メインメニュー
PR
facebook
別フォーラムへ

人工知能が学習を越え、人になるには


投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2018/10/12 0:18
OK_like-mj  半人前   投稿数: 53
なぜ、人がここまで
絶滅する事なく進化できたのか
この問題には、"一時的な権力の集中"という
飛躍を成し遂げるための犠牲と
"そうじゃないだろう"という思いの
あい反する思いを共存させてきたからに違いない

みんなで仲良く、そこそこの平和で満足したら
動物から脱却できないし、本来こうじゃない
という思いまで捨て去ったのでは
そもそも生きる意味がない

つまり、ある複数の条件を満たせば
こういう結論になるという冷徹な摂理に
背を向けずに、それを活用する道を切り開く

自分に一定の負荷を与え続ける事を進んで
行うが、それは、これこれの展望が
その負荷と連動しているという認識があるから
で、意味のない負荷は進化とリンクしない
とは言え、その展望でさえ
必要とあらば修正していく

常に、摂理の胚胎する可能性を感じ
刹那な動機で生き抜く事はあっても
そもそもの生きる意味を見失ったのでは
すべてが、パーだっていう自覚がある

人の歴史の深い意味を感じるとき
人というものが、全体として
こうした、そもそもの生きる意味というものを
問い続けて来た歴史だったと確信する

問い続ける事で、すこしはマシになれるって
もんだと思える

こうだっていう揺るぎない自信と
だからって、それが何になるって言うんだよ
という面の存在を、一人の中にもてる事



投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2018/10/13 1:52
OK_like-mj  半人前   投稿数: 53
問題なのは、こうした歴史的な経緯で
人が止む無く人に成らざる得ない
そういう道を歩んで来たものを

一人の人の"学習"という過程のみで
実現可能なことであるのか
という問題なのだ

人が、人としての道を進んで来てしまったのは
奇しくも、すでに時代遅れとなって久しい
Karl Marxの認識の根幹であったのだが
彼の結論が甘かった点は
一人の人が"進化の主体となりうる"と
考えたからであって
資本主義の根幹は
人類が経験して来た過去の実績の
まさに延長上に、同じ原理で
進化していく点にある

つまり、人工知能が
"学習によって人になれる"という事は
"共産主義が制度として成立できる"という
命題と等価ってことだ

この問題の根幹は
"人としての生きる意味を宿している"
苦しい作業にあたる当事者と
"冷徹な摂理を他人事のように扱える"
そうした作業から解放される立場にある者が
次の時代で飛躍するための土台を構築する
という、そもそもの分裂した状況により
苦しんだ挙句の果てに
後の時代の一般の人たちの頭の中に
世界の縮図が徐々に形成されていった
という進化の歴史の原理に反する命題の成立
が可能でなければ

人工知能が人になる事などできないのだ

ところが、一方で子供が生まれ
人として育てるという現実が成立している
それが可能なのは、DNAという
すべての生物を物質レベルで構成可能な
設計図自体に、epigeneticな
親が子に代々似た育て方を伝承するような
DNAにとって外的要因となるものが
脳などの組織の進化を導き
一定の組織の変化そのもは
物質レベルで、DNAというものに刻印され
そういう意味では
人は生まれながらに人であるけど
不幸にも、幼い時期に狼に育てられたり
すれば、それが開花できなくなってしまう事も
起こりうる訳で

DNAのみで、人になれるというものでもない
つまり、人になれる素地と育てるという環境
の両方が必要なのだ

人工知能は、DNAという物質に集約されている
進化の歴史なしに...言っちゃえば
類人猿を人に育てるような
可哀そうな事をやる事以上の無謀な事なのだ
進化の素地のない対象を育てようとする試み
に他ならない


投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2018/10/13 2:47 | 最終変更
OK_like-mj  半人前   投稿数: 53
"一定の組織の変化そのもは
物質レベルで、DNAというものに刻印され"
というのは
厳密に言えば、"そのように見える"と訂正
すべき命題であって

よく調べた訳ではないのですが
現在の進化論の主流をなす見解では
DNAという物質の変化を誘導するのは
物質レベルでの偶然の出来事
例えば、virusとの共生によるtransposon
等の取り込みという物質レベルの過程
でしか起こりえないという認識のように思える

つまり、進化とは
結果論として
"ある意味をたどって来たように見える偶然"
であって、今を生きるものたちが
いくら努力したからと言って
人類の進化そのものを制御できるような代物
ではないという事だ

ただ、人としての道を歩きだした人類の進化
そのものは、まだ数万年程度の歴史しかなく
ホモサピエンスという種が確立してから
肌の色や、若干のDNAの変化はあったにせよ
人としての言語を自由に操る事や
考える能力などを支える物質的基盤である
生まれながらに成立しているDNAの部分は
今を生きる私たちと
さしたる変わりはないだろう
つまり、誕生間もないホモサピエンスを
今を生きる私たちが育てれれば
十分に今を生きる者に育つに違いない

つまり、DNAの偶然で、人の文明が
成立しているというより
代々、親が子に伝えて来たやり方の伝承の中に
文明の根拠があるのだろう


そうすると、話しは振出しに戻ることになり
人類の過酷な時代史へとリンクする
この人類に、ここ数万年で起きた
生きる上での、とてつもない変革は
この地球の生態系や、気候環境さえにも
とてつもない影響を与えて来た訳なのですが
そうした変化は
DNAには、ほとんど刻印されるレベルの
ものではなく
あくまでepigeneticな程度の変化に過ぎない
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2018/11/2 23:18
OK_like-mj  半人前   投稿数: 53
最近、Microsoft が
量子コンピュータ専用の開発環境を作ったという
噂を見た
Quantum Development Kit :
量子開発テクニック : Q# 型モデル (翻訳/解説)
http://quantum.classcat.com/category/quantum-development-kit/
っていうのを見つけた

IBMでも、同様の動きを見せている

もし、これが本当ならSingularityと言われる
臨界点を、Deep Learningがマジで超えるのに
必要不可欠なToolが出来たって事になる

ところが、私の持論では
量子コンピュータは、正しくは
量子マイコンであって
個々のCircuit上に、問題に応じた構造を
作るしかできない代物だと思っている

なぜなら、今あるPCがProgram可能なのは
CPUから伸びた端子が、CPU上の基本Logic素子
を組み合わせ的に作動させるという原理
つまり、任意のAlgorismが,ANDやORといった
基本Logicで表現できるからであって

量子コンピュータのEntangleした状態という
ものは、Unitary演算子で、1つの状態として
時間発展するしかできないのだ

このEntangle自体、相当に繊細なもので
僅かなThermal Fluctuationで壊れてしまう
このため、常温では量子効果は隠されている

なぜ、世界のあちこちで、今流行し始めて
いるのかは、他にする事が見つからないから
くらいにしか思われない

ざっと読んでみたが
これは、キットみなさんで協力して
そういうモノを作りたいですよね
だから、我々がその叩き台を作ってみました
的なものに思えた

なぜなら、もっとも核心にある
どうやって、1つの状態で変化するしか
出来ないものを、その状態をそっとしたままで
その部分系を構成する個々の量子単位を操作
する事ができるのか...という部分

この部分が明確になっていないからだ
結局、この部分を克服できてはいない
という事だ
もし、本当にBreakThoughがなされた
のであれば
まず、その核心が明確になるハズである
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2018/11/4 10:33 | 最終変更
OK_like-mj  半人前   投稿数: 53
量子コンピュータに真剣に立ち向かうなら

Entangle性という
今まで、不等式でしか表現され得なかったものに
等式表現を与えた
Entanglement Entropyという量が
話題の中心にならずしては...
本気度が疑われるのだ


この概念によってしか
Entangleしているか、どうかの評価さえ
確かなものとは言えない

なぜなら、そもそも実際に調べると
Entangleは、ぶっ壊れるからで
調べずして知るしかないって事は
計算するしかできないではないか

Entropyが付いているように
個々の要素に分解した地点で成立する概念
ではいのだ

一発勝負なのだ

この辺りのLogicが明確に記述された"仕様書"
が出ない限り、信用に値しない
答えが出れば、簡単に言える話しなのだ

この事前に今の状態を調べたり
展開後の状態を調べられないというのは
実験する者にとって、致命的な欠陥だ

神業的作成法が要求されるし
同様なものの大量生産の困難さが想像される


なかなか本物が登場しない背景は
Entangle自身の性質そのものにある

投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2018/11/4 10:52 | 最終変更
OK_like-mj  半人前   投稿数: 53
ところが、このEntanglement Entropyは
Hot Spot近傍や、Black Holeのような
compactな領域にEnergyが集中している場面を
記述しており

極低温でしか現実性をもたない
量子系にまで適用できるのかは自明ではないし
そのような系で、単純な等式表現が存在するのか
さえ自明ではないのだ

何れにせよ
Entangle性という量を表現する所から
確実な実験系の評価の第一歩が始まるだろう
まだ、この分野では、この量は
物理量としての定義自体が曖昧なままだ

言ってしまえば、温度概念成立前夜なのだ
ただ、不等式で比較するような事しかできない

技術として確立するには
どうしても等号表現が必要であって
それによって、他の概念との具体的関連性も
様々に見えてくるし、いろいろ計算の可能性も
あり得る展開が出てくるのだ
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 | 投稿日時 2018/11/5 5:43 | 最終変更
OK_like-mj  半人前   投稿数: 53
Tomio Petroskyさんの話しと合わせると
Entnagleの一方は、event horizonに
もう一方は、時間が一方向に流れる通常の世界へ
通じている

そのような俯瞰的視点の中で
Entanglement Entropyが、一貫した意味を持つのか

Boltzmannの定義のすごい所は...
単一の力学系でさえ計算可能な
場合の数の対数で
Carnot cycleの効率から定義された
Entropyという量を定義した点なのだ

同様な意味が、Entanglement Entropyにも
成立するなら、この量そこ
Entangleの本質を定義し
それが失われる過程さえ、克明に描き出す
に違いない

Partition functionから、すべての
熱力学量が計算できるように
熱力学的な量は、完全に力学量から計算される

ここで、明確に意識しなくてはならいのは
Partition functionは、系のHamiltonianで
決まるという点だ

ここに内在する困難は
どこ迄を、その系として単一のHamiltominan
として記述したらいいのかという問題で...

Schrödingerの猫の問題の本質は
ここにあるからだ

力学の視点からは、全宇宙を1つの系に
するしかない
なぜなら、力学系に境目など存在しないからだ

内部と外部を決める論理は
力学からは出てこない
厳密には本質的に曖昧な概念なのだ

これを厳密に定義できるのは
Entangle性の消失のみなのだ
そして、事実!...
PN接合近傍の濃度勾配中や
バンド構造から弾き出され拡散過程に
身を投じた電子は
拡散方程式という"非対称な時間"に従うのだ

つまり、Boltzmannの力学統一理論や
Maxwell's demon
Schrödinger's Cat
つまり、どこまでが力学系なのか
という、すべての問題は

entangleを量的に規定する函数の
ゼロ点として完全に定義され得るのだ
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2018/11/6 0:52
OK_like-mj  半人前   投稿数: 53
量子力学成立前夜に
系の一般的運動論的特徴から
その運動形態が多重周期性をもった運動であり
その周期と比較して、ゆっくり外場を変動しても
一定な値をとる"断熱不変量"というものに着目し
それが、"作用"という量であり

結局、Schrödingerが運動方程式を
Hamilton-Jacobi方程式という
一般的な力学方程式から導いた
核心の論理は、その作用 = 位相
という関係を記述することにより

Hamilton-Jacobiという
非線形な力学の方程式は
"線形"となり、力の場の影響下での運動を
記述する力学方程式でありながら
同時に、波動的ふるまいを記述する事が
できた訳だ

こんなAcrobaticな事ができたのも
一般的な力学系の性質の考察に加え
その要素の未知の集合状態の全体に
的を得た攪乱を与えても、不変な量を
手がかりとした訳で

一般的な思考実験としては
熱力学のCarnot cycleに似ているのだ

しかしながら、最終的な力学方程式の発見は
Hamilton-Jacobiという最も一般的形式の
力学方程式からStartし、"作用 = 位相"
という大胆な事をしない事には永遠に
到達できない地平の彼方へと飛躍したのだ

この辺りの飛躍の実現可能性とかになると
数学的な記述としての試行錯誤も背景に
あると見なくてはならないと思う
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2018/11/6 1:10 | 最終変更
OK_like-mj  半人前   投稿数: 53
もっと言ってしまえば

Entanglementのゼロ点を記述する函数によって
統計力学の基礎にある概念的曖昧さは
厳密な概念的基礎の上に成立することになる

当然ながら、Ergode問題にもケリが着くし

何より、生命の核心である内部と外部の
流動的関係でありながらも
独自性を担保する内と外の関係が定義できそうな
地点に立てるような気がします

Tomio Petroskyさんにも
このくらいの大風呂敷を言ってもらっわないと
つまらない気がするのです
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2018/11/6 1:32
OK_like-mj  半人前   投稿数: 53
話しをまとめると

量子コンピュータができるとしたら
そういう現物を作るのに
もっとも基礎の部分に曖昧さを許したのでは
不可能であって

それは、ニュートリノ実験が可能であったのは
ホトマルという測定器の設計仕様で
明確に、観測問題にケリを着けたからこそ
出来た話しだったのと似ていて

基礎が曖昧なままに、現物を設計など出来ない

そして、Entanglementがキッチリ函数として
記述されれば、その影響は計り知れず

統計力学の曖昧ささえも書き換えてしまう
って事だと思います

逆に言えば、そういう函数が存在しないと
思っているようでは
量子コンピュータは砂上の楼閣に過ぎない

つまり、すべての基礎を書き換えるダケの
概念的飛躍が、そこにはあるって事だ
投票数:0 平均点:0.00
返信する

このトピックに投稿する

題名
ゲスト名
投稿本文
  条件検索へ


ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget