メインメニュー
PR
facebook

横浜・三浦半島の異臭騒ぎ


投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2020/10/13 21:01
Chryso  スタッフ   投稿数: 6079
https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20201013/1000054993.html

長期に、断続的にこの地域で異臭さわぎが起こってるようで。
空気を採取して分析したら、ブタン、ペンタン、イソペンタンがやや多いという結果がでたそうです。

なんでしょうね。

がけ崩れの直前に異臭、という予兆があるそうで、土が物理的に崩れそうになったときに、土の中にたまっていたガスが放出されるのだそうです。

それを連想したのですが、それにしては範囲が広い。自然現象なら、記録もありそうな気もします。

化学に詳しい人の見解は?
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2020/10/14 2:42
東 遥  スタッフ   投稿数: 4129
私の旧地元、実家のある辺りです。

実家の家人甲・乙は遭遇していない模様ですが、この夏から時々、広範囲に異臭がするそうで、未だに原因も分からず謎です。

ガソリンやら化石燃料やらであれば、忘れられた地下のパイプラインやらが破損して漏れ出たということも考えられますが、広範囲ですので違うのでしょう。

地下深くに埋蔵されていた化石燃料が地殻変動で地上近くに染み出て来た、というのも夢がありそうな傍迷惑そうな。

因みに南関東の千葉よりですと南関東ガス田というのがあり、実際にガスが採取されています。が、三浦半島はガス田とされる地域より離れていますので、それも考えがたい。

謎です。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2020/10/14 6:17
東 遥  スタッフ   投稿数: 4129
なんでも、北上しているらしい。

また、ゴムの焼ける匂いとか、硫化水素だとか。

横浜駅で『異臭』の通報が相次ぐ→なぜか地震の予兆だと恐れる人が続出。その理由は異臭騒ぎの『移動』が関連していた?

天変地異の前触れ、というお話も御座います。

まだ、良く分からない模様ですが、北上、だとすると一体何なのか。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2020/10/14 7:48
Chryso  スタッフ   投稿数: 6079
タンカーのバラスト水抜きに伴って、ガスが抜けた説もありますが、それだったらいままでにも何回かやっているわけで、作業している人がこういう現象を知らないわけないし。いままでにも発生したいたはずだし?
それとも方法が最近かわった?

海のほうが、匂いの源に近い分、さらに匂いがきつい(=濃度が高い)ような気がしますが?

とりあえず、健康に問題はないようです。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2020/10/14 12:14
くー  常連   投稿数: 276
メタン エタン プロパン ブタン ペンタン ヘキサン …
暗記したのは高校時代でしたっけ?
飽和炭化水素だったかアルカンだったか。これらは毒性がない、確か、中毒にならないですよね。ならば、直ちに健康に害を及ぼすことはないと言ってもいいですね。

100円ライータの補充ガスの主成分はブタンでこれを使った自殺の死因は空気と置換することによる酸欠で窒息死のはず。もう遠い記憶だ。

ブタンの匂いすら思い出せない。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2020/10/17 8:57
Chryso  スタッフ   投稿数: 6079
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO65096610W0A011C2000000/

イソペンタン、ペンタン、ブタンの濃度が通常よりも高いそうです。

特定の物質の濃度が高いというのは、その物質をまとめて(?)含むものから出ているということか?

石油?

異臭って、ビジターだとよくわかりますね。
東海道新幹線の新富士駅なんかは降りたら木の匂いがしました。製紙工場の匂いですね。最近は、煙突をなくすという話があったので、どうでしょうか。
外人さんは、成田空港におりたら醤油の匂いがするといいますし。

東京に住んでいる私が四国にいくと「海辺の、魚が腐った匂い」がしますが、それがうどん屋だったり。

慣れもあるようで、西日本出身の某氏はその匂いで「うまそうだ」と思うらしいです。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2020/10/17 23:17
Chryso  スタッフ   投稿数: 6079
ひとつの仮説としては
(思うに仮説なんかは誰でも出せることに最近になって気がついた。)

三浦半島の先にあるガソリンスタンドに横浜方面からガソリンを運んでいるタンクローリーになんかの欠陥があり、途中でこぼしてしまう。その匂いが一瞬広がる。
海沿いでなくても匂うのはそのせいだ。
道路沿いは文字通りくさい。

問題はもちろんいくつかあって、そんな欠陥のあるタンクローリーだったら、使用禁止になるはずであるということ。
そもそも三浦半島の先に行くのなら、下の道ではなくて、自動車道を通るぞと。

業者じゃなくて、個人がガソリンを入手して、ポリタンクに異常があって、こぼしてしまうか、あるいは、意図的にガソリンを(安全なように)まいているかもしれない。

なんのために?と問うてはならない。
意味のわからないことをやってしまう人もいるわけで。思い出すのが神社などに液体をまいた御仁。日本からいなくなってそれからどうしたのか。

投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020/10/18 0:20
伊豆倉 正敏  スタッフ   投稿数: 1000
一見離れたところで異臭がするケースでは、何かの設備の不具合で漏れた揮発性の薬品が下水管に流れ込んで、普通の下水からの異臭ならマンホール蓋にの吹き上がり防止用の穴があっても比重で地上の空気までは出ないのですが、揮発性の物だと気化して量が多いとマンホールの蓋に開けている穴から出て異臭がすることがまれにですが起こる事があります。
また下水管内で合流した時に薬品同士が混合してガスが発生したり、揮発性の物が含まれる下水に温度の高い下水(温泉排水等)が合流して異臭騒ぎが起きるケースがあります。
たまにですが不適切な廃液処理業者が下水に流して処理コストを抑えていたという刑事事件もあります。

有名な事件だと

グアダラハラ爆発事故
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%82%A2%E3%83%80%E3%83%A9%E3%83%8F%E3%83%A9%E7%88%86%E7%99%BA%E4%BA%8B%E6%95%85
>事故が起こる3日前から住民はトイレや下水管からの強い異臭を訴えていた。トルティーヤ店のガス漏れを指摘され同店ではガス会社を呼び点検したが異常はなかった。

からはじまって(中略)
>そして事故当日の4月22日の午前10時6分に下水管が爆発。一度の爆発から4時間に渡って爆発は続き、道路が数キロメートルに渡り陥没した。公式の発表では254人の死者と1,400人近くの負傷者をだし、15,000人が家を失った。被害額は3億ドルから10億ドルと推定される。

(中略)
>しかし、原因はペメックス(メキシコの国営石油会社)の精油所が地下に通していた鋼鉄製の送油管に、新たに設けられた亜鉛メッキの銅製の配水管が接触したことで周囲の湿度によって局部電池腐食を起こし、穴の開いた送油管から大量のガソリンが漏れ、それが下水道に流入したことであった。

という事件があります。

ただ下水管は詰まり防止の為に自然流下で流れて最終的にいけれるところの下水処理場に流れるはずなので、広い範囲だと別の下水道になってしまう可能性もあります。
雨水管が別の場合は雨が降った時に雨水と共に滞留していた物(敷地内でこぼれていた物や地下室のポンプアップでその場所で止まっていた物)が流れ出してその流れていった先で異臭というケースが起こりえます。
投票数:1 平均点:10.00
返信する

このトピックに投稿する

題名
ゲスト名
投稿本文
  条件検索へ


ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget