メインメニュー
PR
facebook

洗浄不十分な廃プラスチックを輸出禁止に


投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 .4 | 投稿日時 2019/4/24 23:36
伊豆倉 正敏  スタッフ   投稿数: 767
 という案をバーゼル条約に入れてリサイクル名義の廃棄物輸出を禁止する案を政府が出すそうです。
汚れた廃プラ、輸出入禁止に=バーゼル条約で提案-環境省:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019022601274&g=soc
> 環境省は26日、有害廃棄物の貿易を制限する国際ルール「バーゼル条約」の対象に、汚れた廃プラスチックを加える案の共同提案国となる方針を決めた。4月29日からスイスで開かれる締約国会議で審議される。20カ国・地域(G20)首脳会議の日本開催を6月に控え、プラスチックごみ削減に前向きな姿勢をアピールする考えだ。

 前から洗浄不十分な廃プラスチックについて中国が輸入禁止になってから東南アジアもそれに続き、とはいえ人件費が安い国なら採算が取れるのでプラスチック原料としての人気もあったのですが、洗浄水の相手国での環境負荷が問題となり日本政府から提案するようです。

 ちなみにゴミ処理のルールは各自治体・ゴミの広域処理地域ごとに異なりますが、神戸市の場合は「缶・瓶・ペットボトル」と「容器包装プラスチック」の日が「燃えるゴミ」の人は別に週に1回ずつ存在し、プラスチック・ペットボトルは出来れば洗浄して分別、油物など洗浄しにくい場合は燃えるゴミとなっています。
神戸市:ワケトンbook「調べる」
http://www.city.kobe.lg.jp/life/recycle/waketon/shiraberu/index.html
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2019/5/11 13:02
Chryso  スタッフ   投稿数: 5120
廃、ではないが、プラスチックの小ボールを餌にまぜてクマなどの大型哺乳類に食わせ、それがいつ排出されるかをみて、食物の体内への滞留時間をはかる、という実験があったようです。

そのプラスチックは食わせる時間によって色が変えてあり、いつのものが排出されたのかわかるとか。

最近ではそういうこともできないでしょうね。

廃プラスチック、大きさ、形状によって口にはいるかどうか変わってくるわけで、大きい動物ほど、口も大きくて影響もでてきそうです。

投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2019/5/11 19:05
伊豆倉 携帯  半人前   投稿数: 84
バーゼル条約改定案は採択されたそうで、次は各国々の批准のようです。汚染されたプラスチックのゴミ問題と、昨年ぐらいから問題になりだした、放置ゴミが風や雨で河川に流れて湖沼や海で小さく形はプランクトンの大きさまで分解されても化学物質としては分解されずに残るというマイクロプラスチック問題も派生しているようです。
申し訳ないですがウチの家の場合父の脳梗塞再発で意識は少し戻りつつ有るようですが、オシッコの合図が出来ない為尿瓶が使えず使い捨てオムツとそれを減らすための尿取りパッドの消費量が増えて捨てるときにプラスチック袋にくるむためレジ袋もらうようになりました。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2019/5/12 0:16 | 最終変更
伊豆倉 正敏  スタッフ   投稿数: 767
 プラスチック製品だけの話ではないのですが、ある意味日本では既に「容器包装リサイクル法」が既に存在し、事実上、食料品や日用品も含めて容器包装をした時にメーカーがリサイクル料を上乗せして
公益財団法人 日本容器包装リサイクル協会
https://www.jcpra.or.jp/
が一旦プールして、市町村のゴミ回収時に分別収集すると税金とは別のお金が出る仕組みがあるので、そういう制度がない国と違って対応はしやすいかもしれません。
ランク付けの例
https://www.jcpra.or.jp/Portals/0/resource/gather/municipal/municipal03/01/pdf/30/28_.pdf

 地方自治体や、市町村を越えて広域組合で回収する組合は、これに参加して容器包装プラスチックや、缶・瓶・ペットボトル等の資源ゴミを分けるか、分けずに燃えるゴミ・燃えないゴミで回収して補助金を受け取らずにゴミ収集のコストカットをするか、資源ゴミは別に収集して入札で落札した業者に販売するかはその地域が決めることなのでそれはそこに住んでいる人が地域の事情に合わせて決めることです。

 ゴミの分別は正直手間がかかりますし、自分が住んでいるところは神戸市ルールとなりまして、容器包装プラスチックゴミの日が別にあり、とはいえ次の引用部分にあるように汚れが酷(ひど)い時は燃えるゴミで出してもいいというある意味、緩い資源回収ルールですが
神戸市:容器包装プラスチック
http://www.city.kobe.lg.jp/life/recycle/waketon/shiraberu/index7.html
>中身を使い切り、汚れの付いたものは、軽くふき取ったり洗ったりして、目で見てわからない程度に汚れを取り除いてください。
>※中身や汚れが簡単に取れない場合は、「燃えるごみ」に出してください。
というカレー容器等の付着が酷く洗うのが大変な時の逃げ技があります。

ペットボトルで説明すると
>ペットボトル本体は毎週水曜日の「缶・びん・ペットボトル」の日
>ペットボトルのキャップとラベルは「容器包装プラスチック」に出してください。
という手間がかかりますがその反面
・週に2回燃えるゴミの日
・別に週1回缶瓶ペットの収集日
・更に週に1回容器包装プラスチックの回収日
つまり考え方を変えると月曜日から金曜日の間に4日もゴミ収集日が有り、
・更に2週間に1回「燃えないゴミ」の回収日
とゴミ出しをする事が出来るチャンスが多くなりゴミを片付けやすいという考え方も出来ます。と言うわけで今住んでいる地区だとゴミ出しカレンダーは次のようになります。
http://www.city.kobe.lg.jp/life/recycle/waketon/shiraberu/calender/pattern/01.pdf
ただ他の人に話を聞くと週に1回分だと袋に余裕があるので2~4週間分別の専用袋がいっぱいになるまで置いておくのでかえってかさばるという話もあります。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2019/5/21 23:49
伊豆倉 正敏  スタッフ   投稿数: 767
 中国等(他の国も輸入停止)が今までリサイクル資源名目で買ってくれていた、プラスチックゴミが、輸出停止国が増えて国内での処理が追いつかなくなり、環境省から自治体などに一時的に処理に参加してほしいとの異例の依頼をしたそうです。
プラごみ保管、国の基準超えを新たに15自治体が確認 環境省影響調査
https://mainichi.jp/articles/20190520/k00/00m/040/271000c
> 緊急対策として環境省は同日、焼却炉などで家庭ごみの処理を担う市区町村に対し、企業など事業者が出す産廃のプラごみも受け入れるよう要請する通知を都道府県と政令市、中核市に出した。

 昔はダイオキシン問題がありましたが、現在はより高温で処理したり電気集塵(しゅうじん)をやめて他の方法の集塵(しゅうじん)に、それ以上の問題がプラスチックゴミはカロリーが高い物があり焼却場の炉、特にレンガ部を傷めて耐用年数が短くなる、改修工事(レンガ交換)の頻度が増える。
 反対に難燃材の入ったプラスチックだと燃焼部などに燃えずにこびりつき上と同じく炉の寿命を短くする問題がありますが、これも関連情報なのでコメントツリーにぶら下げておきます。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2019/6/1 7:12
伊豆倉 正敏  スタッフ   投稿数: 767
ずっと前から(引用記事にあるように輸出日が2013年-発覚してから何年も)からリサイクル名目で送られて放置されて、送り主が引き取らず送り出し国も動かないので有名だったゴミというか海上コンテナについてフィリピンが強制返品をしたそうです。

フィリピン、輸入「リサイクル」廃棄物をカナダに返送 コンテナ69個分
https://www.afpbb.com/articles/-/3227719?cx_part=search
>フィリピン政府は31日、カナダの民間企業が2013年と14年にフィリピンに輸出した大量の廃棄物、コンテナ69個分をカナダに送り返した。「リサイクル用」と不正確に表示されて輸出された廃棄物は、放置されて腐りかけ、両国関係を悪化させていた。

 実は日本にも返品される可能性があるそうです上記アドレスにもありますがマレーシアからです。
>これに先立ちマレーシアも28日、450トン分のプラスチックごみをオーストラリア、バングラデシュ、カナダ、中国、日本、サウジアラビア、米国などの輸出国に送り返すと発表している。

 海上コンテナは日本でヒアリが発生した時と同じく原則相手国の荷主が受け取るまで封印を開封することが出来ずせいぜい透視カメラ(メーカー等は知っていても公開するなとのこと)等でしか見ることが出来ないのが原則ですが、受取人が現れずやむなく解錠して調べたら不法投棄のゴミ輸出だったという事例についてです。

 問題は相手国が受け取るか、元々輸出した国が税関でこれは廃棄物だと言って送り返すケースが出てくるかですね。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

このトピックに投稿する

題名
ゲスト名
投稿本文
  条件検索へ


ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget