メインメニュー
PR
facebook
別フォーラムへ

昆虫の日本列島での分布


投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2018/5/29 21:00
Chryso  スタッフ   投稿数: 4760
地球科学と、昆虫の生態と、昆虫の分布の本を偶然、短期間で読んだ。それから感じた感想...というものもあってもいいだろうと。

昆虫の分布といっても弧状の日本列島という狭い範囲のなかの話で、非飛翔性の昆虫のDNAを調べてみると、日本列島に大陸から北から来たグループ、南から来たグループ、伊豆半島のような元海洋島にいたグループなど...にわけられるらしい。DNAで、その種がどう種分化したのか調べる。最近はそうかもしれない。

わざわざ飛ばない、地上徘徊性のゴミムシの、研究者しか知らない地味な種で調べているのがなんとも。種分化を調べるために、飛ばない、つまり歩いて分布を広げるしかない種を選んでいるのですね。もっとも生物学者は実験しやすい、検証しやすい実験材料を選ぶもので、これもそうでしょう。

それにしても、日本列島の成り立ちを調べるなら地質を調べるほうが、短時間で勝負がつきそうな。生物種xでわかっているけどyでわかっていない、(そのyがこの種)のは確かなので、調べるのですが。
...とつい高みから見てしまった。実際にはこれだけのことを証明するのに手間も労力も相当に必要で、大変です。

で、昆虫の進化について語っている本では、そもそも飛行できるのが昆虫の強みで、これで分布を広げてきたとか。じゃあそれができない非飛翔型の昆虫ってなんだろうか。

***

昆虫の生態、調べるほどに深くて、絶妙で、そんなものが突然変異と自然選択でできるものだろうか、と思ってしまう。事実ファーブルはダーウィンの進化論を批判していたらしい。

とにかく時間は長く、その上に昆虫の1世代は人間に比べれば短く(人は20歳くらいで次の世代の子を生みはじめるのだが、昆虫は1年で1世代は進む。ざっと20倍の速さ。)1腹子数も多く、突然変異の起こりやすさも多く、人間の基準でものを考えてはいけないとは思うのだが。人の1年は昆虫の20年、1億年は20億年。
昆虫の絶妙な行動が進化できる時間なのかどうか。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2018/5/30 11:29
Chryso  スタッフ   投稿数: 4760
生物多様性というか、昆虫に限らず生物には例外が多く、統一した理論は成立しにくく、反例がみつかることが多いようで。

種分化でいえば、日本列島でできて、そのあとで大陸に移動した種もあるようです。DNA調べたらそういうことらしい。やってみないとわからない、ということですかね。

投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2018/5/30 12:04
Chryso  スタッフ   投稿数: 4760
昆虫の生態。

蝶(の幼虫)は狭食性で、特定の植物だけしか食べない。で、母蝶は、卵を産み付ける植物を前足でつつき(ドラミングというらしい)その植物かどうか判断するらしい。幼虫は移動力も小さいし、その葉を食べるしかないですし、これは母親の仕事です。

前脚には舌、というか化学物質を判定できる器官がある。

で、ナミアゲハでこれを集めようとしたのだが、かなりの量の前脚が必要になり、倫理的にもどうか、ということで、別の実験方法をとったらしい。神経を電気がどう流れるか調べました。

そこで、午前中は吸蜜など、栄養摂取にはげみ、午後に産卵する、という記述があったわけですが...
いわれてみれば、アオスジアゲハ、朝1番に畑のネギの花に集まっていて、一網打尽したことがあったな...

先日、信州のアルプスあずみの公園にオオルリシジミを撮影にいったとき、オオルリシジミは午前中は交尾、あるいは求愛、午後は食草の周囲のクローバーなどで吸蜜していました(笑)話が違う。

というか。そもそも種が違うわけで、これも生物多様性、かなと。

投票数:0 平均点:0.00
返信する

このトピックに投稿する

題名
ゲスト名
投稿本文
  条件検索へ


ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget