メインメニュー
PR
facebook
別フォーラムへ

その人違いは同一人物


投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 | 投稿日時 2018/5/13 11:05 | 最終変更
東 遥  スタッフ   投稿数: 3418
最近ネットを賑わせているのがこの御話。

男の体液DNA型不一致「突然変異」…逆転有罪

現場の精液、容疑者のDNAと不一致 最高裁「細胞が突然変異した。精液は容疑者のもの」 有罪に

ぉぉう。因みに

大阪高裁判決(pdf)

最高裁判決(pdf)

※今のうちにDLしておきましょう。裁判所の資料は煩雑にURLなりを変えてしま(パン....ドサッ)....万国著作憲法愛護教会(以下略)並びに万国法務経済治安維持管理局(以下略)加えて万国法務経済労働委員会労務維持管理局(以下略)の混成部隊が(以下ry)




ィテテ。まぁ、あれですね。この判決の当該部分のポイントはブツが「配偶子」であったというところじゃないかなと。ぇぇ、減数分裂に絡めて "crossover" (邦訳の述語としては乗換え、交差、あるいは交叉とも)による組み換えが起きるので、体細胞のDNAと比較すると必ずしも完全に一致しない配列もあって不思議ではない。但し、それは俗に言う「突然変異」ではなく、乗換えにより生じるもので、それに伴う「突然変異」と説明するところを何も前提なくという述語を使ったところがアレなのかなぁ。と漠然と存じもうしあ(パン....ドサッ)....

 (最高級法院の意思か?)「突然変異の語を
  幅広い意味で導入し証拠証言の扱いの制約を解除して
  判断の根拠の扱いの高度な自由度を確保し
  司法の裁量を幅広げる原理的正義の意図を阻害し
  矮小な範囲に限定することで日本国民の自由を阻害し
  ひいては人類共通の自由平等博愛への希求に
  敢然と歯向かう悪辣な意図は
  法の加護の下にこれを断じて挫かねばならぬ!」


ィテテ。ぁぁ、今日は良く死んだ。困った者です。

まぁ、法務経済上も官憲司直が一度逮捕した者を違わず有罪にして臭い飯を食わせる流れを阻害しては貧しい日本の司法はたちゆかないし愚かな下級人民を威嚇する手段として示しがつかないからなぁ、とは知人の述懐するところでは御座いますが。


因みにシチュエーションは全然違いますがこうゆうものもある。

血縁なくても「父子」認定 最高裁 DNAで嫡出推定覆らず

以下は同報道よりの引用

 「妻が結婚中に妊娠した子は夫の子とする民法の「嫡出推定」規定は、DNA鑑定の結果より優先されるとの初判断を示した。」

 「いったん定まった親子関係を後の鑑定で取り消せるようになると子への不利益が大きいと判断した。」

だそうで御座います。法律って案外簡単そうでむつかしい。因みにこの報道では、

 A) 私の子は旧夫のではなく新夫のです!with DNA鑑定書
 B) 旧妻が産んだ子は俺の子ではない! with DNA鑑定書

の2類型が取り扱われてますが、いずれも

 最高裁「知らん!民法の規定に基づき旧夫の子、お前の子だ!」

だそうで御座います。

因みにしばしば伺う下記の事例

 C) DV甚だしい旧夫と離婚してから優しい新夫とまぐわったのだが離婚300日に足らず早産で新夫との子が産まれた with DNA鑑定書

という場合も、どうなるかというと

 法「DV甚だしい旧夫の子」

となります。これを否定し新夫の子とするには

 X) 新夫「オレの子です!ほら DNA鑑定書でもそうだと!」
 Y) 旧夫「オレが云と言わねば、オレの子さぁ。さぁ、飯つくれ(パァン!ドカッ!)逃げても無駄だぜフヘヘヘヘ(ギリッギリッギリッ)」

はい、(X)ではまったく取り合って貰えません。飽くまでも旧夫の嫡出否認 needless DNA鑑定書が必要で、(Y)の旧夫に接触=そのままDV再開維持継続....ぇーと、という訳で接触を躊躇って法律上は旧夫の子扱いのままとなります。

むつかしいものです。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2018/5/14 12:32
Chryso  スタッフ   投稿数: 4845
聞いた話とちょっと違うのは、DNA鑑定といっても、ゲノムの違いを調べるわけではなく、無意味で長く、人によって何回繰り返しているのかが決まっている「イントロン」の部分(何回繰り返しているのか)比較して、同一性があるかどうか决定する、ということですが。

そのイントロンの突然変異ってなんだ?
最近のDNA鑑定は進んでいるのかな?
投票数:1 平均点:10.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2018/5/15 19:46
くー  常連   投稿数: 130
警察で行うDNA型鑑定は(*2)
https://www.npa.go.jp/hakusyo/h21/honbun/html/l1220000.html

で、どこの会社の検査キットを採用しているかというと
http://www.npa.go.jp/yosan/kaikei/yosankanshi_kourituka/27review/pdf/26/26002000saishuu.pdf
マルチローカスキットの購入 とか アイデンティファイラープラスキットほかの購入 とかある

サーモフィッシャー社の
https://www.thermofisher.com/order/catalog/product/4427368
これだろう。
製品のユーザーガイド(*1)がある
https://assets.thermofisher.com/TFS-Assets/LSG/manuals/cms_076395.pdf
これで詳細が分かる。凄い時代になったものだ。

さてさて、DNA型による個人識別の原理は、DNAの一部には塩基の繰り返し部分があってその繰り返し回数が個人によって異なることによる。繰り返し回数を型として区別する。
検査する部分は沢山あり例えば8番染色体には
D8S1179座位に8回~19回(*1のp.11)の繰り返し部分があって個人によって異なる。
検査する座位は遺伝的に独立なので各座位の出現頻度を掛け合わせることができて、約4兆7千億人に1人という確率で個人識別を行うことが可能となっている(*2)。
投票数:1 平均点:10.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2018/5/30 11:45
Chryso  スタッフ   投稿数: 4845
たまたま読んだ本ですが(直感を裏付ける科学:神永正博)
DNA鑑定について言及していて、バースディパラドックス(グループが多くなるほど、「誕生日が同じ人が」多くなる。数学的には「そういうペアがいない」確率を求めるのだが、人間が思うより少なく、したがって、「誕生日が同じ人が」いる可能性が高く感じられる)があり、慎重にならなければならない。256万人でペアの現れる確率が50%超えるらしい。

ちなみに2007年にアメリカのメリーランド州、3万人のDNAデータベースでDNAの一致があったとか。

確率の話だから、3万人のデータベースの中に4.7兆の1の確率で同じと判定される人がいても数学的にはおかしくはないのだが..
(ないとは証明できない。というか、どこに出現するかは、数学は予言できない)
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2018/5/31 19:59
くー  常連   投稿数: 130
Identifiler Kitによる個人識別精度が約4兆7千億人に1人というのは、血縁関係にない集団での話でつまり親もなければ子もいない、兄弟だっていないという集団で計算したらこうなるというものです。

そこで、濃い血縁関係の親子、兄弟で15座位のSTR(Short Tandem Repeat、短鎖繰り返し配列)型がすべて同じ型(同じプロファイル)になる確率について考えてみます。

遺伝子は、親から子へ父親から1つ母親から1つ遺伝します。
↓ここの図が参考になるかも
http://perfect-news.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_c43/perfect-news/dslide11.jpg
http://perfect-news.blog.so-net.ne.jp/2013-12-26 の中の画像)

a,b,c,dをある座位のSTRの繰り返し回数(遺伝子、アリル)とします。

1 父親も母親もヘテロ接合体の場合
(1) 父親と母親が共通のアリルを持っていない場合
例えば、父親が (a,b) を持っていて、母親が (c,d) を持っているとき
子は、 (a,c)、 (a,d)、 (b,c)、 (b,d) の4通り
従って、親子でSTRは別の型となる。
兄弟では 25% の確率で同型となる。

(2) 父親と母親が共通のアリルを1個持っている場合
例えば、父親が (a,b) を持っていて、母親が (a,d) を持っているとき
子は、 (a,a)、 (a,d)、 (a,b)、 (b,d) の4通り
従って、父、母とも子と同じSTRになる確率はそれぞれ 25% となる。
兄弟では 25% の確率で同型となる。

(3) 父親と母親が同型の場合
例えば、父親が (a,b) を持っていて、母親が (a,b) を持っているとき
子は、 (a,a)が 25%、 (a,b)が 50% 、 (b,b)が 25% の3
通り
従って、父、母とも子と同じSTRになる確率はそれぞれ 50% となる。
兄弟では 37.5% の確率で同型となる。(a,a)ペアが 6.25%、 (a,b)ペアが 25% 、 (b,b)ペアが 6.25%

2 父親がホモ接合体、母親がヘテロ接合体の場合
(1) 父親と母親が共通のアリルを持っていない場合
例えば、父親が (a,a) を持っていて、母親が (c,d) を持っているとき
子は、 (a,c)、 (a,d) の2通り
従って、親子でSTRは別の型となる。
兄弟では 50% の確率で同型となる。

(2) 父親と母親が共通のアリルを1個持っている場合
例えば、父親が (a,a) を持っていて、母親が (a,d) を持っているとき
子は、 (a,a)、 (a,d) の2通り
従って、父、母とも子と同じSTRになる確率はそれぞれ 50% となる。
兄弟では 50% の確率で同型となる。

3 父親がヘテロ接合体、母親がホモ接合体の場合
父と母を逆にして2のとおり。

4 両親がホモ接合体の場合
(1) 父親と母親が共通のアリルを持っていない場合
例えば、父親が (a,a) を持っていて、母親が (c,c) を持っているとき
子は、 (a,c) のみ
従って、親子でSTRは別の型となる。
兄弟では 100% の確率で同型となる。

(2) 父親と母親が同型の場合
親子兄弟は同型となる

-------------------------------------------------------------

a,b,c,d の遺伝子頻度が分からなければ親子が同型となる確率、兄弟が同型となる確率は算出できませんが、とりあえず兄弟が同型となる確率は 25% よりは大きいと分かります。
となると、出現頻度が4兆7千億人に1人に関係なく、15座位で(連鎖していないとする)兄弟が同型となる確率は1/4の15乗で2の30乗、コンピュータのギガを使うと 1G分の1、約10億分の1以上の確率となります。これは、兄弟が2名の場合です。兄弟が沢山いる場合、南米とかでは7、8人兄弟でもまれではなさそうなので、バースディーパラドックスを考慮する必要があります。

-------------------------------------------------------------

だいたい、人間の集団は地域ごと民族ごとに血が濃そうだから、このような確率計算するときの前提となっているハーディワインベルグの法則が成り立っているとしていいのかな?

1 任意交配
 厳密には成り立っていないと思うが、計算上その影響は無視できるかな?
2 集団の大きさが大きい
 集団が小さいと近親交配が起こったり、遺伝的浮動(確率論的浮動)が起こったりする。遺伝的浮動はこの場合の確率計算に影響しないだろうが、集団の大きさについては山奥の田舎とか、古い土地では無視できないかもしれない。
3 突然変異・移住が起こらない
 移住はこの場合の確率計算に影響しないだろうし、突然変異の確率は十分小さい(注1)から無視できると思う。
4 選択が起こらない
 STRに影響を及ぼす選択が起こっている理由が思いつかない。

とすると、1番、2番を考慮する必要がありそうです。


(注1) STRの突然変異率は約 0.2% といわれている。(「最新DNA鑑定」p206, 勝又義直)
投票数:1 平均点:10.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2018/6/4 6:43 | 最終変更
くー  常連   投稿数: 130
 大阪高裁の判決文を読むと科捜研鑑定では D19S433 座位については、精液及び口腔内細胞ともに 14, 15.2 型のピークが検出され、甲大学では精液が 14, 15.2, 14.2型、口腔内細胞が 14, 15.2 型が検出されたというものです。

------------------------------------------------------------
製品のユーザーガイド(マニュアル)
https://assets.thermofisher.com/TFS-Assets/LSG/manuals/cms_076395.pdf
を見るとスタター(stutter)の記述があります。

 スタターについて説明しますと、DNA型を検出するために行っている反応は、検査キットに含まれる特殊なポリメラーゼ(DNA合成酵素)を利用したPCR(DNA合成酵素連鎖反応)で断片DNAを倍々ゲームよろしく増幅しているのですが、同じ配列を増幅しているとたまにスリッページといって繰り返し回数を少なく増幅することがあります。このとき生じる産物をスタターピーク(副産物ピーク)といいます。

John M. Butlerの「Advanced Topics in Forensic DNA Typing: Interpretation」の p95 にあるスタターの解説を参照します。


下の鎖が鋳型で上の鎖が新たに合成される鎖です。繰り返し回数1回分少ない方がリバーススタターで、多いほうがフォワードスタターで1回少ない、複製をさぼる方が多いですね。

 そもそもSTR型検査結果はどう出力されるかというとエレクトロフェログラム(electropherogram)という図で出力されます。Identifilerのエレクトロフェログラムは↓ここのがいいでしょう。


https://forensicdnaconsulting.wordpress.com/2011/09/26/understanding-the-independent-dna-experts%E2%80%99-report-in-the-amanda-knox-case-part-2/
型は図のようにピークとして検出されます。

 前述のマニュアル p93 には D19S433 座位のスタター産物の実験結果のグラフがあります。


繰り返し回数が多い型ほどスタター産物が大きくなっています。スリッページする機会が多くなっているので当然ですね。また座位ごとに大きさは異なっています。

 同マニュアルの p94 には各座位ごとのスタターとして判定する値の表があります。D19S433 は 11.2096% となっています。これは、例えば繰り返し回数が n でそのピークの高さを P_n、繰り返し回数が n-1 でそのピークの高さを P_n-1 とすると P_n-1 / P_n が 0.112096 以下(未満かもしれない)はスタター(副産物)と判定するということを示しています。
------------------------------------------------------------

 科捜研鑑定でなかった14.2 型のピークがいきなり大学で出てくるのはどうなの?
 14.2 型が、15.2 型のスタターである可能性は?
 科捜研ではスタターフィルターで落ちたピークが大学では落ちなかった可能性は?

 判決文からは判断できません。
投票数:2 平均点:10.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2018/6/9 16:34
くー  常連   投稿数: 130
親子鑑定でよく使われている STR ですが、突然変異について STRBase に出ています。
https://strbase.nist.gov/mutation.htm
AABB(American Association of Blood Banks) の2003年のデータですが、沢山の親子を調査し、STR の突然変異率を調べました。母方の突然変異率と父方の突然変異率と父母どちらか判断できないものの3分類で突然変異率を調べています。

昔、男の遺伝子の突然変異によって進化するとかFSCIに書いてきましたが、やはり STR の突然変異は点変異ではないものの男の方が高頻度ですね。

それは、卵子は減数分裂の回数も少なく女性の体内深く保存されているのに精子はもう数えきれないほどの回数減数分裂をし、体の外に飛び出た部分に保存され、DNAにダメージを与えてください状態だからというのが私の意見というか想像。

さて、突然変異率はローカス(座位)ごとに異なり、父由来での最高は SE33 の0.64%、最低は TH01 の0.009%です。
D19S433 は父由来で0.075%です。

これらの STR について父の全遺伝子が子に変異無しに遺伝する確率を計算してみると99.3%でした。真の父なのに否定される運の悪い父は0.7%(約140人に1人)です。
ただし、父母どちらか判断できないものの変異率を父の変異率に組み込むのが面倒なので父方の変異率だけで計算していますから突然変異無しに遺伝する確率は上の値より若干低くなります。

この数値を高いとみるか低いとみるかは立場によって異なると思います。


投票数:1 平均点:10.00
返信する

このトピックに投稿する

題名
ゲスト名
投稿本文
  条件検索へ


ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget