メインメニュー
PR
facebook

GOTOキャンペーの予算の10分の1でいいからして欲しいこと


投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 | 投稿日時 2020/9/29 12:24 | 最終変更
伊豆倉 正敏  スタッフ   投稿数: 1000
本日体調を崩して休んでいますのでこの時間からPC書き込みできます。
交通整理に従って

GOTOキャンペーの予算の10分の1でいいから
超過勤務が問題になっている保健所(入院振り分けや濃厚接触感染者の調査)の増員
※未だにファクス回線からの手入力なのが目詰まりや誤集計の原因と指摘されていますが、電子カルテのフォーマット統一化とか
やコロナ対策病院の保護具購入費(未だに払われておらず赤字の原因だそうです。N95マスクを洗って使う羽目になった原因の1つ)
に廻して上げて欲しいと思う今日この頃。
どうせ使用したが分の補填で増税か、東日本の地震の復興税の延長が待っていると思います。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2020/9/29 12:33 | 最終変更
伊豆倉 正敏  スタッフ   投稿数: 1000
電子カルテではなくて現場電子入力システムはあるそうですが
医療機関で入力するには項目数が多すぎて運用できず紙のファックスに戻る原因になっているそうです。
新型コロナ 感染者情報集約システム 入力項目を削減へ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200909/k10012608081000.html
>ハーシスは、国が保健所の負担の軽減などを目的にことし5月から導入を進めてきたシステムで、医療機関などは感染者の情報を直接、入力することになっていますが、項目がおよそ120に上り、現場の負担につながっています。

自分は紙面の方の読売新聞で読みましたが、救命・急患のICUに近いところで働いている医師や看護師にそういう時間の余裕はないようです。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2020/9/29 18:58
Chryso  スタッフ   投稿数: 6079
ファックスに利があるとすれば、

・パソコンやタブレットがなくても、ささっと迅速に原稿に書ける。
・通信相手に迅速に情報が伝わればよく、その後の再利用は(とりあえず)考えない。
・メールみたく、受信したあとにプリントアウトしてから、貼り出すよりは、受け取ったものをそのまま張り出したほうが早い。

ということで、医療関係の業務で、非常時や急を要する場合には有利ですね。

投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020/9/30 0:56
OK_like-mj  常連   投稿数: 463
とにかく医療関係者の多忙さには
頭が下がりますが

カルテを紙ベースで書いていた時代に比べると
比較にならないほど、効率よく入力でき
しかも入力データを、最終的に支払業務にまで
リンクし活用できる点で、すでにFAXの時代では
ないと思います

問題は、複数の別会社作成のsystemがあって
それを病院間のデータ転送に生かせない事ですが
ある意味、自由競争の弊害かも知れません

FAXの単純さと迅速性は、おっしゃる通りで
人のやることなので、systemに依存しませんし
緊急時には、欠かせないものと思います
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 | 投稿日時 2020/10/17 0:13 | 最終変更
伊豆倉 正敏  スタッフ   投稿数: 1000
  GOTOキャンペーンの一部でいいからやってほしいこと
 自覚症状のある人と濃厚接触者のためにPCR所を増やして欲しい。
 PCR検査を行おうとしている町医者や病院への感染防止対策がされた検体採取施設の助成

 国がインフルエンザとの同時流行を見据えて通常のかかりつけ医でもPCR検査か抗体検査が出来るように動いているそうなので状況は変わるかもしれないですが、神戸市では建前は指定医療機関Aこと三宮から海を渡ったポートアイランドにある神戸中央市民病院だけがPCR検体採取所(赤十字病院も出来る事になっているそうですが)、他の町医者と病院はPCR検査時に他の待合室の患者に二次感染させたらいけないと言うのと感染防止設備を今の院内に設置するのが難しいからと町医者や病院までがPCR検査をためらって、医師会で共同で電話ボックスのような移動式採取場所を1つ用意して巡回設置しているそうですがそこにたどり着くには医者の紹介が必要だがコロナ疑いのある患者は院内感染防止から入り口に表示があって疑いの人は受診させてもらえない。

 ところが、東灘区民にとっては神戸中央市民病院は、バスに乗って駅に移動して、JRで最低4駅、阪神で6駅、阪急でも4駅先のところでそこから市民病院行きのバス(ポートライナーは乗らないでとのこと)が出ているそうなのですが、そこに他の人に感染させずにたどり着くまでが大変だと思います。
 発熱と咳で頭がボーとした状態で車を運転すると事故の元ですし、ましてや濃厚接触の疑いだけで症状が無いか軽い人はまだ動くことが出来るのですが移動中に感染させるかもしれない状態になります。
 かといって救急車の要請にもためらいがあります。
 ただしクラスター認定がでた施設では検体採取に来てくれたとのこと。
 神戸市がPCR検査所を増やすといっていたのですが結局増えたのは夜の町対策で中心街三宮のその関係者用
 海外渡航などでの有料でしてくれる場所も中心街
せめて1つの区に1カ所はPCR検体採取所を設置して欲しいです。
 出来れば多分そこまでの発熱だと自力では動けないから救急車で搬送がうれしいのですけれど。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020/10/17 1:07
OK_like-mj  常連   投稿数: 463
救急車の利用って、もうホント瀕死のときにしか
使えないって、ふつう思っていると思いますが

そんな状態では、呼べるかどうかも微妙になって
いると思います
場合によっては、意識が薄れ呼べなくなって
しまうかも知れません

まあ、下手にピンピンした人が使うと
本当に緊急の人が使えないので困ったことですが

交通事故発生件数規模のコロナ感染ですから
マジで心配な状況なら、他にうつさない事が
何より大切ですから、感染防止策がきっちり取られている
であろう救急車などは、そういう時のために
あると思いますし

何より、救急車搬送では
緊急事態の患者だという前提ですから
病院での対応も、順番待ちではなく、割込み対応です

私は、自分である程度の判断し、救急車でも
何でも呼んで恥をかかないために
コニカミノルタのPulse Oximeterという
血中酸素濃度の簡易測定器を、楽天で3万円も
出して買いました

肺が侵されると酸素交換率が低下するので
血中酸素濃度にでるらしいのですが
これだって、そういう症状がでてしまった状態が
やばい状態の何割程度症状が進行すれば
血中濃度に、測定値として分かるくらいに
反映するのかまでは、調べていません

早急に調べる必要性を、今感じましたが

割と何とか動けるようだと、救急車って
呼びにくいので、その根拠を自前で調達する事を
考えました

投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2020/10/17 1:17
伊豆倉 正敏  スタッフ   投稿数: 1000
お金の問題じゃなくて運用というか法解釈の問題だろうと思いますが
町医者や病院もコロナ対策感染病棟以外の人が、たまたまコロナ患者(後で認定や無症状で別の病気の検査)を診察してしまった場合に
その無防備で対応した医師と看護師が、無症状やPCR陰性でも14日間の濃厚接触者隔離対象になることがある運用に問題があると思います。
しかも場合によっては院内感染と騒がれる。
それが町医者や他の病院でコロナPCR検査を受け入れてもらえるところが増えない要因の1つではないかと思います。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2020/10/17 1:59 | 最終変更
OK_like-mj  常連   投稿数: 463
私は、当事者になった経験がないので
正確なことは言えませんが

コロナ感染のチェックが、大変面倒なことになっている感じです

インフルなどは、鼻に突っ込んで、すぐ結果が
出るのに

一番ヤバイのは、何食わぬ顔をした
人にうつす力をもってしまった人がいるという
事実です
自覚症状があれば、それなりの所へ行き
隔離の手順を踏むことになり安全圏に入りますが

一番ヤバイのは、この無症状の人は
決して自分から、検査に進んでは行かない点で
そういう人がどれ程の規模いるのかを知るには
症状の有無に関わりない大規模な検査が必要ですが
そんな事する暇も、設備もありません

おっしゃる事の意味は
感染の疑いがあると、自主申告した人を
診た医師やそれ以外の接触した看護師の方が
疑いが晴れるまでに要する期間が開始した点から
まだ疑いが確定しないのに
次々と疑いの連鎖が生じ、医師や看護師までもが
疑いの対象になり、一定期間動けなくなってしまう
という問題のご指摘と思いますが

この問題は、潜在的に存在するのがハッキリしている
無症状の人が、事態を拡大させている以上
無症状というだけでは、起点が自己申告するだけの
症状から始まる以上、予防措置としては
そうせざるを得ないと思いますが

本質的問題は、PCRというDNA検査が
検体のDNAを検出可能量にまで増やすのに
かなり時間がかかるという検査方法にあります
これが、5~6分で結果の陽性・陰性が
その場で出れば、自己申告した人や、さらには
その方と接触した医師や看護師までもの
動きが封じられることもない訳です

いろいろな研究が、TVでも放じられ
すぐにでも出来そうな簡易検査が出来ていそうな
感じですが、まだ出回っているのかまでは
調査していないので分かりませんが

このコロナ対策の過剰なまでの隔離措置は
暗闇に隠れて、感染を拡大させる無自覚な人が
どれだけが、どこに潜んでいるのか分からない点に
あると思います

投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020/10/17 2:12
OK_like-mj  常連   投稿数: 463
私が、pulse oximeterを購入したのは
そうした負の連鎖に入り込まずに
ある程度、自分で、感染の有無を判定するには
この機器しかないと思ったからです

何か変だってダケで動かないと手遅れになるかも
知れませんが、過剰な動きだった場合、面倒なことになります

それを事前に簡単に判断できるのは
私の知る限り、これしかありませんが

それより、もっと重要な対策は
感染した人がいる可能性の高い、満員電車や
病院へ行くときに、N95マスクを必ず着用
することです
ふつうのマスクは、防御ではなく
感染者が人にうつさないためにするエチケットですから
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020/10/26 10:38 | 最終変更
伊豆倉 正敏  スタッフ   投稿数: 1000
続報で前の発言した内容が変わるので報告します。

前は神戸市ではコロナの濃厚接触感染認定よりも、PCRサンプルを取ってくれる神戸中央市民病院にたどり着く方が遙かに難しいという地元の噂話を書いたのですが、検査所が一気に増えるそうです。

神戸市の新型コロナ感染検査 ドライブスルー方式に変更
https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/202010/0013806156.shtml

>神戸市は23日、新型コロナの新たな検査・診療体制を発表した。市医師会と運営する検査センター(場所は非公表)を移転し、新たに車内で患者自らが検体を採取する「ドライブスルー方式」のPCR検査を12月上旬から導入。また、市内の特別養護老人ホームなどの職員ら約1万1千人を対象に、11月下旬から随時PCR検査を無料で実施する。

中略(医師会設置場所と神戸中央市民病院の2カ所が公式の採取場所だった。ただしあえて検査をしてくれる医院・病院はありました。)

>また、市と市医師会は、インフル流行期に新型コロナの専門外来や市の専用相談窓口がパンクするのを避けるため、発熱やせきなど、感染が疑われる人を診察できる診療所や病院を市内で208カ所確保したと明らかにした。

と言うわけで検査出来る場所が一気に増えるので、検査数が増して見かけの発症者(今までは三宮乗換の神戸中央市民病院で、自覚症状が有ってもあきらめていた人が多かった。)37℃以上の発熱して動けないのに自力で駅まで行って電車で移動しろと保健所から言われて体力と、電車で移動することで他人に感染させないかという恐怖から検査をしてもらうのをあきらめたという話がたまに出ていました。
 中には西区や北区では六甲山脈を越えた神戸中央市民病院ではなく、三木や明石市内のPCR採取してくれる病院に越境検査で駆け込んだ人がいて問題になっていた。

本日は一時帰休のためこの時間にアクセス出来ます。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

このトピックに投稿する

題名
ゲスト名
投稿本文
  条件検索へ


ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget