メインメニュー
PR
facebook

現役の古いパソコン


投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2019/7/24 23:07
YMN  常連   投稿数: 926
 NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」で、家電修理の仕事で昔のパソコンPC9801が持ち込まれました。
そのパソコンが無いと工場が止まってしまうとのことで、おそらく機械制御のインターフェースとMS-DOS上で動く特注ソフトがセットになったものと思います。

 それを請け負った会社が今は無いこともあれば、あったところで大昔のシステムを今のパソコンに移植するとなるとそう簡単なことではないでしょう(いじる箇所は多くはないと思いますが、そのポイントが分かったら苦労はしません)。

https://www.asahi.com/articles/ASJ5432RSJ54UEHF001.html
 「昔のパソコンが使われ続けていることが結構あるのでは?」という線で検索してみたら、やはりそのようです。

 番組内で、そのパソコンが良く壊れると言っていましたが、発熱するパソコン内で数10年も経てばそれも当然で、これからますます厳しい状況になるでしょう。
見たところ故障は電源回路の電解コンデンサだったようです。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2019/7/25 12:28
Chryso  スタッフ   投稿数: 5816
某某会社から、プロジェクトが20年ぶりに動き出す、ついてはその時に基本計画の企画見積もりを出したのはうちなので、それでいきたい。ものはこのフロッピーの中にある。

といわれた。うちの若い担当者が報告してきた。
「おおきいほうのフロッピーになるそうです」

おおきいほう、といってもフロッピーには5.25インチと8インチがあってだな。というか若い担当者が生まれた時にはすでにフロッピーは3.5インチ、しかも当時すでにCDROMも普及しはじめていたし、いつの話やら。CDROMもDVDになり、それも最近は使わず、ファイルをコピーしたり転送したりするときはクラウドを使ったり。

その担当者は「まだやり残していることがある」と会社に居残っているそうです....
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2019/7/25 23:23
YMN  常連   投稿数: 926
> https://youpouch.com/2017/09/18/460033/
 保存アイコンのフロッピーですが、現物を見たことが無い世代が増えてくることになります。
テレビでは録画を示すとき、今となっては殆ど使われないビデオカセットの絵が示されますし、シンボル的なものは前時代のものになりがちなようです。

 フロッピーはヘッドが接触しているので、ディスクも機器も半永久的ということはないはずです(非接触のハードディスクでも寿命がありますけど)。
機器が壊れたら交換すれば良く、安くはない修理費は取られても、それで済むとも言えます。
重要なソフトのオリジナルディスクは保管してコピーを使うとしても(コピープロテクトが無ければですが)、何10年も使い続けられて何人も担当者が替わるうち、オリジナルの保管場所が分からなり、ディスクが壊れて大騒ぎということも結構あるかもしれません。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2019/7/26 20:52
YMN  常連   投稿数: 926
 現役のフロッピーディスクということで検索していたら、2016年の記事ですがこんなのがありました。

https://www.afpbb.com/articles/-/3088372
----引用
 米国防総省では、大陸間弾道ミサイル、戦略爆撃機、空中給油・支援機などの核戦力の運用機能を調整する指揮統制系統で、1976年発売のコンピューター「IBMシリーズ/1(IBM Series/1)」や8インチフロッピーディスクが用いられているという。
 国防総省報道官のバレリー・ヘンダーソン(Valerie Henderson)中佐はAFPの取材に対し、旧式システムを使っている理由を「簡単に言えば現在も機能しているため」と説明したうえで、「老朽化が懸念されていることから、2017年末までにフロッピードライブをSDメモリーリーダーに置き換える予定だ」と付け加えた。
----引用終了

 今はSDに置き換えられていることになりますが、パソコンの方はそのままなのかもしれません。
ただのSDメモリーリーダーなのか、それとも(複数のディバイスで照合するとかの)ガチガチのエラー対策を施した特殊なものなのか、どうなのでしょう。

 重要なシステムだからこそ更新作業で何か問題が混入したら大事で、気軽にいじれないことになりがちかと思います。

 古いフロッピーディスクはカビが生えることがあるそうで(それを入れると機器まで壊れてしまうとか)、湿度が高い日本は特に要注意ということになるでしょう。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

このトピックに投稿する

題名
ゲスト名
投稿本文
  条件検索へ


ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget