348
道路に車の立ち入り規制をかけて自転車道を整備したり、ライトレールと行って現代版の路面電車が復活するパターンが最近の欧州都市ですが
仏パリ、ほぼ全道路で制限速度30キロに 8月末から
https://www.afpbb.com/articles/-/3355787
>【7月9日 AFP】フランス・パリ市当局は8日、市内ほぼ全ての道路で8月末から制限速度を時速30キロとすると発表した。交通事故や騒音の削減、気候変動対策などを目的としている。
中略
>パリではすでに市内の道路の約60%に時速30キロの速度制限が導入されている。また、2016年のイダルゴ市長就任後、多くの道路が片側1車線や歩行者専用になった。
>緑の党所属のダビッド・ベリアール(David Belliard)副市長(交通担当)によると、8月以降、高速走行が認められるのは市を囲む環状道路と一部の主要道路のみとなる。同氏はAFPに、「大事なのは自動車の占有空間を減らすことで、そのためには速度を下げる必要がある」と述べ、自転車や歩行者の安全性が向上すると強調した。

だそうです。 片側1車線の30km/h規制+横が歩行者道と自転車道分離だと
自転車よりも遅く走れ
レベル(日本で言うと原動機付き自転車を追い越すな)なので思い切ったことをしたなあと思います
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2021/8/31 7:05
伊豆倉 正敏  スタッフ   投稿数: 1348
今日からだそうです。
フランス・パリ市内の道路 制限速度30キロに
https://news.nifty.com/article/world/worldall/12198-1221768/
> パリ市内では、すでにおよそ6割の道路で時速30キロに制限されてきましたが、30日からはほぼ全域に拡大されました。歩行者の安全や騒音の軽減が目的で、違反した場合は135ユーロの罰金などが科されます。ただし、シャンゼリゼ通りなど一部の大通りと、車両専用の環状道路は例外とされています。

 日本で言えば原動機付き自転車の制限速度、事実上自転車を追い抜いてはいけない。
 とにかく車を使うなと言うことでしょうか?
 電気自動車に将来を見据えてと言うか、今ある製品としてみるなら自動車としてではなく電動カートの方がこの規制では使いやすくなります。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

このトピックに投稿する

題名
ゲスト名
投稿本文
  条件検索へ


ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget