メインメニュー
PR
facebook

JIS(日本工業規格)がJIS(日本産業規格)に変更-令和元年(2019年)7月1日


投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2019/7/5 22:31
伊豆倉 正敏  スタッフ   投稿数: 764
 言い訳がましいのですが、法律で1つの法律が単体で改正された時はニュース報道もあり気づきやすいのですが、別の法律が成立か改正されて該当法律がリンクして一部が変わった時はその陰に隠れて気づきにくいものだと実感しました。
 ましてや環境省の報道発表資料はここの環境会議室で使うかもとほぼ毎日チェックしていたのですが経済産業省は見ていませんでした。

 本日職場でJIS規格を取り寄せた時に同封されていた紙で知った話、尚(なお)気になって昔いた環境分析の職場に質問すると事前に連絡がありシステム改修済みだそうです。

経済産業省ホームページより
https://www.meti.go.jp/policy/economy/hyojun-kijun/jisho/jis.html
前略
>「日本工業規格(JIS)」は「日本産業規格(JIS)」に変わりました。(平成30年通常国会で可決成立、5月30日公布)
中略
>【施行日】令和元年7月1日
と言うことで既に施行日を過ぎています。

同封されていた紙は日本規格協会ホームページで公開されていますがリンク先アドレスが拾えないので抜き書きします。
> さて、平成30年第196回通常国会において「不正競争防止法等の一部を改正する法律」(法律第33号)が可決成立し、工業標準化法が一部改正されました(平成30年5月30日公布)。
> これにより2019年7月1日より、“工業標準化法”は“産業標準化法”に変わり、“日本工業規格(JIS)”は“日本産業規格(JIS)”に変わりました。

要は
「不正競争防止法等の一部を改正する法律」が成立した。
→その時リンクして「工業標準化法」が一部改正し7/1から「産業標準化法」に変わることが決まった。
→7/1から「産業標準化法」に従い、日本工業規格(JIS)は日本産業規格(JIS)に名称変更

だそうです。軽量証明書などでJIS番号何番で分析・試験しているという記載がある時
JIS K 0102の38.1
なら「JIS」は一緒でセーフですが、生真面目に
日本工業規格-K 0102の38.1
と書いてある・ひな形がそうなっているなら移行期間があるそうですが「日本産業規格」に書き換えが必要となるかと思いますので注意してください。
業務規程・作業標準・作業手順書・作業マニュアル、計量証明書・報告書・取扱説明書の新規作成・見直し時の確認時にチェックがいるかと思います。

尚Word並びにExcelなら「ctrlキー+F」で検索モード、バージョンに寄りますが横のタブに置換があるのでそれを使うと便利かなと思います。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2019/7/5 23:28
伊豆倉 正敏  スタッフ   投稿数: 764
もしかしてと思って環境省の水質基準を見たら
http://www.env.go.jp/kijun/pdf/wt1.pdf
カドミウム 0.003mg/L以下 日本工業規格K0102(以下「規格」という。)55.2、55.3
又は55.4 に定める方法
全シアン 検出されないこと。 規格38.1.2(規格38 の備考11 を除く。以下同じ。)及
び38.2 に定める方法、規格38.1.2 及び38.3 に定める
方法、規格38.1.2 及び38.5 に定める方法又は付表1
に掲げる方法
中略
1,1―ジクロロエチレン
0.1mg/L以下 日本工業規格K0125 の5.1、5.2 又は5.3.2 に定める
方法


日本工業規格のままでした。
移行期間があるのですがいつか変わるでしょう。
魚拓ダウンロードするなら今のうちです。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

このトピックに投稿する

題名
ゲスト名
投稿本文
  条件検索へ


ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget