メインメニュー
PR
facebook

音楽は時代を導くか


投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 | 投稿日時 2020/10/4 7:38
OK_like-mj  常連   投稿数: 463
https://youtu.be/frWKBUAZiLM
を投稿した方の
"पाइरेट्स ऑफ द कैरेबियन"をGoogle翻訳に投入したら
ヒンディー語、つまり、インド中部以北の公用語
らしい
ヘブライ語にも似ていますが、横を貫くように見える
直線が特徴な気がします

言語の壁を越え、人種の壁を越えつながるもの

ことばじゃない、人々の思いを告げるもの

これを音楽に負わせるのは、酷ですが
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 | 投稿日時 2020/10/4 17:52
Chryso  スタッフ   投稿数: 6079
歌詞のある音楽には無理かと。
歌われている言語以上に発音が難しく、聞き取りが難しい。
マイナーな気持ちをメジャーで歌っているものもあれば、その逆もある。

例:冷たい雨:歌詞だけみれば失恋の歌だし。なんでメジャー?

東京のバスガイド:なんで「あかるく、あかるく」をマイナーで歌うのか。

高校三年生:「若く明るい歌声」なのに。

逆張りかもしれませんけどね。

ロマン派?オペラ?原作があって、それはある程度は宗教的価値観に基づくもので、その宗教以外の宗教の人には受け入れがたい場合もある。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2020/10/4 17:59
Chryso  スタッフ   投稿数: 6079
東京節、またはパイノパイノパイ、大正時代に流行したコミックソングだが、元はアメリカ合衆国の軍歌「ジョージア行進曲」で、茶化していいものかどうか。

国を超えてヒットさせるために、歌詞をその国の言葉にローカライズさせる手法があり、そのなかには元歌と関係がなく、ただ、その言語で「歌いやすい」だけのものもあるようで。

こういう音楽だと、世界は動かせないし、動かしたとしても、国によって違う方向なのではないだろうか。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020/10/4 20:23
OK_like-mj  常連   投稿数: 463
なつかしい歌で、主題の状況を表わすのに
とても分かり易い例をありがとうございます

やはり、歌に端的にでてるように
国民性あっての人々ですから
当時を思えば、同じメロディーであっても
アメリカと日本では、受ける印象がかなり違う

この差が、現代で結構近い線にまで埋まっているか
どうかが問題で
埋っているとしたら
アメリカに進駐され、Give me chocolateで
アメリカナイズを望んだ日本のような国でなく

イエスを生んだ自負のある中近東とかと
当方たちアメリカンな部分も好きな者とで
現実、受ける印象の差が気になるところです

彼らの過激な部分が、自爆テロとかに走る
その感性の本質を、あばきだしたい

そもそも彼らは、歌など歌うのだろうか
歌うとして、それが自分史を彩るもの足り得る
のだろうか

モヒーニ
https://www.youtube.com/watch?v=9Qv45WhtH_A
の冒頭にあるような、天に向かって叫ぶような
イメージしかないのです

天が相手じゃ、世俗の自由主義では歯が立ちません


投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 | 投稿日時 2020/10/5 12:51
Chryso  スタッフ   投稿数: 6079
歌詞がなければいいのかというと、そうでもなく、作曲家がどこの国の人かによって、かわってきたりする。
マーラーはユダヤ人ということで迫害を受け(これは以前、ですが)、ワーグナーは逆に法律では規定していないものの、イスラエルでは拒否反応が強いらしい。楽団員がボイコットするわ、演奏妨害されるは...らしい。

純粋に音楽としては楽しめないのですね。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2020/10/5 21:49 | 最終変更
OK_like-mj  常連   投稿数: 463
Classic音楽のような
感性に訴えるもので、セリフがある訳でないものを
その曲調をつかまえて、断定的に評価するのは
ふざけた態度なのかも知れませんが

バッハのバロック調の音楽にしても
モーツアルトの曲芸師のような持て余す才能も
ベートーベンの人生を曲によって磨き上げるのも

すべての作品がそうとは言えず、該当する数少ない
いくつかの作品がそうであるにすぎませんが

いろいろな時代で、いろいろな錯誤や誤解が
あったにせよ

彼らの残したいくつかの作品が
人の成長の琴線に触れるのは間違いないと
思います

それ以外の、或いは以降の作品は
斬新さや深さの点で、遠く及ばない気がします

2つ美しい例を挙げます
ショパンの幻想即興曲
https://youtu.be/u6xHw8i9Ko8
リストのラ・カンパネラ
https://youtu.be/VVLs_zKBjSY
を、どう考えるか

結論から言うと
それらの美しさでは、生きていけないという
ことです

かりにも、皇帝の第二楽章
https://youtu.be/KUPy9W4Iz4k?t=1238
のもつ繊細さの中には、生きる現実をきっちり
みすえているからだ
決して、曲の中で、その世界に踏みとどまり
決して抜け出せないような世界の構築が
目的ではないのだ

別の表現で言なら
Beethovenの皇帝の繊細さには、低い音程の
バイオリンが、現実との接点を提示している
気がします
だからこその協奏曲なんだと思います

だから決して、悲しみや愛の激情に包まれてしまい
身動きが取れなくなることがないのだ

それでも、人は表面的な意味の世界に生きるのも
また、重要な一面であるがゆえに

そのように断定を下しても無駄なことだとは
分かっているのですが

つまり、1つの解釈に過ぎない現実を
どうすることも出来ないほど、曲だけの世界は
抽象的な、意味を確定できない世界だからこそ

言語や人種の壁を越えられる一面
最悪の方々の好き放題にされてしまうものでも
ある現実を、どうすることも出来ない

それに、シラーの歓喜に寄せて
という意味をもった詩であっても
ダンテの神曲のような世界観が見えてしまい
現代版の世界観で表現した詩を第九の上に
構築できるものかと考えると苦しい気もします
あまりにも大袈裟なのだ

それに比べ、皇帝上に詩は乗せられませんが
現代でも通用する感性があるように思えてなりません
それだけ、人の深い部分に食い込んでいる

逆に、この感性の欠落度合いを見ることで
感情や喜怒哀楽のみに流された部分の割合が
分かるとも言える気がします

この割合が大きいと、原始に戻ってしまう
一つの基準とも言えそうです

投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2020/10/5 22:48
OK_like-mj  常連   投稿数: 463
この主題の冒頭に
https://youtu.be/frWKBUAZiLM
を挙げたのも

現代のモチーフに、"冒険"という考えは
どこかはまっている気がしたからですが

この曲の細部に渡る完成度が"皇帝"に匹敵する
という意味でないのは明らかでしょうが

皇帝や貴族のいない時代に
理想を求める気持ちを集約する key wordであって
人々のこころを自然につかむものは何か

理屈や、ことばでは、もう人は騙されない
今という時代に

時代を導くものは、音楽が役不足となると
他に何があるのでしょうか
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2020/10/6 10:37
Chryso  スタッフ   投稿数: 6079
時代をなぜ導かないといけないか?と思いますが?そもそも。

現実問題として、社会には、生活環境の違いに根ざした宗教があり、教育があり、その上に音楽、文学、アートがあるわけで。

そのなかのひとつの音楽で、時代を一定方向にもっていくとしても、その社会が違う価値観の座標軸をもっており、その座標軸に沿ったもっていきかたであって、そもそも社会全体を動かすことなど、できないと思いますが?

できたとしてもそれは錯覚で、その根ざす文化のなかの価値観の座標軸のなかでは好ましいとされても、他の文化のなかでは絶対悪になることがありうる。
音楽やアートや文学はプライベートなものであり、それでいいような?動かせるとしてもある文化圏のなかだけでしょう。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020/10/7 0:28 | 最終変更
OK_like-mj  常連   投稿数: 463
主題の"導く"の意味を
より厳密に表現すれば、"予感させる"と
言った方がよかったかも知れません

自由主義の世界では、一方向に導くことなど
やってはなりません

今の時代がかかえる様々な問題の解を提示するような
音楽のあり方があればうれしいといった程度の
意味で使いました

絵画や建築や音楽といった
抽象的な表現に、どこまでのことが可能なのか
戦後の混乱期を、歌で励まし、新しい時代を
作り上げる活力になったように

でも、ここで音楽を生み出す力のない者が
考えても仕方のない気もします

個人の才能で生まれる世界ですから
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2020/10/7 17:22
LuckyHill  一人前   投稿数: 1449
今朝起きてすぐ、6時台のNHKニュースで知りました。
時代を導く音楽だったかどうかはさておき、超高速演奏で一時代を築き、同時代のロックギタリストを導いたのは確かでしょう。

◆エディ・ヴァン・ヘイレンさん、65歳で死去 伝説的ギタリスト
https://news.yahoo.co.jp/articles/b4f9f9733a0aa9fad004230245c19247031060e9

デイブ・リー・ロス時代よりもサミー・ヘイガー時代の楽曲の方が私は好みですね、ヴァン・ヘイレン。モロ、産業ロックと言われていた時代ですけど。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 | 投稿日時 2020/10/7 20:57 | 最終変更
OK_like-mj  常連   投稿数: 463
Van Halen - Panama (Official Music Video)
https://youtu.be/fuKDBPw8wQA

Chrysoさんが、別スレッドを立ち上げられ
追悼されてますが
Back To The Futureの話しは気づきませんでした
というか、聞いても印象に残らなかったというのが
正しい言い方ですが

音楽で印象的だったのは
Chuck Berryの"Johnny B Goode (1959)"
https://youtu.be/T38v3-SSGcM
でしょう
度肝を抜くguitarの指のすべり具合が最高で
詩だって
Deep down Louisiana close to New Orleans
Americaを象徴するような州がいい感じですし
何と言っても
Go Johnny GoGoGo!
がすがすがしいです

折しも、世はツイスト流行の時代だったって訳で
The Twist - Chubby Checker
https://youtu.be/im9XuJJXylw

Blackが、まだ浮かばれない時代
Chubby Checker
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/6e/Chubby_Checker_1964.jpg
のようなハンサムでは、時代に勝てない
Chuck Berry
https://ca-times.brightspotcdn.com/dims4/default/d670174/2147483647/strip/true/crop/2048x1152+0+0/resize/840x473!/quality/90/?url=https%3A%2F%2Fcalifornia-times-brightspot.s3.amazonaws.com%2F94%2F57%2F93eb99872aedc8d64bcbaf38879b%2Fla-1489946124-9oivzj4956-snap-photo
が、初代『ロックの殿堂』なのは
みんなの"Chuck"になれたからだ

ところで、Van Halenの冒頭の映像を見る限り
Hard Rockやheavy metalのcategoryで括られていますが
そのCategory全般から受ける印象とは、だいぶ違って
破壊することに意味を求める感じよりは
Elvis Presleyが、USAで愛された事実を受け止める立場で
その、いやらしさから抜け出そうとしている感じがします
なぜ、そんなことが分かるかと言いますと
屈折した感じがせず、ストレートな表現に見えるからです
彼の映像からは、どうだい、こんなコトも出来るんだぜ
っていう相手の思いが入り込む隙間があるのだ
ただ、お前らは、これを受け止めれるか勝負だ的な
思い詰めた屈折は感じられない

破壊だけに集中することに意味を求めるのって
めちゃ屈折した思いですからね

我が国の忌野清志郎や沢田研二も、ひょっとして
影響受けてるんじゃないって思えるほどです
https://youtu.be/zJ_v2JAcf1Y?t=84
この曲"JUMP"という名前で、Van Halenにも
"JUMP"がありますが、偶然でしょうか
https://youtu.be/be7vJx2SP-I?t=39

例はだしませんが
一応、歌なのに、"ぎゃーぎゃー"しか聞き取れないなんて
もったいない
だったら曲だけで勝負したら如何って思ってします

まあ、同胞の歌なんでしょうから文句を言える
義理じゃーありませんが

そういう思い詰めた歌もあると認識しておく
ことは大事です
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020/10/7 23:53 | 最終変更
OK_like-mj  常連   投稿数: 463
小学生の頃、近所の子供会の遠足のバスで
歌った歌を思い出しました

おそらく学校で習ったんだとは思いますが
習った記憶がありませんが
フニクリフニクラという歌で
wikiによれば
イタリアのヴェスヴィオ山に登山電車ができ
誰でもすぐに登れるようになったので作られた歌で
世界最古のコマーシャルソングだそうです

教科書云々の記載がなかったので
或いは、TVとかの別ルートかも知れませんが
今でも歌えます

そういえば、イタリア語のオペラ風に
歌っていたのをTVで見た記憶がかすかにありますし
バスの中で歌うための歌詞が書いてある小冊子を
見ながら歌った記憶もありました

上手上手と乗せられて、次から次に歌いましたが
本当のところ、みんながどう思っていたかは知りませんが
歌の上手い子がいた記憶もないので
適当に歌わせておけば、場が盛り上がったことでしょう

今の時代みたく、ゲームがある訳でもないし
歌うくらしか無かったとも言えます

兵馬俑の遺品を見ても
皇帝を楽しませるための曲芸師や音楽隊とかの
俑も出土してますから、音を奏でる事自身が
日常的な楽しみなのは、相当昔からなんですよね

ギルガメッシュ叙事詩の時代にも
あったかも知れませんし

人の歴史とほぼ同時にあるものかも知れません

フニクリフニクラの歌詞を思うと
古代の人が歌ったであろうと想像できるものと
大差ない気がします

果たして、現代も大差ない気もしますが
如何に
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - | 投稿日時 2020/10/8 18:21
LuckyHill  一人前   投稿数: 1449
>Van Halen - Panama (Official Music Video)
https://youtu.be/fuKDBPw8wQA

アメリカによるパナマ侵攻では、ノリエガ将軍がバチカン大使館に逃げ込んだので、包囲した米軍は連日連夜、ヴァン・ヘイレンのパナマなどロック音楽を大音量で流し続けて攻め立てたらしいです。

あと完全に脱線ですが(汗)、これは名作ですね(笑)
https://www.buzzvideo.com/a/6593934249064137221
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2020/10/9 8:39
Chryso  スタッフ   投稿数: 6079
リヒャルト・シュトラウスが、「イタリアより」という曲の第四楽章で使っていますね。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%81%8B%E3%82%89

作曲者リヒャルト・シュトラウスはこれがCMソングだったとは知らなかったようで。

黒歴史だったのか、シュトラウスの交響作品全集にはいることもなく、有名どころの指揮者は録音を残していませんね。

手元にあるのは

https://ml.naxos.jp/album/00028947889786

というもので。指揮者のムーティがイタリアのナポリ出身ということで録音したのでしょうね。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2020/10/9 17:58
OK_like-mj  常連   投稿数: 463
Richard Georg Straussって聞いたことがある
程度だったんですが

R. Strauss
Also sprach Zarathustra
https://youtu.be/jvhsgrCr0Vo
って、この主題、哲学者Nietzscheの有名な作品のタイトルですが
聞いてびっくり、あの2001年宇宙の旅のopening曲で
そう言えば、聞いた覚えがありました

Chrysoさんご指摘の第4楽章ってコレでしょうか
Richard Strauss
- Aus Italien Op. 16 - IV. Neapolitanisches Volksleben
https://youtu.be/Ka45ZKye1pE

瓢箪から駒とは、この事のようで
こんな立派な曲があったなんてびっくりですが

もっとびっくりなのを見つけました
https://youtu.be/YZYHKhCH_zA
後ろで歌っている団体さんは何なのでしょうか
軍服のようなのを着てますが
前で歌っている左の方は、"Luciano Pavarotti "
という有名な方のようで
オペラのかったるさが無く、切れのいい味を出されており
こういう本物のオペラなら、いくらでも聞けそうです

まだまだ知らない音楽の世界が一杯ありそうです
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2020/10/10 10:22
OK_like-mj  常連   投稿数: 463
Vincent Niclo Luciano Pavarotti Funiculi Funicula
Simplement pour un soir
https://youtu.be/YZYHKhCH_zA
の調査結果
そもそも、このspot lightを浴びているショーのようなものは何か
【舞台背景】
Simplement pour un soir (一夜だけの)
Patrick Sabatierプロデュースのフランスの番組(2012.10.20-2013.6.15)
で、すでに存在しないLuciano Pavarotti(1935-2007)と
現役のVincent Nicloを、映像合成したショーで
後ろの団体さんは、ロシアのアレクサンドロフ・アンサンブルと呼ばれる
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%95%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%AB
ロシア連邦軍の公式音楽団で、2016年ロシア国防省Tu-154墜落事故で
3人を除いて失ってしまった

【登場人物】
Vincent Niclo
https://en.wikipedia.org/wiki/Vincent_Niclo
Luciano Pavarotti
“神に祝福された声”、 "King of the High Cs"、“イタリアの国宝”
¥75,000の高額チケットが話題に

【作曲者】
Luigi Denza
1846
"Funiculì, Funiculà" (1880)を作曲
【曲の名前の意味】
Funicular
https://en.wikipedia.org/wiki/Funicular
このwikiで、歌の名前の由来がピンと来ます
Funiculìを訳そうとしても、なかなか分かりませんでしたが、
唯一、DeepLearningを使った翻訳engine
https://www.deepl.com/ja/translator#en/ja/Funicul%C3%AC
だけが、"娯楽"と答えを出してきます

【Luciano Pavarottiの追加情報】

Celeste Aida
https://youtu.be/XP1vp_G9mLc

Celeste Aida
Giuseppe Verdi作曲のオペラ
ファラオ時代のエジプトとエチオピア、2つの国に引裂かれた男女の悲恋
Mozartの有名なオペラ魔笛も、エジプトが舞台らしいが、それ以来と
評される
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%83%80


The best Nessun dorma - Luciano Pavarotti - Turandot - Puccini
https://youtu.be/Q_hLh4qCqpg

Nessun dorma『誰も寝てはならぬ』
PucciniのオペラTurandotのアリア

Turandot
1710-1712 外交官だったde la Croixが書いた作品
『千一日物語』(原題Les Mille et un Jours)
『千一夜物語』とは別の作品
「カラフ王子と中国の王女の物語」に登場する姫の名前
1762 劇作家Carlo Gozziがリメイクした戯曲が
物語としての内容で、オペラとしての音楽は
イタリアのPucciniの未完の作品で、友人のFranco Alfanoが
補筆したが、初演の指揮者Toscaniniが補筆の大部分を削除し
それが流通した
投票数:0 平均点:0.00
返信する
OK_like-mj

なし Re: 音楽は時代を導くか

msg# 1.2.1.1.1.1.1.1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2020/10/10 11:14
OK_like-mj  常連   投稿数: 463
“神に祝福された声”、 "King of the High Cs"、“イタリアの国宝”
と世界的に評されるLuciano Pavarottiであっても

我が国のふつうの人である私には
やはり聞き続けるのは、かなりきつい

外人が、歌舞伎や能を、無理して聞くような
文化の壁って、言葉が絡んで、さらに発声の仕方なんかが
絡んでしまうと、かなりきびしくなってしまう
無理して聞いた後では、二度と聞きたくなくなる

彼ら、西欧系の人たちは、ロシアも含めて
みな元気すぎる気がしてならない

彼らからすれば、我が国の人たちが
なぜ、そんなにも静かなのか分からないのだろう

京劇で張り上げる"きんきん声"も、長時間聞くには
かなりきついと思う
Prince of Kabuki Ebizo Ichikawa comes to NYC!
https://youtu.be/Y-W7yzbN2PA
の中で言っている、彼らはどういう風に勝ったかを考えるが
我が方は、負けても過程が良ければ素晴らしいと考えると
おっしゃってますが

これは、中心地Broadwayで主役を張ろうとしたら
それは選ばれた一人だからの話しでしょうが
我が国の伝統文化は、林立する世襲の家柄が
流行り廃りはあるが、生き残るには勝ち負けより
人々の認知度を高めたり、歴史を踏まえながらも
人々に理解され支持される事が繁栄の基盤だからと思いますが
こうした海老蔵さんのchallengeで
静の文化を、動の文化に育った人に知ってもらうのはいいとしても
我が方が、動の文化を果たして心底分かるには
どういう心持ちで臨まねばならないかを
明らかにする事が先である気はしますし

そうした異文化の本質を感じる部分で
違和感なく触れる方法が分かれば
自分なども、ぜび取り入れたいと思いますが

ジブリのような、一見世界受けしていそうに見えるものも
本当に、腹の底から受け入れておられるのか
には、今一つ腑に落ちない部分もあります

投票数:0 平均点:0.00
返信する
OK_like-mj

なし Re: 音楽は時代を導くか

msg# 1.2.1.1.1.1.1.1.1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2020/10/10 14:40 | 最終変更
OK_like-mj  常連   投稿数: 463
主題の冒頭で引用した楽曲
https://youtu.be/frWKBUAZiLM
は、何度聞いても、疲れないのはなぜか

orchestraというものの編成で表現できるものは
すでに、Beethovenの時代あたりから
万能性を持ち始めていた気がしますが

Operaに限定してしまうと
歌い方が、時代の要請に答えられる程の自由度を
もっているかと考えると
能や歌舞伎で現代を表現する際の違和感のように
自由度が、形式に縛られ、身動きできない感に
耐えられないのだと感じる

この感覚を分かり易く体験するには
Stravinskyの火の鳥を
① orchestra
https://youtu.be/4SDFJ0cyJUw
② synthesizer
https://youtu.be/WY9Vp0Rp1Vw

歴然とした表現力の差ですが
富田勲さんのような才能が開花させた分野で
その後の展開は、聞きません
別の流れで、HNKのシルクロードに
"喜多郎"さんの曲があります

富田さんが、手塚アニメの初期から
アトムの歩くときの、"ポヨン”という独特の
効果音は、間違いなく富田さんの作と思いますし
その後の多くの作品にも関わっていますが
唯一、上の有名な"火の鳥"は、同名の手塚作品も
ありますが、互いに縛られることなく

独自のワールドを自由に創造されています
投票数:0 平均点:0.00
返信する
OK_like-mj

なし Re: 音楽は時代を導くか

msg# 1.2.1.1.1.1.1.1.1.1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2020/10/11 15:01
OK_like-mj  常連   投稿数: 463
synthesizerの進歩の重要な部分は
おそらく富田さんの時代で大掛かりではあっても
ほぼ完成の域に達していたと思われます

①楽曲のパートごとに、複数のトラックをもつ
②記憶装置をもち、任意の箇所で任意の複数トラックの
同時再生ができ、試し聞きができる
③マイクで収音した音源の波形から音階を作れる

こうした機能は、さらに使いやすく機械も小さくなった
とは思いますが
一番の問題は、やれることが無限にあるという事は

ピアノ・バイオリン・トランペット・チェロ
のような特徴ある楽器の音色を組み合わせる
という考えが使えないってことで

どんな音でも出せる任意の楽器を、任意の数
組み合わせるのは、やはり何か元となる
限りある音源を基本に、そこから作るしか
できないと思います

そういう意味でも、orchestraに使われる楽器の
基本構成は、名だたる特徴をもった楽器で
表現するものとしては、ほぼ完成に近く

なんでも出来る、どんな音でも
好きなものを使っていいよって言われても

なかなか、現時点で富田さんを越える程に
納得できるものが出来、ゆたかな表現力を
それが備えるのは、容易じゃないと思います
投票数:0 平均点:0.00
返信する
OK_like-mj

なし Re: 音楽は時代を導くか

msg# 1.2.1.1.1.1.1.1.1.1.1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2020/10/12 21:42
OK_like-mj  常連   投稿数: 463
"Lyricon"というリードをもった
見た目吹奏楽器だけど、アナログsynthesizer
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%AA%E3%82%B3%E3%83%B3
って言えば
TVのFormula-1のテーマ曲
T-SQUAREの"TRUTH"
https://youtu.be/FZaUPGjjA4c

orchestraの標準的な編成ではなく
表現対象や、好みが先にあって
必要なものに絞り込んで構成したbandの表現力を
感じます

ルパン三世のテーマ'78
https://youtu.be/JvjgR4FOj3g
にも似たものを感じます

本主題冒頭の
https://youtu.be/frWKBUAZiLM
が表現するような、ある種の重厚感は
求められない気がしますが
反面、TVやCMには向いている気がします
投票数:0 平均点:0.00
返信する

なし Re: 音楽は時代を導くか

msg# 1.2.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 | 投稿日時 2020/10/12 23:30
ゲスト 
ルパン三世のテーマで思い出したことが
同級生が吹奏楽をやっているのですが、作家の大野雄二さんのこだわりで
・新しいシリーズ、映画版、2時間テレビ版
が出来る度に必ずアニメの中身に合わせてオーケストラというか仲間を集めて、挿入歌も含めて編曲をしてどこかがちょっと違うというレベルから、ピアノ主体とか、管楽器主体という大きな編曲まで中身に合わせてするそうです。逆にアニメの方をリンクさせて音楽と画像が合うようにする事もあるそうです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%91%E3%83%B3%E4%B8%89%E4%B8%96%E3%81%AE%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%9E
でそれとは別に大野雄二さんオーケストラ版が存在し収拾が付かないとのこと

はい、昔同級生の車に乗って旅行につれてもらった時、延々ルパン三世のテーマバージョン違いのCDを延々と数時間も聞かせいいもらいましたが、元吹奏楽メンバー達の2005年バージョンの何々の楽器の吹き方が、何年バージョンの方が音のナントカントカがという、いや何年バージョンのサックスが、第1パートと第2パートのつなぎ方は何年バージョンがという、ディープな話になっていって自分は「歌有りと歌無し」しか知らない自分には理解できない世界になりました。

それで洗脳されてYouTubeで聞く時は何年バージョン(元曲)の何年放送アレンジはこんな歌と意識して聞くようにしています。

これだけ編曲できるというのがある意味凄い曲だと思います。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
OK_like-mj

なし Re: 音楽は時代を導くか

msg# 1.2.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020/10/12 23:56 | 最終変更
OK_like-mj  常連   投稿数: 463
私もそんな印象をもったのは
youtubeで、いろいろ聞いていると、かなり印象の違いがあって

ご紹介させて頂いた'78年バージョンは
結構、自分のイメージに合っている感じがしました

自分のイメージとは、TVのイメージと思いますが

まったく別ですが
この【空隙】その他もろもろの話題内に
"フランスという国について"という主題で
街角で、エレキで"ルパン"をひくプロの方
https://youtu.be/YyuTN9uToyA
を、暗いフランスのイメージを
モンキーパンチさんの"ルパン"で印象を変えた
話しのついでに紹介しましたが
これなんかも、アドリブのようでイケテます

一番なのは、状況に応じて
ありあわせのモノで、如何に楽しめちゃうか
なんだと思います

即興で楽しめたり、楽しませたり出来る人が
すべて、いい完成品を作る人ではないでしょうが
売り物で、すごいものを作る人なら
その程度のことはお手の物って気がしますが

そういう遊びをするかどうかは別問題です

中途半端な立場では難しいでしょうが
王室の王子が、ファースト・フードの店員に化けて
強盗を蹴散らすなんかは、あると面白いし
Eddie Murphyの"Coming to America"
https://youtu.be/m61eBU61Y1c

あの情熱大陸のテーマ曲の葉加瀬太郎さんの
"葉加瀬さんが楽器屋さんで試し弾きをしたら店員さんびっくり!"
https://youtu.be/iGts955svO8
なんてーのはあります

そういう脅かそうとする事は
おそらく、世界的に見て、"嫌み"になることが
多いから、そうした感情は、自分の中に閉じ籠ってしまい
場合によっては、人に対して自分が優位に立つ
といった生存競争的に作用してしまうことにも
なってしまい

人々が共有できる驚きを閉ざしてしまう事になる
投票数:0 平均点:0.00
返信する
伊豆倉 正敏

なし Re: 音楽は時代を導くか

msg# 1.2.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.2
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020/10/13 23:00
伊豆倉 正敏  スタッフ   投稿数: 1000
すみませんIDを入れ忘れてゲスト投稿になっていました。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2020/10/15 23:10
伊豆倉 正敏  スタッフ   投稿数: 1000
人の声という意味の歌詞はあるが実はその言葉が作者の創作でどの言語にも属さない意味の無い歌詞という不思議な音楽もあります。
有名どこでではアマディエマスの「聖なる海の歌声」テレビの風景に対する挿入歌でよく使われているので再生したらああこの音楽かと思いだせれると思います。
https://www.youtube.com/watch?v=aL8kZ-iVk90&list=PLWm0i817tpVfMzyRC4gLxX75xKmETqQdN&index=5
実はこの歌詞の意味を知ろうとした時があって
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A8%E3%83%9E%E3%82%B9
>アディエマスのアルバムはそれぞれ、オーケストラをバックに、南アフリカ共和国出身の女性ボーカリスト、ミリアム・ストックリー(元プレイズ)等による和声を用いたボーカルを乗せ、スキャットや重層的かつリズミックなコーラス・アレンジメントを特徴としており、さながら架空の民族音楽(実際にはストックリーが得意とするアフリカ系の言語をベースとする)といった雰囲気の音楽性を持っている。なおストックリーは5thアルバムには参加せず、ソロ活動に入っている

だそうです。

で日本でこれをやったのが「歴史秘話ヒストリア」の「storia」らしくて
初めは
https://www.youtube.com/watch?v=FZk1XNY4GxM
だったそうですが、NHK的に歌詞が日本語でないのは良くなかったらしく
https://www.youtube.com/watch?v=OG6u8CDvpI4
で後付けで歌詞を作ったそうで
https://ja.wikipedia.org/wiki/Storia
によれば
>NHK総合テレビで放映されている歴史情報番組『歴史秘話ヒストリア』のオープニングテーマ曲「Historia:opening theme」[1]のカバーソング。
>原曲の歌詞は意味のない言葉(いわゆる「梶浦語」)だが、「storia」の歌詞は一部を除き日本語化されている

だそうです。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2020/10/16 5:47
OK_like-mj  常連   投稿数: 463
歴史秘話ヒストリアではなくって
ダークサイドミステリーの勘違いと思いますが

あの曲に、ADIEMUSのような原曲があったんですね

"Kalafina"という女性3人のユニットが
その原曲を歌われ、wikiで共同作業者となっている
梶浦由記さんという音楽プロデューサーが
"storia"の作詞作曲となっています

由紀さおりの"夜明けのスキャット"っていうのも
ありましたが、あれは歌詞の一部ですが
https://youtu.be/ZCZ9Me6C-ws
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 | 投稿日時 2020/10/16 7:10 | 最終変更
伊豆倉 正敏  スタッフ   投稿数: 1000
おはようございます。
YouTubeのコメント欄での書き込みにもあるように歴史秘話ヒストリアの歌で合っています。

朝で時間が無いので下のリンクを見て下さい。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E7%A7%98%E8%A9%B1%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A2
オープニングテーマ
>Historia:opening theme(2009 - 12年)
>Kalafina「storia」(2013年 - 「Historia:opening theme」の歌詞付きバージョン)
実は毎週見るようになったのは最近になってからで2012年までのバージョンはたまたま再放送でやった時に見たのですが、歌詞が聞き取れない方が正常という状態が2012年までの主題歌だそうです
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020/10/16 22:32
OK_like-mj  常連   投稿数: 463
おっしゃる通りです
間違ってました

ダークサイドミステリーの"Arcadia"という曲
https://youtu.be/lz4fskp7HZ0?t=60
も意味不明で、どこか歴史秘話ヒストリアの
"storia"って似てません?
https://youtu.be/OG6u8CDvpI4
やっぱ、似てませんね

私の頭は、ずっと"storia"が、MCの栗山千明さんの顔
https://livedoor.blogimg.jp/genkikun8414/imgs/9/6/96acb568.jpg
に刷り込まれていました

歴史秘話ヒストリアは
Kalafina 『into the world』
https://youtu.be/9YlIxAsJtk8?t=69
と頭の中でつながっています

それぞれの番組に、それらの曲は
正しく流れてるに決まってますから
なぜ、そういう"つながり"ができちゃったのか
謎ですが

1つ考えられるのは
"storia"の歌詞です
【 秘密の黄昏に
君の手を取った ・・・】
という冒頭を聞くとhitory よりは mystery
を想像してしまうからではないか
としか思えない

だって、まったく別の番組のopening曲を
その番組のものだって、分かった今でも
どこか釈然としないのですから
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2020/10/16 22:32
OK_like-mj  常連   投稿数: 463
おっしゃる通りです
間違ってました

ダークサイドミステリーの"Arcadia"という曲
https://youtu.be/lz4fskp7HZ0?t=60
も意味不明で、どこか歴史秘話ヒストリアの
"storia"って似てません?
https://youtu.be/OG6u8CDvpI4
やっぱ、似てませんね

私の頭は、ずっと"storia"が、MCの栗山千明さんの顔
https://livedoor.blogimg.jp/genkikun8414/imgs/9/6/96acb568.jpg
に刷り込まれていました

歴史秘話ヒストリアは
Kalafina 『into the world』
https://youtu.be/9YlIxAsJtk8?t=69
と頭の中でつながっています

それぞれの番組に、それらの曲は
正しく流れてるに決まってますから
なぜ、そういう"つながり"ができちゃったのか
謎ですが

1つ考えられるのは
"storia"の歌詞です
【 秘密の黄昏に
君の手を取った ・・・】
という冒頭を聞くとhitory よりは mystery
を想像してしまうからではないか
としか思えない

だって、まったく別の番組のopening曲を
その番組のものだって、分かった今でも
どこか釈然としないのですから
投票数:0 平均点:0.00
返信する
伊豆倉 正敏

なし Re: 音楽は時代を導くか

msg# 1.1.2.2.1.1.2.1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2020/10/16 23:19
伊豆倉 正敏  スタッフ   投稿数: 1000
こんばんは
>も意味不明で、どこか歴史秘話ヒストリアの"storia"って似てません?

この曲は初めて聴きましたが、確かに歌詞が理解できないけれど不思議な音楽ですね。
音楽は下手なのでうまく説明できないですが。
storiaの場合は、高音・中音・低音の3人の歌手の方のハーモニーが特徴で不思議な和音が気になってそちらの音楽の方が気になってから番組(たまたま寝る前の痰の吸引介護時に放送していた。テレビや音楽を聴かせると脳に刺激があるから意識が戻るかもというので-寝不足になるので今は母がしてくれますが)を見るようになってしまったのですが、
Arcadiaは女性の高音を主体に他の人の声(バックコーラス?)が混じった不思議な歌で、歌詞が分からないことと相まって不思議な感じを出しているという意味では似ていると思います。もう一度聞きたくなる中毒性のある歌ですね。

こちらの方で別の番組からアップロードされたようですが、 storia の歌詞の一部分をKalafinaさんの3人が1人ずつ順番に歌った時の、それぞれの声の違いと。3人の声が合成されてコーラスとなった時の流れを紹介しています。
https://www.youtube.com/watch?v=ct4AJwVO8RA
投票数:0 平均点:0.00
返信する
OK_like-mj

なし Re: 音楽は時代を導くか

msg# 1.1.2.2.1.1.2.1.1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020/10/17 2:36 | 最終変更
OK_like-mj  常連   投稿数: 463
TBSで、2002年の新春に
"モーニング娘。新春! LOVEストーリーズ"
というのがあって
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E5%A8%98%E3%80%82%E6%96%B0%E6%98%A5!_LOVE%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA
それに、"時をかける少女"があり
https://v.youku.com/v_show/id_XMTIzOTgwMjA=.html
そのドラマで初めて聞いたのが、ADIEMUSの
"Cú Chullain(クークラン)"でした
https://youtu.be/1w4j4MX_3os
何とも驚きの曲で
アフリカの大地の香り漂う、不思議な曲です

ご紹介の動画配信元は、中国のyoukouという
サイトですが、右clickで日本語表記にできます

youtubeには残念ながらありませんでした
世界規模のyoutubeでも
upするのは、モー娘。ファンだけで
それが、我が国の10倍の人口をかかえる
かの国には、たくさん存在するけど
世界規模では、それ程はいない証拠と思われます
その気があれば、2002年では、4Kレベルじゃない
訳ですから、upは可能です
中国という国家自体は脅威ですが
その国の中には、多くの人がいて
いろいろな事を考えているって事ですね
より自由な国になれればいいのですが
恐らく国家体制を変えるって訳には
なかなかいかないでしょうから
アメリカとの対決は必至になってしまいます
国民に被害が及ばないことを祈るばかりですが
厄介なのは、人々が生きるには
国家の意向に背く訳にはいかず
自然と国家の意向が、自分の思いとなる
ようになるしか生きる方向性が生まれ様がない
ってことで
"バカな親でも親は親"と同じことが
どこの国でも言える点が唯一厄介な点です

net検索したら、間違いがありました
時をかける少女に使われていたのは
http://zuelfish.s20.xrea.com/cgi-bin/NamazuMusume/test/read.cgi/ainotane/1016753146/
投稿No204に経緯が書かれてありますが
To LoVe You More
https://youtu.be/M03g44_AwWw?t=126
らしく
Cú Chullainは
"新春! LOVEストーリーズ"のモチーフのように
全体を通じて使われていたテーマ曲だったようです

投票数:0 平均点:0.00
返信する

このトピックに投稿する

題名
ゲスト名
投稿本文
  条件検索へ


ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget