メインメニュー
PR
facebook

雪の東北本線


投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2019/4/10 23:10
Chryso  スタッフ   投稿数: 5018


本日は東北地方、雪でした。
新白河と黒磯の間、デイーゼルカー、キハ110で移動しましたが、突然、右も左も白くなってしまいました。これは黒磯到着時。

念の為にニット帽、手袋、防水の靴、そして裏アルミのジャケットしていって正解でした。

黒磯駅前のそば屋で夕食にしましたが、店内ではもちろんのようにダルマストーブ、暖かい卵とじそば(考えてくれば不思議なメニューだ)を注文して食べてきました。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2019/4/10 23:21
Chryso  スタッフ   投稿数: 5018


今日の目的地は宮城県の南、大河原から船岡の川の土手の千本桜。一目千本といいますが、たしかに見事。2駅の間だけにとどまらず、さらに伸びていて、若い木の植栽も進んでいたりして、町の本気ぶりを知ることができます。

これは北の駅、船岡近く、船岡城に通じる遊歩道から撮影したもの。周辺にはレンギョウ、ムスカリ、ツツジ、コブシなども同時に咲いていて、それはきれいでした。

船岡城跡には樅の木が。大河ドラマの「樅の木は残った」の舞台となったところ、だそうです。昭和45年のことだから、そろそろ50年過ぎていますね。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2019/4/12 22:40
Chryso  スタッフ   投稿数: 5018
東北本線も、ここらへんから異国感が...

その昔は特急が何本も行き来していたこともあり、駅のホームはやたらと長く、しかし今では短い4両編成くらいの普通、よくて快速くらいしかきません。ホームの長さが余ってしまう。御殿場線と似たところがありますね。ここも元は幹線の東海道線でした。東北本線を通しで運転される列車も北斗星やカシオペアを最後に、なくなったのでは。

で、貨物列車がやたらに通る、しかも赤いやつです。(交流用)これは首都圏の幹線ではみませんね。専用の貨物線があって、そこを通っている。

停車中に列車はボタンを押して、ドアを開けてはいる。そして中にはいると閉めるボタンがある。外気温が低いと、こういうボタンが必要です。というか、昔の、デッキのある車両が外気を入れず、よかったのに。

その列車、トイレがついているのが首都圏の通勤車両と違っていますね。ついているのは特急か、中距離車両です。

車掌は女性が多いような?なぜかこれまで、山形、福島あたりを通った列車はみなそうでした。支社によってポリシーが違うのかしらん。

というわけで、どこか首都圏とは違っている東北の車両を楽しんだのでした。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

このトピックに投稿する

題名
ゲスト名
投稿本文
  条件検索へ


ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget