メインメニュー
PR
facebook

5G問題と共産国の悲劇


投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2020/1/20 5:22
OK_like-mj  常連   投稿数: 254
今、世界で一番やばい展開が予想されるのが
大きな金を手にし、社会体制が共産主義のままの
中国のHuaweiが
次世代の通信規格5Gの覇権をGAFAMを制して
売り込み攻勢を強めているという問題だ

共産主義の何が問題なのか

現実的問題は、旧ソ連でスターリンが
中国で毛沢東や四人組が散々やった粛清騒ぎ
なのは当然問題ですが

そもそもの起源は
ドイツの哲学者ヘーゲルを信奉し
それを精神論から物質原理へ変革したのが
マルクスだった
それはレーニンに受け継がれ
彼は、哲学ノートという著作や
唯物論と経験批判論という著作を書いている

つまり、哲学を国家の基盤にしているのが
そもそもヤバイのだ

神を説く神父が、ただの人であるように
哲学を扱うのも、ただの人な点に問題は
集約される

アメリカが、よくも悪くも
まともと思えるのは
"自由"のみを国家の理念に掲げるダケだからだ

"自由"というのは、感情でもあるし
あまりにも単純な考えなので
へたに利用したって、悪事には使えない

ところが
コレコレそういう人がいい人だなどと
定義したら
俺は、そういう者だ、文句あっか
っていう、まったく理念に反する人の出現を
表面上だけの規定などというクソ理念じゃー
防ぎ切れない

つまり、神に仕える神父もタダの人
の原理原則を越えるには
"自由"しかないのだ
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2020/1/20 6:32 | 最終変更
OK_like-mj  常連   投稿数: 254
Google Earthを見れば一目瞭然だし
Microsoftが、windows95にinternet接続可能な
ソケットというツールを内蔵し販売したため
それ以降、急速にネット社会が実現したのだって

アメリカの"自由"の理念が何たるかを物語る
のに充分すぎるくらいだ

中国は、時期尚早とかの話しじゃありません

勘違いもイイとこなんだと思います

ただ、金持ちのボンボンが
金にモノを言わせて、世界を買おうとしている
程度の話しなんだと思います

そもそも理念に、天と地の開きがあります

旧共産圏やアフリカや東南アジアの
貧しい国の一部は、安さと機能に惹かれる事は
あっても、さすがの先進諸国は
理念を売り渡ししてまでも、中国成金を
太らせるダケの事に向かう事はないとは
思いますが

梁華(代表取締役、会長)
任正非(最高経営責任者)の顔見ました?
任正非さんは、ミャオ族出身で人民解放軍にも
いらして、千昌夫のファンらしいっすよ

確かに苦労をしてるのは分かりますが
本気で、人類の未来のことを考えられて
おられるのでしょうか
共産党の顔色を伺うような弱気な考えなど
無いと言い切れるでしょうか
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020/2/15 5:53
OK_like-mj  常連   投稿数: 254
中国国内に、時代遅れの地域があるのと
アメリカや日本国内にも似た状況がある点で
決定的に異なるのは
ほとんど同じ面積の領土に
アメリカの約4倍もの人口がある点です

この問題は、今回のような
鉄鋼の街というヤヤ時代遅れの地域である
武漢という都市に、人口をまかなうだけの
医療施設の不足が感染の拡大を招いた感じです

この4倍という数字は、小さいようですが
ある1人が感染した場合に
感染が拡大する時には、4倍ではなく4乗で
広がると考えると、大問題です
投票数:0 平均点:0.00
返信する

このトピックに投稿する

題名
ゲスト名
投稿本文
  条件検索へ


ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget