メインメニュー
PR
facebook

タヌキを目撃する


投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 | 投稿日時 2020/9/25 18:33
Chryso  スタッフ   投稿数: 6243
先程、拙宅からごくごく近いところで、タヌキを目撃しました。後ろ足を怪我しているらしく、とことこと歩いていました。(しかしそもそもタヌキって全力疾走するのだろうか。)

ここらへんにいてもおかしくはなく、「ダーウィンが来た」では、隣町で集団生活している一家のことを紹介していましたね。一軒家の縁の下に巣をつくり、子育てするそうです。
しかし、ここらでははじめて見ました。


投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2020/10/6 18:15
Chryso  スタッフ   投稿数: 6243
昨夜、猫とも犬とも違う「ぎゃー」という声を聞きました。タヌキだな、と思い、あとでインターネットのYOUTUBEで調べたら、やっぱりそうでした。

まだ近くを徘徊しているらしい。

定期的に同じ道を行き来する、けもの道みたいなものはタヌキにあるのかな?
また見たいものです。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020/10/7 8:42
くー  常連   投稿数: 282
東京都内それも23区内で野生動物をみることができるのはラッキーですね。
都会でみる野生動物としては札幌市中央区薄野の南側にある中島公園でエゾリスは結構見ますし、キタキツネを1回見ました。中島公園の東側の豊平川にかかる幌平橋からは中州をエゾシカが北側(川下)に走っているところを1回見ました。あのまま走るとテレビ塔の方に行ってしまう。
中島公園付近では、カラスが鳩を食べているところ、同族のカラスを食べるところを見たりします。
都会の野生動物を見るのも結構楽しいものです。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - | 投稿日時 2020/10/7 19:48
Chryso  スタッフ   投稿数: 6243
田舎暮らしがいや、という話のなかで、「自宅で、タヌキがゴミをあさっているのを見てしまった若い女性」というのがあり、笑ってしまったのですが。

また、北海道新幹線の秘境駅、「奥津軽いまべつ駅」の近くの道で、タヌキが道を横切っていくのを見て「ああ、のどかなとこだなあ、さすが秘境駅といわれるだけのことがあるなあ」と思っていたのですが。

自宅の前で見かけるとは思いませんでした(笑)

なんでも娘がいうには「豊島区の護国寺でみたよ」だそうです。山手線内にもいるんだ。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2020/11/7 11:59
Chryso  スタッフ   投稿数: 6243
https://news.yahoo.co.jp/articles/c2f26e2e9c215afc3e9a1521fe583be2e3f4caca

猿だそうで。村上春樹の小説に「品川猿」というのがあって、もう来ないように「品川区」という烙印を押すという話がありましたが、その時には、野生動物が都会にくるのは、珍しいことになっていたんでしょうね。

最近この手の話が多いですね。

山間部から都会まで、食べたり隠れたりできるようになった、移動できるようになったからではないかと思うのだが如何。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2020/11/10 4:30 | 最終変更
OK_like-mj  常連   投稿数: 640
大規模な生態系調査をしないと結論は
そうそう簡単には出せないと思いますが

すべての原因のおおもとがヒトなのは
明らかですが

おそらく、温暖化で食物連鎖の底辺が変わったり
果実が食える植物の相が変化したりのせいで
徐々に、山間部で食い物が少なくなったのかも
知れません

建築物など用に木の伐採が問題になったのは
随分前の話しですし、私の故・母の故・兄も
すでに木こりから足を洗って随分経つので
そうした木の伐採による問題は
大規模な降雨による土砂崩れ問題だけと思います

やはり、ここ数年の変化には
やはり温暖化が関係している可能性を
どうしても考えてしまいますが
これを証明するのは、何大抵のことでは出来ません

なぜなら、自然にはホメオシタシスのような
恒常性を維持する仕組みが働くからで
それが働く限界を超えたことを証明しなければ
ならないからです

それに、極点に氷河が存在する"氷河期"を
決める原理は、太陽活動の大きな周期的変動と
思われてもいて

これから、もっと寒い方向へ向かうとも
言われているので

この問題は、相当の難問です

かつて、アメリカに、この問題に取り組んだ
事例を、フリーマン・ダイソンという
宇宙に高度文明発見の手掛かりとなる
"ダイソン球"の発案者でも有名な物理学者が
日本のKavliIPMUってトコに来た時の対談の
巻末で示されていましたが
https://www.ipmu.jp/sites/default/files/webfm/pdfs/news26/J05_Interview.pdf

こうしたプロジェクトを早急にやって
結論を出して欲しいです

ちなみに、ダイソンさんは
スタートレックのMrスポックのモデルになったと言われていますが
若い頃は、如何にも英国のおぼっちゃんです
http://larkinconf.itp.ac.ru/presentations/Coleman.pdf
歯をむき出して笑っているのがソ連で
もっとも偉大と言われるランダウで、話し相手が
ダイソンです
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2020/11/10 8:45
Chryso  スタッフ   投稿数: 6243
野生動物が都会に進出した理由。ひとつには動物の生活様式が、人間の生活様式に合致して、その建造物などを利用できるようになったことがありますね。
全部というわけではなく、そういう種もでてきたという。(生物多様性)

排水管を巣に利用できるようになったカワセミ、人家を利用する(ヘビを人間が追っ払いますからね)鳥、それを狙うようになった羽根のあるカラス、それを狙ってオオタカ、ハヤブサが進出。猛禽類のうち、チョウゲンボウなんかは岩場に巣を作ったものが、人間の作ったビルのベランダに巣をつくりますからね。

その一方、狭い食性(植物に依存している昆虫など)の生物なんかは、その植物が先に分布を広げないとその生物も分布を広げられません。
例はギフチョウ。カンアオイの類しか食べませんが、そのカンアオイがタネをアリが運ぶということで、分布を広げる早さが遅い。これはすぐには進出できないし、進出するにしても人間の寿命に比べればかなりの時間がかかる。

都会では木が育って森になり、森林性の生物が進出したといわれていますね。その分、草地性の生物が減っているという話です。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 | 投稿日時 2020/11/12 17:04
Chryso  スタッフ   投稿数: 6243
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201112/k10012707911000.html?utm_int=all_side_ranking-social_005
市街地に出没のクマ 胃の内容物などの大半が柿の実 石川

ツキノワグマが柿の木に登って(木登りは得意)柿を食っている、という写真はよく見ますね。

指摘されているのは、高齢化や、そもそもの柿の需要が少なくなったことで、柿の実を収穫しなくなったこと、ですね。
柿の木も、食用にするためのものは、品種改良で背を低くしているようですが、それ以前のものは高いままで、収穫もしにくいので、放置されてしまっている。

本当は、これはあくまで仮説であり、実証主義にたてば、どこにあった柿なのか、調べないといけないわけですが。

***

山に食べ物がない。一般的に自然の果樹は結実が、人間が栽培したものよりはよくなく、そのため、所定のカロリーをとるためには、果樹をもとめて、歩き回る必要があるわけですが、人間の住む里山ではそれほど回る必要もなく、品種改良して1つの木にたくさんの果樹がつくものがあり、1箇所で大量に食べることができてしまうのですね。
これも仮説なので、実験デザインをたてて立証しないといけません。
投票数:1 平均点:10.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2020/11/13 12:20
Chryso  スタッフ   投稿数: 6243
クマの都会進出に関しては、地球温暖化とは直接の関係はないと思われ。

温暖化がすすめば、標高の低い人里は、クマにとって「暑すぎる」わけで、山からわざわざ降りるようなこともないでしょう。
適温を求めるなら、むしろ標高の高いところに行くはず。(避暑?)地球温暖化よりも大きい、別の要因を考えないといけません。

平地はかつてはクマのもの、それをヒトが利用するようになり、山に追いやられたという説明もできますね。

クマと人間のかかわりも変化したような?
戦後になっても、群馬県の宝川温泉では、クマが飼われ、ヒトに慣れ、温泉客の人気ものだったということ。

https://www.nicovideo.jp/watch/sm13671652

これはびっくりですが、ヒトに慣れるクマというのもそもそも、例外的だったようです。

この前、その宝川温泉にクマがでて騒ぎになっていましたね。

上高地の嘉門次小屋の上條嘉門次は、クマは頭がいい愛すべき動物であり、それにひきかえ、牛は愚鈍だと言っています。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
Chryso

なし Re: 都会で野生動物を見る

msg# 1.1.1.1.1.1.1.1.1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020/11/21 18:03 | 最終変更
Chryso  スタッフ   投稿数: 6243
http://tokyotanuki.jp/contact.htm

こういうサイトがあり、情報を集めているようなので、メールを出しました。
ここに目撃後すぐに書き込んだので、日時、場所も明確に書けましたね。

ちなみに、町内での目撃記録はあるらしい。出没地図をみると、わずかながら過去の出没場所から離れているようです。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2020/11/22 8:45
Chryso  スタッフ   投稿数: 6243
先程みたニュースでは、飼っているツキノワグマの場合、秋に食性転換があるようで、果樹(この場合は柿)から、ドングリにシフトするようで、実際に柿の実をやっても食べませんでした。ドングリの脂肪をためて冬眠の準備をする、という説明になっていました。

果樹園を守るために果樹園の周囲に広葉樹(ドングリがなる)を植樹する、という取り組みが紹介されていました。クマはこれを食べるだろうと..

逆にクマを呼び寄せてしまうのではないかと思いましたが、そこは専門家がついてモニタリングしながら、調整していくということです。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
OK_like-mj

なし Re: 都会で野生動物を見る

msg# 1.1.1.1.1.1.1.2.1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2020/11/22 14:07
OK_like-mj  常連   投稿数: 640
おそらく、熊が冬眠のことを考えての事とは思えないので
ある日あたりを境に、好き嫌いが変わる感覚に近い
のかも知れません

好き嫌いのような、本能であれば考える必要はなく

そういう本能が淘汰の末に出来た気がします

栗も食うのかも知れませんが
ドングリを好んで食ってもらえて良かったです

栗だけだと、人と競合しますから

秋・冬の果樹栽培って、柿、林檎、みかん、苺
くらいでしょうか

TVで紹介された方は
夏に食われた延長で、冬でも食われるって
タダ思って心配なだけで、問題は山の植生に
樫のような広葉樹が沢山あれば、そこで満足して
しまう気がしますが
投票数:0 平均点:0.00
返信する
Chryso

なし Re: 都会で野生動物を見る

msg# 1.1.1.1.1.1.1.2.1.1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2020/11/22 15:38
Chryso  スタッフ   投稿数: 6243
食性変換がたまたま今回だけだけだったのか、それとも毎年、この時期にあることなのかで違いますね。
冬眠が終わっても、あいかわらず、ドングリばかり食べるのであれば、食性が変わってそれっきり、ということになりますが、季節によって食性転換が繰り返されるようであれば別の要因です。

まだ、ここで、理由は「冬眠」にはいかない。これの証明には、別の実験が必要です。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
Chryso

なし Re: 都会で野生動物を見る

msg# 1.1.1.1.1.1.1.2.1.1.1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2020/11/22 15:50
Chryso  スタッフ   投稿数: 6243
別の動画では、野生のツキノワグマが、木に登って、まだ熟していないドングリ(ミズナラ)を食べていました。

これは、クマが植物の繁殖に手を貸している、という仮説に反していますね。青いうちに食べられてしまったら、その植物にしてみれば、芽も出せないし、ドングリの数を減らすことになり、他の動物によって他の土地に運ばれる機会も減らすことになる。

これも確率の問題で、熟している植物の実「も」食べていれば分布拡大もできるというものです。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
OK_like-mj

なし Re: 都会で野生動物を見る

msg# 1.1.1.1.1.1.1.2.1.1.1.1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2020/11/22 16:44 | 最終変更
OK_like-mj  常連   投稿数: 640
熊の立場で考えますと
かつて、寒くなり出した感じの頃食って
美味かったので食うのでしょう
まずいとか、こりゃ食えないってなったら
ペッぺってなるでしょうから

つまり、熊にとって食えるようなドングリである
とは、どういう状態のドングリなのかが分かれば
そういう状態になる時期に狙う気がします

って事は、ドングリが熊にとってマズイって感じらる
おそらく果樹園が最盛期を迎える夏なんでしょうが

でも、おっしゃる"熟してないドングリ"って
https://kurokawa-yagai.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/dsc06160.jpg
でしょうか
でしたら季節は夏です

って事で、ツキノワグマが夏から秋に食性転換して
ドングリを食う個体もいれば
最初っから、夏のドングリを食う個体もいて
夏に食う個体が秋に好きなものが気になります

緑の柔らかく苦いのが好きなヤツと
茶色の堅くて苦いのが好きなヤツがいるのか

おそらく年間とおして食うなら
果樹園が狙われませんから
きっと、茶色のドングリ好きなヤツが夏の犯人で
緑のドングリ好きなヤツが秋から冬手前の犯人
なんだと思います
投票数:0 平均点:0.00
返信する
Chryso

なし Re: 都会で野生動物を見る

msg# 1.1.1.1.1.1.1.2.1.1.1.1.1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2020/11/22 17:48
Chryso  スタッフ   投稿数: 6243
いや、みたのは

http://kanon1001.web.fc2.com/foto_sinrin/K_buna/mizunara/mizu_nara.htm

ミズナラでしたから、果樹ができるのは秋です。夏ではないので、これだと発言の後半部分の考察がくずれてしまいます。

それとは別に、

www.env.go.jp › effort › effort5 › joukyu › kuma_2

[食性]
ツキノワグマは雑食性であるが,肉食よりも植物食に偏っており,食性は季節によって変化する。春期には,草本類,木本の新芽や新葉,またあれば前年秋に地面に落下した堅果類を利用する。夏期には,草本やベリー類の他に,社会性昆虫(ハチやアリ類)を利用する。秋期にはブナ類やナラ類の堅果を本州中部では主食とする。6~8月にかけては,しばしば主に植林された針葉樹(ヒノキ,スギ)の形成層を摂食するが,こうした樹皮剥ぎは,地域でのエサ食物量が少ない時に起きるという報告がある。ツキノワグマは,初夏に出産直後のニホンジカの仔を襲って摂食することもある。これまでに糞分析結果などから,ツキノワグマは90種の果実をエサ食物として利用することが知られている。

とあります。夏にはブナ類やナラ類の堅果を食べるという記述はないですね。


投票数:0 平均点:0.00
返信する
OK_like-mj

なし Re: 都会で野生動物を見る

msg# 1.1.1.1.1.1.1.2.1.1.1.1.1.1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2020/11/22 21:15
OK_like-mj  常連   投稿数: 640
"ドングリ"という言い方が、ご覧になったTVで
wikiの意味で使われていたかは分かりませんが
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%AA

①広義にはブナ科の果実の俗称
②狭義にはクリ、ブナ、イヌブナ以外のブナ科の果実
③最狭義にはブナ科のうち特にカシ・ナラ・カシワなど
 コナラ属樹木の果実の総称
と同じ意味と考えますと

TVから見た映像情報では
①冬眠手前に、ドングリを食っていたという事実と
②まだ未熟のドングリ(ミズナラ)を食べていたという事実
の2つがあるだけですが

私は、緑のドングリが未成熟で柔らかいと勘違い
していた感じです
http://blog.livedoor.jp/little_happy_2006/archives/51402003.html
を見ますと
落ちた緑のドングリが翌日に茶色になった様子が
分かります
って事は、硬さは同じなんでしょうね
未成熟のドングリが指し示すものの時期を
調べる必要があるからです
"ミズナラの結実"をkey wordにやっと辿り着いたのが
https://www.pref.miyagi.jp/soshiki/stsc/buna-mizunara.html
実がどのように成長してドングリになるかの過程です
"未成熟"とは、この写真の真ん中あたりなのだろうか
恐らく、5月が開花で、10月にドングリで出来る
その中間と言えば、やはり夏場が、まだ未熟のドングリ(ミズナラ)
って事に、どうしてもなりそうです

つまり、
夏場の"ドングリになる前の未成熟な実"が好き
秋口の"落実した茶色の堅いドングリ"が好き
なタイプの2種類の熊がいる気がします
ですから、夏場の果樹園も、秋口の果樹園も
それぞれタイプ別の熊に狙われる感じですが
夏場の未成熟好きな熊は、好きなドングリがない
秋口に襲う訳ですから、その時期の堅いドングリが
周囲にあっても食わないきがします

また、1つ新たな疑問をもってしまったのは
結実直前に、雌雄同株の"雄花序"というものが
http://www.jugemusha.com/jumoku-zz-mizunara/mizunara420.JPG
まるで藤の花のように
http://hananomeisyo.sakura.ne.jp/oomati/DSCF2002at.jpg
なる段階を経るのを見つけてしまったからです
これが、どのように消えてしまうのか
折り畳まれるのか、謎は深まりました
投票数:0 平均点:0.00
返信する
Chryso

なし Re: 都会で野生動物を見る

msg# 1.1.1.1.1.1.1.2.1.1.1.1.1.1.1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2020/11/22 22:00
Chryso  スタッフ   投稿数: 6243
>夏場の"ドングリになる前の未成熟な実"が好き秋口の"落実した茶色の堅いドングリ"が好きなタイプの2種類の熊がいる気がします


気がするだけで実証はされていないわけで...
実証主義に立てば、「夏場に未成熟のドングリを食べるツキノワグマがいる」ことを証明する必要があります。

そういうエビデンスがいまのところはみつかっていないわけで、秋に食性転換する、ドングリなどを食べるようになる、ということだけが今のところは記録されているだけです。

あくまで仮定の段階ですね。夏場にドングリを食べるツキノワグマがみつかれば、その仮定も動き出しますが。

で、紹介されました写真、見たのは

https://www.pref.miyagi.jp/soshiki/stsc/buna-mizunara.html

5枚あるうちの、上のうち、右のもので、

>調査時期は,ブナは殻斗が茶色になり,葉が緑色である8月下旬から9月中旬,ミズナラは堅果が大きくなる9月上旬から中旬を適期として実施しています。

と説明があります。キャプションはないですが、説明文だと

>堅果が大きくなる9月上旬から中旬を適期として実施しています。

とありますから、素直に読めば、秋場です。

投票数:0 平均点:0.00
返信する
Chryso

なし Re: 都会で野生動物を見る

msg# 1.1.1.1.1.1.1.2.1.1.1.1.1.1.1.1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2020/11/22 22:18
Chryso  スタッフ   投稿数: 6243
もし仮定を証明するのなら

1)未成熟のドングリ
2)成熟したドングリ

の2種類を用意する。

同じ種(ミズナラとしましょう)で、

たとえば同じ時期で、

1)低地でまだ成熟していないドングリ
2)高地ですでに成熟したドングリ

この2種類を別の皿に分けて、同時にツキノワグマに与える。
で、どっちをより食べるか。残すか。

で、未成熟のものをより食べるツキノワグマが出るまで同じ実験を繰り返す。
こうして、未成熟のドングリを食べるツキノワグマの比率がでますね。

仮定から先にすすむのは、これで未成熟のドングリを食べるツキノワグマがいた、場合です。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
OK_like-mj

なし Re: 都会で野生動物を見る

msg# 1.1.1.1.1.1.1.2.1.1.1.1.1.1.1.1.1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2020/11/22 23:03 | 最終変更
OK_like-mj  常連   投稿数: 640
私は、2020/11/22 15:50投稿の
    "別の動画では、野生のツキノワグマが、木に登って、
    まだ熟していないドングリ(ミズナラ)を食べていました。"
の未成熟の事を言っています

それだけの情報を頼りに
いろいろnetを探し尽くし、やっと、
結実直後から未成熟状態、成熟後らしい3つの経緯画像を見つけた訳です
https://www.pref.miyagi.jp/soshiki/stsc/buna-mizunara.html

5枚あるうちの、上のうち、右のものが、動画でご覧になられたものと
そう思われるのでしたら
それは未熟な果実ではありません、立派な完熟果実と言うできです
時期的な意味でも完熟です

そうであれば、話しは違ってしまいます

すべては、ご覧になられた動画の果実を、まだ熟していないと
判断されたのが、なぜかです

私は最初、緑のドングリを未熟なものと思っていましたが
http://blog.livedoor.jp/little_happy_2006/archives/51402003.html
を見て、翌日に緑から茶に変わってしまう事が分かり
色では判断できないと分かりました

ここで、熟してなさそうに"見える"と言っていただければ
私も、或いは、ここまで未熟にこだわらなかったかも知れません

5枚あるうちの、下のうち、真ん中が、私が考える夏場の
"未熟な果実"で、見た目は似てますが、これも調べないと
いい加減な事は言えませんが、おそらく柔らかいのではないか

未熟なドングリは夏場にしかないと言えると思います

ですから、未熟なドングリが消えた時点で
夏場にドングリを食べる熊も消えます
投票数:0 平均点:0.00
返信する
Chryso

なし Re: 都会で野生動物を見る

msg# 1.1.1.1.1.1.1.2.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2020/11/23 6:32
Chryso  スタッフ   投稿数: 6243
言葉が正確ではなかったようですね。

「未成熟」とはいわず「発芽能力あるかなしか」で区別すればよかったようです。

で、ツキノワグマがその緑の成熟したミズナラの実を食べて、それを含んだ糞から発芽するかどうかの話に帰着します。

成熟しているが緑色の外観をしているミズナラの実からも発芽できれば、ツキノワグマが植物の分布拡大に寄与していることを裏付けるし、そうでなく、消化されてしまって、発芽できないのならば、裏付けないことになります。

実際には、1か0かのデジタルなものではなく、確率的なものでしょうけど。

夏場に、未熟なドングリを食べるツキノワグマ、はまだ記述がないですね。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
OK_like-mj

なし Re: 都会で野生動物を見る

msg# 1.1.1.1.1.1.1.2.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020/11/23 8:17
OK_like-mj  常連   投稿数: 640
おっしゃる通りで

おそらく、秋口に冬眠に備えドングリを
食べる熊しかいないことが、ほぼ確定的ですが

おしゃるように
いろいろ調べていると
グマの植物の分布拡大に与える影響の調査を
されている営林署のような組織の多くの方が
いらっしゃる事が分かりますが

果樹園農家の方々の心配の
"夏場の熊問題"を、夏場の未熟なドングリを
周囲に配置したところで、完熟好きな熊は
食べてはくれないんでしょうね
投票数:0 平均点:0.00
返信する

このトピックに投稿する

題名
ゲスト名
投稿本文
  条件検索へ


ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget