メインメニュー
PR
facebook

ダークマター・それは形を作らないもの


投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 .4 .5 .6 .7 .8 .9 | 投稿日時 2019/3/10 2:20 | 最終変更
entangle1  半人前   投稿数: 39
海の中に暮らす魚たちはきっとこう思っているでしょう。

「水なんていうものは、どこにもない。
だいたいそんなものは見た事はないのだから。」

そう言いながら水の中で一生を過ごすのでした。


プランクレベルのBH(ブラックホール)はお互いに衝突し合体する事は可能です。
しかしながら、その足し算は1+1=1であって、我々の物質世界のように1+1=2にはならないのです。

どれほどのプランクレベルのBHを、そうやって足していっても1個のBHにしかなりません。
つまり「ダークマターは形を作らない」と言う事になります。

他方で原子と言う形態は形を作る事が出来ます。
「あたりまえだ、そんなこと。」
まあ我々「形がある世界の住人」は当然そう思います。
しかしながら、これはこれでよく考えますと、非常に不思議な事でもあります。


形のある世界では「物をぶつければ、ぶつけられた対象物は壊れる」。
まあそれが常識と言うものです。
そうやって素粒子の世界にまで踏み込んでいきました。
しかしながら、それはどこまで行っても「形のある世界の話」でありました。

他方でプランクレベルのBHの世界では「お互いがぶつかればお互いがお互いを吸収する。」その結果は「BHは一つになる」のでした。

そうして「物質粒子はもはや大きすぎてプランクレベルのBHは吸収できない」、つまり「物質粒子とは衝突しない」、「単にその横を通り過ぎるだけ」なのです。

そうでありますから、従来常識の「未知の粒子は物質粒子との衝突で検出できる」というやり方はもはや通用しない、そう言う事になります。


ダークエネルギーの実体がマイナス質量のプランクレベルBHであるとすると、それが宇宙で一番多く存在する「質量を持つもの」になります。
そうして二番目がプラスの質量を持つプランクレベルのBH、別名を「ダークマター」といいますが、それになります。

それらの存在は質量をもちますが、ほとんど大きさをもちません。
そのことのおかげて宇宙の大半の空間は「空っぽのまま」であります。

さてそれで老子の出番になります。
「空間は空っぽであるから有用なのだ。」
老子はそのように看破しております。

まったくその通りでありましょう。
そのおかげで、バリオン(通常の物質の元になる粒子)からなる我々はまるで「この宇宙は我々形あるものが主人公」みたいな顔ができるという事になっている訳であります。


さて、今まで見てきた様に「ダークマターはプランクスケールのBHだ」が当たっているとしますと、我々はBHの海の中に住んでいる事になります。

そうしてこう言うのです。
「プランクスケールのBHなど見たこともない。
そんなものはどこにもないのだから。」

さあこれでは「我々は海の中で暮らす魚たちと大差はない」と言う事になってしまいます。


https://blog.goo.ne.jp/rokusanasukor/e/7f6b375b88809d2047b1c5060a01c46b

・ダークマター・ホーキングさんが考えたこと 一覧

PS
ニュートリノと言うものも物質とはあまり反応しません。
地球なんか平気で素通りします。
(この辺りの性質はダークマターと一脈通じるものがあります。)

しかしながらこいつがあるおかげで超新星爆発が出来るのです。
その結果は中質量のBHの誕生、そうして中性子星が出来、2つの中性子星が衝突、合体すると多くの重金属類の生成がそこで行われます。

そうして、そういう星の衝突の結果生まれた生成物が集まって地球が出来、我々が今こうしてここにいるのですから、ニュートリノにもそれなりに感謝してもいいと、これはたしかカミオカンデの研究でノーベル賞をもらった偉い学者さんがそのように言っていたと記憶しています。


http://archive.fo/0OKwo
http://archive.fo/RMSZL
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2019/3/20 2:24 | 最終変更
entangle1  半人前   投稿数: 39
原始ブラックホール程の働き者はめったにいない。

まずはダークマターとなって銀河を作るお手伝い。

それが済んだら今度はダークエネルギーとなって、宇宙がしぼむのを防ぐ仕事を受け持つ。

そして形ある者どもが住める宇宙をそうやって作りあげて維持していく。

しかも人知れず、あたりまえのように、誰にも感謝されることも無く成し遂げていく。

本当に宇宙のしくみというのは「匠の技」としか言いようがないものでありますなあ。

以下ご参考までに
https://gigazine.net/news/20150908-universe-dark-matter
↑<--リンク
宇宙を形成する謎の超物質「暗黒物質(ダークマター)」とは?

投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2019/3/24 0:24 | 最終変更
entangle1  半人前   投稿数: 39
まあとにかくこれを見てほしい。

https://www.google.com/search?q=%E5%AE%87%E5%AE%99+%E3%83%9C%E3%82%A4%E3%83%89&sa=N&biw=1094&bih=474&tbm=isch&source=iu&ictx=1&fir=U_CLQgPtz84VkM%253A%252CBL8YPCfI-N7ClM%252C_&vet=1&usg=AI4_-kQrYNRS38snQQOZeJoTGH99ibK8ng&ved=2ahUKEwi1s5vIxZjhAhUV9LwKHexWDfM4ChD1ATALegQICRAM#imgrc=U_CLQgPtz84VkM:

宇宙のボイド(Void)空っぽの所、ぐらいの意味か

光っている所が銀河のつながり、フィラメントとか呼んでいる。
そうして、何もない所(の様に見える所)がボイド。
宇宙と言うのはこうやって見るとまるでスポンジである。

そうして、実際にスポンジを作るにはそこにガスをいれて泡を作らなくてはいけない。
それで何のことは無い、宇宙だって同じことをやっているだけ。
そこにマイナス質量のプランクレベルのブラックホール(BH)を集めているだけの事。
しかしながら、光に反応しないので「何もない、空っぽの所」と人類は言っているだけのお話です。

マイナス質量のプランクレベルのブラックホールの作り方に興味のある方は下記を参照されますようにお願いします。

http://fsci.4rm.jp/modules/d3forum/index.php?topic_id=2547#post_id16320


http://archive.fo/y0kiP
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2019/3/30 1:02 | 最終変更
entangle1  半人前   投稿数: 39
暗黒物質は幻か?
http://www.nikkei-science.com/201905_042.html

今月号の日経サイエンスの記事です。

1930年代にスイスの天文学者が言いだし、1970年代にはアメリカの女性の天文学者ルービンが「銀河系内にも暗黒物質がある」と言いだしました。
さて、天体の運行や重力レンズなどで、あるいは宇宙構造の大規模シミュレーションなどで「宇宙の出来事」としての暗黒物質の存在には相当な信憑性があります。
しかしながら、地上での暗黒物質ーー>新粒子の観測はいまのところどこの国も成功していません。
さてそうでありますから題名の様に「暗黒物質は幻か?」というような事を言い出す方が出てくるのです。

暗黒物質を探している。
しかしながら、なかなかそれが見つからない。

原因は2つ考えられます。
1つ目はサイエンスの題名のように「暗黒物質は幻である」というものです。
それはまるでかつての光を伝える媒質としての「エーテル」を探しているようなものである、という立場です。

もうひとつは「探し方が悪い」というものです。
ものを落としたら、落とした場所で探すのが鉄則です。
そこは暗いから、落とした(であろうと思われる)場所ではなく、この明るい街灯の下で探しているのだよ、と言うのでは永遠に見つかるはずがありません。

そうして皆さん、1番目の理由には思いあたる所があり、従って「暗黒物質を使わない理論」-->修正重力理論を注目しましょう、という記事がこうしてサイエンスにも載る訳です。
しかしながら、決して2番目の所には思いあたる所がない様です。

2番目の所は「暗黒物質がある、としたらそれはいまだ発見されていない新粒子に相違ない」という思い込みです。
そうして「どのような新粒子であろうと、物質粒子であるからは、既存の物質粒子との衝突という形での相互作用は必ずある」という先入観念になります。

地上で行われている暗黒物質の探索は主に「キセノン原子と暗黒物質粒子との衝突がある」という前提のもとに進められてきました。
そうして、それらは全て、今の所は「空振り」であります。

しかしながら、「キセノンの発光が見当たらないから暗黒物質などというものはない」というのでは「水などというものはない」と主張する水中のお魚さんと同一レベルであります。

そうでありますから、人としては真実を求め続けなくてはなりません。
こうして地上での暗黒物質の直接観測は今後とも継続して続けられるものとは思いますが、「本当はどうなんだ」という議論は今後ともますます盛んになるものと思われます。

追伸
我々の宇宙の一番の基本は質量というパラメータと時空構造にある様です。
そうして、時空構造は質量とは切っても切り離されない関係を持っている、そのように見えます。

それに対してそれ以外の3つの力(電磁気、強い力、弱い力)は形を作る粒子に対して作用し、この世の中に形を、銀河を星を惑星を、そうして生命を生み出している事に関係している様です。

そうであれば、より基本的な力は質量と関係をもつ力、それは重力(引力)として現れたり、斥力として現れるのですが、その力がまずは最初にある力である、という事になりそうです。

その上に、それを前提として、形を作る粒子とそれらと関係を持つ3つの力が働き、この宇宙を作り上げてきた、そういうシナリオが見えている様であります。

さてそう言う訳で、「形を持たないが質量を持つ存在」、別名を「ダークマター(暗黒物質)」といいますが、そのような存在に対しては「形がある事を前提とした衝突現象の観測による存在の確認行為」というのは「原理的に不可能である」と言う事になります。


http://archive.fo/vJXsi
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2019/3/31 22:38
entangle1  半人前   投稿数: 39
https://wired.jp/2019/02/11/for-dark-matter-hunters/
↑<--リンク
・「ダークマター」の正体に迫れるか? 宇宙の謎を巡る研究に方向転換の動き

ダークマターは普通の物質粒子ではないでしょう。

それはブラックホールですよ。

https://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/10214_darkmatter

・ダークマターの正体はブラックホールではなさそう

彼らがやった事は、巨大なブラックホール天体がダークマターの主要素ではない、と言う事を証明しただけです。

『ダークマターの候補として挙がっている物質は、「アクシオン」のような非常に軽い粒子から「MACHO」(銀河ハローに存在するかもしれない大質量でコンパクトな天体)まで、質量の範囲で90桁にもおよぶ。
MACHOの一例としては、宇宙誕生の直後に作られ、太陽の数十倍から数百倍の質量を持つとされる「原始ブラックホール」も含まれる。
・・・・・
この結果からZumalacárreguiさんたちは、原始ブラックホールやMACHOは、仮に存在するとしても宇宙のダークマターのたかだか約40%を占めるにすぎないと結論した。
さらに、「Pantheonカタログ」と呼ばれる別の超新星カタログで1048個の明るい超新星を用いた最新の解析では、より厳しい23%という上限値が得られている。』

さて、原始ブラックホールは上記の様な方法でその存在数を推定可能ですが、もう一つのブラックホール、プランクスケールのものはどうやったら検出できるのでしょうか?

『「ダークマターが、非常に重いブラックホールと非常に軽いブラックホールの2種類からなる、またはブラックホールと未知の粒子からなると考えることもできます。・・・」』

非常に軽い、ほとんど質量がゼロでしかもブラックホールであるものが、ダークマターなのですよ。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%AF%E3%83%AB%E3%83%84%E3%82%B7%E3%83%AB%E3%83%88%E5%8D%8A%E5%BE%84
↑<--リンク
シュワルツシルト半径を持つ質量に下限はなく、いかなる微小な質量に対しても、シュワルツシルト半径が定まる。
そのため、素粒子質量のシュワルツシルト半径も計算上存在することになるがプランク長以下である。
素粒子には大きさがないという説があり、その場合シュワルツシルト半径の存在は無視できない。
しかし、プランクサイズ以下の長さ自体が存在するのかどうかは分かっていない。』

さて、プランクスケール以下のサイズのブラックホールは他の物質を飲み込めるか、という問題が出てきます。

事象の地平がつくる球がブラックホールがものを飲み込む入口ですが、すべての物質粒子はその入口よりサイズが大きいのです。

そうであれば、この小さなブラックホールは「物を飲み込む事が、光すら飲み込む事ができない」そう言う存在になります。

さてそれでは、「この小さなブラックホールはもう一つの小さなブラックホールと合体できるか」という問題に移りましょう。

重力でしかこの小さなブラックホールは相互作用しません。

したがってそこには物質粒子同士の様な「衝突という現象」は起こらないのです。

つまり、衝突断面積はぜろ、なのですよ。

これはお互いがけっしてぶつかるという事なくすり抜ける、と言う事の別の表現になります。

こうしてこの小さなブラックホールはけっして他の物質粒子や他の小さなブラックホールと衝突することなしに存在し続けます。

以上の事から分かる事は、「物質粒子との衝突によってダークマターを検出しようとする試みは決して成功する事はない」と言う事であります。

加えて申し添えれば「どれだけ強い磁場をつくってみても無駄」と言う事でもあります。

まあ、そういうことでありますから、「答えは目の前にぶら下がっている」「しかし皆さん、それがまるで見えていない」そういう意味からもダークマターなのであります。

PS
プランクスケールのBHは物質粒子との衝突断面積はゼロで良いかと思われます。

しかしながら、この小さなBH同士の衝突断面積はゼロではありませんでした。

それは双方のBHがもっているホライズンの半径が与える円の面積となります。

しかしながらそれはいずれにせよプランクスケールの断面積であって、これは実質上はゼロとみなしても支障はなさそうです。

つまりこの小さなBH同士が衝突して合体する、ということはほとんど考慮しなくて良いものと思われます。




http://archive.fo/Q2Pkq
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2019/4/4 14:47 | 最終変更
entangle1  半人前   投稿数: 39
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/033000143/
↑<--リンク
・【解説】ダークマターない銀河を発見、なぜ重要?

ダークマター探しは本当に興味深いですね。

そうして、
http://bamboox.wp.xdomain.jp/2016/12/11/%E3%82%AD%E3%83%8E%E3%82%B3%E3%81%AF%E5%8D%83%E4%BA%BA%E3%81%AE%E8%82%A1%E3%82%92%E3%81%8F%E3%81%90%E3%82%8B%E3%80%80%E7%9F%B3%E6%A9%8B%E3%82%92%E5%8F%A9%E3%81%91%E3%81%B0%E6%B8%A1%E3%82%8C%E3%81%AA/
↑<--リンク
「キノコ(松茸)は千人の股をくぐる」
と言われます。

私には「ダークマターは万人の股をくぐっている」様に見えて仕方がないのであります。


第二章
ホームズさん曰く、「犯人は目の前にいる」と言ったとか、言わなかったとか。

頭の上に持ち上げたメガネはなかなか見つかりません。

えらい人が「そこは探したけれどなかったよ」と言われれば、初学者はなかなか探しには行きません。

ましてや自分が一度探した所をもう一度探す、ということは、、、いや、日常生活であればしょっちゅうやってますが、ダークマター探しではやりませんね、皆さん。

そうしてとうとう「ダークマターなぞは存在しない」と言いだす始末です。

まあそんな事をいうのでしたら「プランクレベルのBHの可能性」を考えた方がよほど生産的の様に思うのですが、さてどうなんでしょうかねえ。

いずれにせよ、いずれは「ホーキング放射で本当にBHは蒸発するの?」という疑問に戻ってくる様に、戻らざるを得ない様に思われます。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2019/4/11 15:27 | 最終変更
entangle1  半人前   投稿数: 39
・ブラックホール捉えた世界の望遠鏡 直径は地球サイズ
https://www.asahi.com/articles/ASM4B4GKCM4BULBJ00L.html
↑こうやって撮影した、と言う説明。
研究チームが作成した動画あり。

・史上初、ブラックホールの撮影に成功!8つの電波望遠鏡束ねた「イベント・ホライズン・テレスコープ」で画像化
https://japanese.engadget.com/2019/04/10/8/
国立天文台の記者会見動画付き。

・ブラックホールの撮影に成功 世界初 一般相対性理論を証明
https://mainichi.jp/articles/20190410/k00/00m/040/249000c#cxrecs_s
↑簡単にまとめるとこうなる、と言う記事。

いずれにせよ大きければこんなばけものになるBHがプランクスケールになってそのあたりの我々の周りを飛び回っている、などと言う事は、簡単には信じられませんよねえ。

・ブラックホール撮影に貢献、29歳女性科学者に脚光
https://www.afpbb.com/articles/-/3220424?pid=21162163
『画像の正確性を確保するため、ハーバード・スミソニアン天体物理学センターはデータを異なる4チームに渡し、それぞれのチームが独立してバウマン氏のアルゴリズムを使い画像を作成した。
1か月の作業の後、4グループはそれぞれの結果を他グループに発表した。』

こう言う事がやれるパワーと言うのがアメリカのすごい所ですね。

追伸
M87、ウルトラマンの故郷でした。
彼も大変な所に生まれたものですね。

https://cosmic-album.jimdo.com/%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B9-1/m87%E9%8A%80%E6%B2%B3%E3%81%AE%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%83%E3%83%88%E6%94%BE%E5%87%BA/
M87銀河、あそこのBHはジェットを出している事で有名でした。
そう言う訳で、BHの姿もさるものながら「ジェットのかげでも見えないかなあ」とは、たぶん研究者の方々は思っていた事でありましょう。

PS
以下、ご参考までに。

ブラックホールの写真、一体何を写したものなのか?
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/56127

ブラックホール撮影を成功に導いた日本人の「魂」
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/56117

日本人としてはこう言う「苦労話、職人芸話」は好みではありますが、しかしながら例の29歳の女性のような方がそろそろ現われてもいい、そう言う方が活躍できる様な環境と言うものも必要かと思われます。

追伸2
ガンマ線観測プロジェクト
http://www.icrr.u-tokyo.ac.jp/~cta/observation.html
プランクスケールのマイクロBHがプラス質量からマイナス質量にジャンプする際にまれなケースでは光を放出し、そしてそれは高エネルギーのガンマ線になる事が予測されます。

さてそういう「高エネルギーガンマ線対応の望遠鏡」がようやく完成しました。

BHは地球サイズの電波望遠鏡でその像が見れましたが、このCTAと呼ばれる望遠鏡群もそれなりに大したものであります。

動画がついていますので、イメージがつかみやすいと思います。

まあものはついでに、ということで、以上ご参考までに

投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2019/4/13 11:24 | 最終変更
entangle1  半人前   投稿数: 39
・東大など、ホーキング博士の暗黒物質の説を覆した?
https://jp.sputniknews.com/science/201904066107551/

ホーキングさんが「PBHがダークマターの正体だ」と主張していたとは知りませんでした。

この話の詳細はこちら

・観測成果 ダークマターは原始ブラックホールではなかった!?
https://www.subarutelescope.org/Science/press_release/2019/04/01/j_index.html

しかしながら当方の主張
「PBHがプランクスケールのマイクロBHとなって存在し続けている。
それがダークマターの正体である。
そしてそれはホーキングさんが主張したこと、PBHが蒸発して消え去る、ということは正しくはない」という主張でもあります。

以上の主張は今回のすばるの観測結果を持ってしても棄却できてはいませんね。

以下、要点の引用になります。

『月質量程度の原始ブラックホールの場合は、天球上のアンドロメダ銀河の星とブラックホールの位置関係、あるいはブラックホールの速度に従って、星の明るさの時間変化は典型的に 10 分から数時間にかけて起こります。
これは、変光星など明るさが変化する通常の星と比較して、短い時間変動です。
この重力レンズ効果では、星の多重像を分解して観測できず、一つの星が明るさだけ変化するように見える現象なので、重力マイクロレンズ効果とも呼ばれます。
・・・
しかし、重力レンズ効果は非常に稀な現象で、滅多に起こりません。
それでも、アンドロメダ銀河の多数の星を観測し、また地球とアンドロメダ銀河の間の広大な空間には大量のダークマター、つまり多数の原始ブラックホールが存在すれば、重力マイクロレンズが起こる確率は非常に高いはずです。
・・・
その結果、ダークマターが原始ブラックホールである場合は 1,000 個程度の重力レンズ効果を発見できるという予言に対して、たった1個だけの重力マイクロレンズ候補星を見つけました (図3)。
これが本当の原始ブラックホールの重力マイクロレンズ効果であれば大発見となることから、追観測が待たれます。
逆に、たった1個の重力レンズ候補天体しかなかったということは、これが本当の原始ブラックホールであったとしても、原始ブラックホールの総量はダークマターの約 0.1% 程度の質量にしか寄与していないことになります。』

PBHで「月質量程度の原始ブラックホールの場合」を探索しました。
1000個見つかるはずが1つ見つかりました。
したがって、ダークマターの候補としては「月質量程度の原始ブラックホール」というのは不適当ですが、この一つがPBHとすると「大発見」になります。・・・
という主張です。

そうして当方との主張との大きな相違は「探索すべきPBHの質量の大きさ」にあります。
探索すべきは「月質量程度のPBH」ではなく「プランク質量程度のPBH」なのですよ、すばるさん。


http://archive.fo/TQUp6
http://archive.fo/aYjvw



投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2019/5/10 3:05 | 最終変更
entangle1  半人前   投稿数: 39
ダークマターの記事、あるいはマイクロBHの記事を書く為に、検討し計算するためにいろいろな方の資料を参考にします。
そう言う中で、ある理論体系の方々が「あれは有効理論にすぎない」などと一般相対論について言っていたりします。

そのくせ、自分達がそれでは十分に対抗できる重力理論を作り上げたのか、といえばそうではありません。
そのような理論が作れるであろう、という見込みだけであります。

自然と言うものは、宇宙と言うものは、たぶん、「傲慢な方には聞こえない様な小さな声でしか自分を語らない」というのは、まあ当方の印象です。
そうして「どのように自分たちが作り上げてきた理論が壮大である様に見えたとしても、自然がそのようでなければほとんど意味がないものになってしまっている」というのは今までの歴史が示している事であります。

研究者の数が多いとか、これがこの分野の主流の考え方である、とかいうような事は、自然にとっては何のかかわり合いもない事なのでありますから。
ゆめゆめ、その事は忘れてはならない事であります。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2019/5/22 1:37 | 最終変更
entangle1  半人前   投稿数: 39
ダークマターを探していったら、その先にダークエネルギーがあった、のか?
そのような結末になったとしたら、これは本当に「うそのような本当の話」であります。
ダークマターはまだ通常の物質、未発見の素粒子である、というような見方もできます。
しかしながらダークエネルギーときたら、これは本当に「とんでもないもの」の様であります。
そうでありますから、もし我々がそれを説明しようとしたらやはり「とんでもない事の一つや二つは飲み込む度量」と言うものが要求される様に思うのであります。

追伸(5・24)
宇宙はマイナスエネルギーが必要な事は分かっていた。
しかしながら、最初のインフレーションでマイナスエネルギーを一緒につくる事はしなかった。
それは「火と氷を一緒につくったら、ただのぬるい水にしかならない」と言う事を知っていたから。
そうであればまずは「火をつくった」。
そうしてあとから巧妙な手段をもちいて氷をつくりましたとさ。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

このトピックに投稿する

題名
ゲスト名
投稿本文
  条件検索へ


ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget