メインメニュー
PR
facebook

自由主義経済の行き着く先


投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2020/9/13 11:48
OK_like-mj  常連   投稿数: 336
まったく、自由に商売することを考えるなら

安い労働力で、飽きずに正確な作業をこなせる
労働力市場を求めて、後進国を次々に世界の工場に
していくのは明らかです

でも、今の時代他国の国民を食い物にする事など
あってはならないし、彼らの労働環境や
衣食住のレベルUPも同時に向上させる事で
彼らが次第に購買力をもつと同時に
権利意識も育ち、次第に低賃金って訳にも行かなくなる

つまり、この過程は何れ飽和するのは明らかです
つまり、Global化は飽和します
そうなると、最後には、本来の母国に戻るのか
多くの時間を過ごした国の人になってしまうか
日本発のGlobal企業の多くは、本社は日本に
あるのでしょうから、飽和したなら
他国での作業は、売却し、その国で独自の発展に
貢献すれば、お互いのためです

でも、この一緒に働いた他国の仲間とのつながり
を多くもつことは、その世界中に張り巡らせた
信頼の networkは、商売にキット生かせます

つまり、自由主義は
すべての世界に同じレベルの社会構造を生む
ような必然的流れで動き、最終的には
世界は、networkでつながって、すべての人に
役立つものは、アッと言う間に世界のすべての
国民が使えるものになるような
そういう世界へ向かうしかないって事で

これは、いい事でもあると思います

投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2020/9/13 12:03
OK_like-mj  常連   投稿数: 336
自由主義は、私たち生物がミクロに進化する原理と同じ
自由な運動を基本とし、そこに様々な制約
生物の場合は、細胞膜という境界条件があります
経済は、最初は、自国という国内という条件下で
始まる訳です

次第に、いろいろな構造を生成しながら進化する訳ですが

例えば、目という構造の萌芽となる構造が生まれると
それは、その方向がある意味で飽和するまで続きます

経済でも同じ事です

意味のない、でたらめな仕業は
時間の経過の中では、消え去るだけで
system全体にとって、本気で大切な構造は残り
次世代へと引き継がれていくのは

生物でも、経済でも同じことです
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2020/9/13 12:11
OK_like-mj  常連   投稿数: 336
共産主義の最大の問題は
一党独裁ですが

原理的な意味では、生物が進化できる原理を
無視してしまう点にあると思います

つまり、自由こそが、あらゆる可能性への扉を開き
ひょっとしたら無理かもしれないが
挑戦してみる価値があるような社会的つながりまでをも
制限し、共産党が、すべてを決めてしまう点にあります
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020/9/13 12:33
OK_like-mj  常連   投稿数: 336
人類が登場するまでは

この世界そのものを書き換えてしまう程の展開が
無かったことから考えて、まあ人類の登場は
物質進化の最終形と考えても、そう間違ってはいないでしょう

でも、人々の社会的な意味での進化も含めると
まだまだ、進化の途上にあります

前回、自由市議経済の行き着く先で
最終的に、人々は自国に戻り、そこで世界がつながった
状況に至ることを、お話しいたしましたが

まさに、細胞が、そういうモノになっています
組織内細胞から放出されるexosomeやcytokineが
細胞同士の networkを形成し、全体のバランスを
制御している様子は

まさに将来的な自由主義経済そのものとも
考えられる気がします

細胞内の様々な分子たちは、まったく"自由"に
運動しているだけなのに
こうした様々な構造が機能し、1つの生物を
作り上げているのですから

投票数:0 平均点:0.00
返信する

このトピックに投稿する

題名
ゲスト名
投稿本文
  条件検索へ


ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget