メインメニュー
PR
facebook

世界の算数2019 / 日本人類小学生にコレが解けるか?


投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 | 投稿日時 2019/5/3 6:27 | 最終変更
東 遥  スタッフ   投稿数: 3641
はい、恒例(何時の間に!?)、今年のゴールデンウィークの算数の問題です。
名付けて「世界の算数」(cf 世界の車窓、世界の街道)



元ネタは

★シンガポール小学6年生用の算数問題が難解だと話題に

あちらの小学生は当然の如く解くそうですがさて日本人類はどうか。まぁ、例の歯止め規定とか何とかで、

 ・教えてないから解けない解かない
 ・況や解いてはいけない

という表向きの態度の裏で、実際どの位の子供たちがコレを解けるというのでしょうか。つーか、うっかりすると日本人類は大学生でも解けないんじゃないか、コレ。それを経て日本人類社会人は推して知るべし?

中国・インド・シンガポール・韓国、もろもろと発達発展する外国の教育レベルに対して日本人類の品質は劣化していくばかり、これでは日本の国力は衰えてやがて外国の植民地になりさがることだろう、いまだって実質そうだけどな、とは知人の諦観では御座いました。

さて、皆さんは解けたでしょうか。尚、回答は、円周率をπと置いた式の形で結構です。
ぇぇ、オ・ト・ナですから式でも、変数でもπでも使って差し支えない事に致しましょう。


私?一応オ・ト・ナですので解きましたよ?なんとなれば回答例もご用意しましょう。連休明けに答え合わせです。

てゆーか、PowerPointでコレを作図する方が余程むつかしかったです(爆) どれだけ少ないオブジェクトで、或いは簡単なオブジェクトでこれを正しく作図できるか、の方が頭の体操になるかもしれない。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2019/5/5 16:22 | 最終変更
LuckyHill  一人前   投稿数: 1267
>名付けて「世界の算数」(cf 世界の車窓、世界の街道)

今日はちょうど「こどもの日」でもあることですし、童心に帰って回答チャレンジにエントリー致しました。名付けて「この素晴らしい世界の算数に祝福を!」(汗)



長辺が36cmの長方形の中にちょうど円が3つ収まっているので、長方形の短辺および円の直径は36÷3=12cm(半径は6cm)。

直角三角形の真ん中の虫食い状態になっている半円部分A'は、飛び出ている半円部分Aと同じ面積(で差し引きゼロ)。またBとCは合わせるとちょうど1つの円になるから、着色部分の面積は円周率を3.14で計算すれば、、

(36×12÷2) - (6×6×3.14) = 216 - 113.04 = 102.96[cm2]

---

ついでに歴史のお勉強。
上洛の前に織田信長は

「松永ダンジョン(弾正)久秀に出会いを求めるのは間違っているだろうか?」

と悩んでいたらしい。けど実際に上洛したら

「ようこそ実力至上主義の京・室(室町幕府)へ!」

って歓迎されたとか。
うーん、長すぎる休日で頭が混乱している・・・
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2019/5/8 3:11
東 遥  スタッフ   投稿数: 3641
御名答で御座います。

すみません、あれからやっと今日帰られたもので、模範(爆)回答を図示する用意ができてませんで、それは後程。

はい、この問題は三角形の面積の求め方は当然踏まえて、円の面積の求め方を習えば何時でも何処でも誰でも解ける筈なのでしょうねぇ、真面目に考えれば。が、日本人類でどれだけの人類が解けるかを妄想すると、暗澹たる思いに囚われなければならないのではないかと危惧する次第。

いやぁ、最近の軽量小説はタイトルが和文になっているもので図書館とか書店向けの管理システムは大変な事になっているらしい。とはいえ、実は真面目に仕様を考える上で尋常の品揃えの書架や在庫を踏まえるなら少なくともDBのTABLEのタイトルの項目 TITLE はVARCHAR2(375)は必要ですね。

その他にも

世界で一番タイトルが長い小説は、誰もが知ってる「あの作品」の原題

あたりから色々と。あとは、タイトルの長さと販売数量ないしは読者数の相関をとって、それが正規分布になるかならないかを見るのもまた愉しからずや。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2019/5/8 20:46 | 最終変更
YMN  常連   投稿数: 776
 弦と弧で囲まれた部分を何と呼ぶのか分からず、調べたところ弓形とのことでした。

 中央の円はちょうど半分に分かれているように見え、そして両端の弓型は同じ大きさに見え、その見当で当たりをつけて論証するのが通常の手筋かと思います。
もっとも小学校の算数でどこまで厳密な論証が要求されるのか分かりませんし、「見たところ同じに大きさに見えるから~」でも通るのかもしれず、そうだとするとさほど難しい問題ではないように思えます。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2019/5/8 22:01 | 最終変更
FarSeer08  常連   投稿数: 211
これまでにこの部屋で紹介された問題の中では易しい部類であるように思います。きっと多くの人が見たことのある、正方形に一辺を半径とする孤を2つか4つ描いた問題をやったか答えを学んだ人なら解けるでしょう。

引用:

「見たところ同じに大きさに見えるから~」でも通るのかもしれず、

いくらんなんでも、それはダメでしょう。
小学校で線対称、点対称を習うので、そうした言葉を使って説明すれば論証したことになるのではないでしょうか(ま〜、余計なことを書かずにしれ〜っと答え[と問題文中に指示があれば計算式]を書けばオッケーかもしれません)。

#マークシートだったりして(マークシート世代談)
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2019/5/9 2:33
LuckyHill  一人前   投稿数: 1267
>小学校で線対称、点対称を習うので、そうした言葉を使って説明すれば

そうですね。次の図の青の部分と赤の部分は互いに点対称だから同じ面積だと言っておいて、だから求める面積は長方形から2つの円の面積を引いたものの2分の1である(『五等分の花嫁』ではなくて二等分の面積である)、と説明するほうが分かり易いですね。

{ (36×12) - (6×6×3.14)×2 } ÷ 2 = (432 - 226.08) ÷ 2 = 102.96[cm2]

投票数:0 平均点:0.00
返信する

このトピックに投稿する

題名
ゲスト名
投稿本文
  条件検索へ


ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget