メインメニュー
PR
facebook

ハイドンチャレンジ


投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2020/8/21 20:04
Chryso  スタッフ   投稿数: 5965
在宅勤務だからできるということで、サブスクのspotifyで曲を探して聞いている。ハイドンの交響曲全集というのがあった。
以前、アンタル=ドラティがフィルハーモニカ=フンガリカを指揮してレコードにしたものがあるが、それをCD化したものらしい。
CD33枚だそうだ。

https://www.amazon.co.jp/Haydn-Complete-Symphonies-Joseph/dp/B001LMSOGI/ref=pd_sbs_15_2/358-9977252-7539560?_encoding=UTF8&pd_rd_i=B001LMSOGI&pd_rd_r=8446a3b8-37b3-4ce7-9167-3cc22e6e8dd7&pd_rd_w=Ssssg&pd_rd_wg=DiWK2&pf_rd_p=74dba523-b490-4864-923d-51639f6a935f&pf_rd_r=7J609A1QSHNG9E6RSP8X&psc=1&refRID=7J609A1QSHNG9E6RSP8X

録音したのは1970年代だということで、50年くらい経っていますね。出た時には、CDではなくLPで発売されたもので、まず、これを置く部屋が必要だ、などと評がでたことを覚えています。
CDだと意外に安く、1万円しないのですね。

ハイドンの交響曲は104曲あって、全部聞くと56時間かかるようだ。こういう機会は一生のうちで、そうそうないと思い、順番に聞いています。現在第25番、先は長い。
ハイドンがロンドンで作曲した93番から104番があって、そのなかに有名な94番「驚愕」もありますが、今日8時間聞いたわけで、たどりつくには早くともあと1週間かかりそうです。

長調が多く、テンポもゆり動かさず、思考の妨げにならないのがいいですね。響きも美しく、結構いけます。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2020/8/22 18:48 | 最終変更
Chryso  スタッフ   投稿数: 5965
で、うろ覚えというかうろ聞きだったので、ちゃんと聞いてから書くのだが、ハイドンの交響曲第21番の第3楽章と、モーツアルトの交響曲第35番(ハフナー)の同じく第3楽章、どちらもメヌエットですが、主題がそっくりというか、1音違うだけで、ほとんどパクリの域だと。

同時代の人だけに、なんかあったのかな?
で、モーツアルトのハフナーは有名ですが、ハイドンの21番なんて聞く人も少ないだろうし、CDを持っている人もさらに少なく、しかも聞いた人はもっと少ないだろうし、発見される確率は少ないでしょうね。ネットにもそう指摘したものはないようです。

当時は著作権なんて概念はなかったようですし。

ハイドン。
ブラームスに「ハイドンの主題による変奏曲」という曲がありますが、これもハイドンは古くからある賛美歌の旋律を引用したという研究があり、それが本当なら、ブラームスは孫引きになります。
「聖アントニウスのコラールによる変奏曲」という言い方もあるようです。

曲は好きですが、コンサートの冒頭にするにはパンチが少なく、アンコールにするのは長すぎる(15分くらい)とうことで、扱いにくく、CDでも添え物扱いというか、主役は張れないようですね。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2020/8/26 18:33
Chryso  スタッフ   投稿数: 5965
で。75番まで聞きました。33枚あるCDの22枚め。まだロンドンセットにはいっていない。

ハイドンの交響曲がかかると、「仕事だ」と思うようになった。パブロフの...

プレストの章も、マイナーの章もはいるようになり、少しバラエティが出てきたかな、と思いました。

投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020/8/28 18:23
Chryso  スタッフ   投稿数: 5965
本日コンプリートしました。
99番からクラリネットがはいるのですね。当時は新楽器だったようで。

途中からコンサートで聞かせるものになっていくようで、聴衆を意識していますね。

***

コンサートは、なるべく多くの人に音楽を楽しめるようにするためのもの、として発達したといわれていますね。ソーシャルディスタンスをとったらオーケストラのひとりひとりも離れ、聴衆もずっと少なくなるということですが、どうなるんでしょう。

ベートーベンの「第9」なんか合唱つきですし、しばらくは演奏できないのではないか。マーラーにもありましたね。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

このトピックに投稿する

題名
ゲスト名
投稿本文
  条件検索へ


ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget