メインメニュー
PR
facebook
別フォーラムへ

なぜ、"場の量子論は未完"なのか


投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 | 投稿日時 2018/11/3 0:26
OK_like-mj  半人前   投稿数: 36
普通の人は、朝永振一郎やR.P.Feynmanが
繰り込み手順を完成させたので
もう問題は、解決済みであると思っている人も
多いだろう

でも、立川裕二さんなど、事あるごとに
場の量子論が、今問題である事を繰り返している

これは一体どういう事なのか

結局思うのは、量子の場を1点の近傍で
相対論の要請を満たすような交換関係のみで
構築した場合
そもそも空間的な局所相互作用が特徴である
波動関数としてのEntangle性
つまり、量子状態が壊れる瞬間の見極め
というものが果たして
そこに表現されているのかと言えば
話しの中心は、素粒子反応のHotSpot近傍
でしかない事に気づく

HotSpot近傍の状態を、もっと広い領域へ
"解析接続する"など眼中にない

ところが、Black Holeの熱力学に端を発した
Hologram原理では、大栗さんは、
このMissing Linkとも言うべき
Entangle性を時空生成と関係させたらしい

その背景のKeyとなるのが
笠-高柳公式
https://arxiv.org/pdf/hep-th/0603001.pdf

またもやBlack Holeがネタになっている
つまり、あの世とこの世を分ける
event horizonがネタの打ち出の小槌って
訳だ

まじめに、波動関数をいくら考えたって
Entanglementの本質など分からない
あの世と、この世の実在する境界という
現実性のある思考実験が、事の本質を暴くのだ

うれしい事に、そうした現物を記述する
古典的な道具立ては完璧であり
そこにEntangleとは、"どう記述すべき"か
という問題の本質を暴くとっかかりがある

こうした傾向は、量子力学発見前夜にも
作用という量を中心に様々展開された実績が
ある
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2018/11/3 0:47
OK_like-mj  半人前   投稿数: 36
Feynmanの path Integrelから
量子力学を導くことが出来る点で、等価な理論と言われているが...

かたや4次元時空で行う連続無限次元の積分で
Atiyahが、corbodismで有限化したって訳だが

そこには、Entangle性は隠されている

長らく、みんなの疑問点は
量子力学の本質とも言える
Entangleと場の量子論は、どこでつながるのか

それに、Black Holeという思考実験の場が
提供され、答えの一部が見えてきたって事だ
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2018/11/3 7:08
OK_like-mj  半人前   投稿数: 36
より正確には
朝永たちが作った手順は
量子電磁気学の範疇での散乱振幅等の
計算方法の確立であって
力の多様性に対応した形でのものは
例の、坂田・梅澤・亀淵論文なのだろう

それには、ゲージ理論というフレームへの理解が
必要なのだろう

Yang-Millsのようなもっと広い理論を
射程に入れた繰り込み概念構築が必要と思われる

違うのかな

何れにしても、無限の項を厳密に足すと
問題が発生するのを回避する一般的物理的な
手順があるって事だ
古典論的にも、電子の自己energy計算が
粒子が存在する位置で破綻する事は分かる

すべての素粒子に共通する手順なんて
大変な理論だけど
ゲージ場で、すべてが記述できるのであるなら
その範疇でしか解決の道は無さそうだ


投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2018/11/4 1:47
OK_like-mj  半人前   投稿数: 36
面白い展開が
partition functionを中心に様々見えたのは
Zeta函数や函数等式が、解析接続の果ての全貌を
明らかにする打ち出の小槌のようなもの
と似た事なんだろう

Path Integralだって、その1種に過ぎないとも
思われる

いろんな人が、それに目を付けた

一方で、Black Holeという素材が
量子論と一般相対論の
critical Logicを内包しているという事実

そういう面白さはアルにしても

室温超伝導などというモノが
現実的に可能なのか、不可能なのか
可能であるなら、どういう物質系を構築
する必要があるのか等への答えは
あまりにも現実なのだ

それでも事実、白鳥座Cyg X-1は
Black Holeとして実在するのだろうし

Bose_Einstein凝縮機構を生成する
cooper_pairの仕組みは分かりやすい
ってダケで終わって欲しくはない

みんなが考えるように
そういう現実を手にすれば
人類の未来は、かなり約束されたような
ものに一気に変貌してしまうからだ
投票数:0 平均点:0.00
返信する

このトピックに投稿する

題名
ゲスト名
投稿本文
  条件検索へ


ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget