メインメニュー
PR
facebook
別フォーラムへ

数学好きの高校生に朗報


投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2018/9/28 0:32
OK_like-mj  半人前   投稿数: 53
Ramanujanを日本語"ラマヌジャン"で
youtube検索すると、9/27現在2番目に Hitする
動画や、数々のリーマン予想や多重三角関数に
関する書籍で、多くの一般人にも知れ渡っている
黒川重信さんの凄すぎる書籍があるのを見つけた

1つは、何と"リーマン予想を解こう"という
タイトルで、技術評論社刊だ
税抜きで、1580円 2014年3月25日初版だ

もう1つは、大栗さんとWittenさんの
Kavli IPMU(カブリ数物連携宇宙研究機構)
での歴史的対談
https://www.ipmu.jp/sites/default/files/webfm/pdfs/news28/08_Roundtable-J.pdf
じゃないけど
小島寛之さんとの対談で

以前、数学セミナー別冊で
森田茂之さんと志賀浩二さん達がやった対談
対話 20世紀数学の飛翔シリーズ
"トポロジーの展開"や
数理科学で佐藤幹夫さんと杉浦光夫がやった
対談"数学の方向"
のようなウキウキさせる内容だ

この手の本は、きっと高校生を刺激し
その道へといざなう事間違いないだろう

つまり、歴的総説になっている点と
数学の神髄を体現されている黒川さんの
真骨頂が、この2冊にはある

やっぱ、Sir Michael Francis Atiyahが
いくら GalireoゆかりのPisa大出版部から
出した
"The geometry and physics of knots"
https://maths-proceedings.anu.edu.au/CMAProcVol22/CMAProcVol22-Atiyah.pdf
が、いくら世界を激震させた金字塔ではあれ
日本語で読めないと、ピンと来ませんからね
投票数:0 平均点:0.00
返信する

このトピックに投稿する

題名
ゲスト名
投稿本文
  条件検索へ


ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget