メインメニュー
PR
facebook

節分が2月2日


投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 | 投稿日時 2021/1/15 17:06
伊豆倉 携帯  常連   投稿数: 243
こんばんは、スマホアクセスなのでコピペによるアドレスリンクが貼れないのですが、今年の節分は3日ではなく2日になる特異年だそうです。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 | 投稿日時 2021/1/15 19:16
伊豆倉 正敏  スタッフ   投稿数: 1124
国立天文台の節分の検索結果です。

節分の日が動き出す
https://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/topics/html/topics2021_2.html
>この日付は固定ではなく,令和3年(2021)には2月2日となる.3日でなくなるのは昭和59年(1984)2月4日以来37年ぶり,2日になるのは明治30年(1897)2月2日以来124年ぶりのことである.

リンク先を見て下さい。グラフの方が分かりやすいです。
と言うわけで今年から節分の日が2月の2日か3日になるそうです。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2021/2/2 5:09
粒子  一人前   投稿数: 1004
http://kisetsumimiyori.com/daikichi/

最近、立春大吉のお札を見かけなくなったように思うのですが。
二十四節気は農業には欠かせない暦だったのでしょう。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2021/2/2 5:45
粒子  一人前   投稿数: 1004
https://www.aozora.gr.jp/cards/001569/files/53208_49866.html

中谷宇吉郎の「立春の卵」。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2021/2/2 19:43
YMN  一人前   投稿数: 1035
https://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/topics/html/topics2021_2a.png
 この図は即座には意味が分からなかったのですが、今年からしばらく4年ごとに1回だけ2日になり、さらに2日が2回に増え、そしてまた3回になることもあるということのようです。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2021/2/3 2:12
東 遥  スタッフ   投稿数: 4389
私どもが生きている間はずっと立春は2月4日か2月5日だったものが、初めて2月3日になるもので感慨深い。

この図を見てますと

 ・平年は右上に上がる
 ・閏年にグイっと下げる。
 ・ただ、ちょっぴり下げ過ぎるので
  全体の帯としてゆるく右下へ移動する。
 ・随分と下がったところで100年ごとに
  閏年を省いて上へ戻す(1800年,1900年)
 ・んが、今度は上がりすぎるので
  400年ごとには閏年を入れて下げる(2000年)

そんなグレゴリオ暦の絡繰りというか動きが良く見て取れる次第。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
YMN

なし Re: 節分が2月2日

msg# 1.1.2.1.1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2021/2/3 21:07
YMN  一人前   投稿数: 1035
http://www.finetune.co.jp/~lyuka/interests/essay/binarian/
----引用
即ち 128 で割り切れず 4 で割り切れる年をうるう年にすればよく、 これだけで数十万年の間はややこしいい他の補正をせずとも誤差が 1日以内に収まることになる。
----引用

 こちらの方がずっと良い近似になりますが、128という数が切りの良い数と受け止められるかどうか難しいところです。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2021/2/3 23:15 | 最終変更
伊豆倉 正敏  スタッフ   投稿数: 1124
ふと、立春の日が全体で1日早くなり節分の日も連動するのが閏年の関係なら、春分の日や秋分の日ももしかしてと思って国立天文台のページを開けて見たら似たような事が起きていたそうです。

秋分の日が動き出す
https://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/topics/html/topics2012_2.html
>変わっていないといえば,秋分の日は長らく9月23日のままであった.平成24年 (2012),これがついに9月22日となる.9月23日でなくなるのは昭和54年 (1979) 9月24日以来33年ぶり,9月22日になるのは明治29年 (1896) 以来116年ぶりの出来事である.

秋分の日の説明の方が絵入り・データ付きで分かりやすいです。
ユリウス暦とグレゴリオ暦との関係も詳しいです。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2021/2/3 23:35
伊豆倉 正敏  スタッフ   投稿数: 1124
もしかしてついでに確認すると、祝日について、春分の日と秋分の日は国立天文台が決めていたはずという記憶があり検索すると
内閣府ホーム > 内閣府の政策 > 制度 > 国民の祝日について
https://www8.cao.go.jp/chosei/shukujitsu/gaiyou.html

>祝日のうち、「春分の日」及び「秋分の日」は、法律で具体的に月日が明記されずに、それぞれ「春分日」、「秋分日」と定められています。
>「春分の日」及び「秋分の日」については、国立天文台が、毎年2月に翌年の「春分の日」、「秋分の日」を官報で公表しています。詳しくは、国立天文台ホームページ「よくある質問」(質問3-1)を御参照ください。

だそうです。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

このトピックに投稿する

題名
ゲスト名
投稿本文
  条件検索へ


ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget