メインメニュー
PR
facebook

iPadよりも巨大な半導体チップが、AIの研究を加速させる


投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 | 投稿日時 2019/9/30 13:27 | 最終変更
entangle1  半人前   投稿数: 87
・iPadよりも巨大な半導体チップが、AIの研究を加速させる
http://archive.fo/EhacM

世界のどこかではこんな「狂気の沙汰」が行われているのですね。

そうしてこれは多分シンギュラリティーを引き起こす起爆剤になりそうです。

・世界最大級のAI向けメガチップ、米スタートアップが開発
https://ascii.jp/elem/000/001/920/1920186/

アメリカの企業でした。

例のブラックホールの撮影の件といい、アメリカという国は「一見無謀に見える事でも真面目に取り組む事を許す」というとてもうらやましい伝統、あるいは環境をお持ちの様に見えます。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2019/10/5 5:35
entangle1  半人前   投稿数: 87
『グーグルの量子コンピューターによる「量子超越性の実証」が、本当に意味すること』
http://archive.fo/BR8kY

物事は少しづつしか前進しませんね。

そうしてまだまだ道は長い模様です。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2019/10/24 18:52
entangle1  半人前   投稿数: 87
・Googleが量子プロセッサで“量子超越性を達成した”と発表するも、IBMは反論
http://archive.fo/TdQLF

グーグルは「できた」と言いIBMは「それじゃだめだろう」と言っている事だけは分かりますが、それ以上の事は「何がなにやら」という程度の理解しかできていません。

まあそれでも少しづつは進んでいる様には見えます。

投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2019/11/15 20:11
entangle1  半人前   投稿数: 87
今のAIでもそこそこの事ができるのだ!というお題を2つほど。

・日本IBMと山形大、ナスカで新たな地上絵を発見 AIで空撮写真を分析 「そこにあるとは……」担当教授は驚き
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1911/15/news104.html

『使用したAIは、米IBMの「IBM Watson Machine Learning Community Edition」で、AI用サーバ「IBM Power System AC922」上で稼働させた。
・・・・・
AIの学習に使用した教師データの量は「指で数えられるほどわずか」(日本IBMの担当者)だったというが、地上絵に共通するパターンの取得に成功したという。』

IBMのワトソン君は頭が良い様でうらやましい事です。


・古典・古文書の難読「くずし字」、AIが瞬時に解読…精度90%も
http://archive.md/VdLT3

あのわけのわからない文字をAIが読めるとは驚きですね。

もう一つの驚きは「文科系の方がAIを開発してしまう」という、現代と言う時代に対する驚きであります。

『 タイ出身のタリンさんは、「源氏物語」をきっかけに日本の古典文学に興味をもち、早稲田大に留学。源氏物語の注釈書などの研究で博士(文学)を取得した。

 多くの時間と労力を、くずし字の解読に費やした経験から、「くずし字を効率良く解読するシステムを、自分で作ろう」と思い立った。

 膨大なデータをもとに自ら学ぶディープラーニング(深層学習)の仕組みを初歩から学び、KuroNetを開発した。・・・・・』

はい、恐れ入りました。


投票数:0 平均点:0.00
返信する

このトピックに投稿する

題名
ゲスト名
投稿本文
  条件検索へ


ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget