メインメニュー
PR
facebook
別フォーラムへ

【書評】アクチュエータ工学入門(鈴森康一)


投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 | 投稿日時 2018/4/5 12:49
Chryso  スタッフ   投稿数: 4678
アクチュエータって、ショックアブソーバーのことを思い出したが、実際にはもう少し広いものをさす用語のようで、特に筆者はモーターまでその仲間にいれている。これは最後に解説がある。

わかりやすい本で、各種のアクチュエータを説明していくなか、くだくだしい説明は後ろの章で説明する、としていて、構成はかわらない。こういうやりかたがあるのかと、勉強になった。

各種のアクチュエータの説明は、明快で、その種類や形式を、単語だけ聞いていたものを、きちんと説明していて、頭の中がスッキリした。電車のモーターの制御に抵抗式とかインバーター式とか、かご型とかあるが、どの台車がどの形式を採用しているのかは知っていても、実際にどういうものなのかわからなかったものが氷解した。

なお、筆者は京急で通勤していて、かのドレミファインバータの音をよく聞いていたらしい。モーターもアクチュエーターとする主張で、その制御方法を説明する中ででてきました。

*最新ではないものの、図書館にあるものをピックアップして紹介しました。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2018/4/7 16:32
LuckyHill  一人前   投稿数: 1183
>アクチュエータって、ショックアブソーバーのことを思い出したが、実際にはもう少し広いものをさす用語のようで、特に筆者はモーターまでその仲間にいれている。

そうですね。個別の部品名とかいうのではなくて、かなり範囲の広い一般名詞というか、ただ私の理解の中では工学の専門用語ですね、アクチュエーター。

最初にこの言葉を聞いたのは大学の制御工学の講義だった記憶があります。すごく乱暴なまとめ方になりますが、「変位をセンサーで拾って電気信号に変え、何らかの処理を施した結果をアクチュエーターで動きに変える。で、その動きで生じた変位をまたセンサーで拾って・・・とループを繰り返す中で目標値に近づける」みたいな話で、形状記憶合金アクチュエーターがドウタラコウタラなんてことも言ってましたが、だからまぁ、特定のモノを指すというよりは、そういう制御系の中における「要素」の名前という感じですね。

まあ、例によって当時も「阿久津英太っていう人の名前」などとダジャレを飛ばしていたものですが(汗)
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 | 投稿日時 2018/4/9 21:14
Chryso  スタッフ   投稿数: 4678
まわりにブラックボックスばっかりあるのもなんだと思い、いろいろ解説本を読んでみる。
テレビの解説を読んで、ふむふむなるほど、デジタル放送の場合、位相の違いでビットを表現するとは考えたな(天候で電波の強度がかわっても、位相がずれないので都合いいらしい)と思ったのだが、その先はデジタルに深く踏み込んでわけがわからなくなった(笑)いつか再度挑戦してみようと。

というわけで、図書館のブルーバックスの棚の前で次の本を選んでいるこの頃の私であった。

用語はよく聞くので慣れ親しんで知っているのですが、その意味とか定義になると怪しいのがいつものパターンです。

この際コンピュータも深く理解しておこうと。ちなみに、性能は上がったけど、パソコン(マイコン)の根っこの部分はそんなにかわってはいないような。

投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2018/4/10 21:48 | 最終変更
Chryso  スタッフ   投稿数: 4678
これも発行は2014年だから結構古い。古い割にはインターネットはもともと「枯れた」技術をベースにしているので、基本はそれほど変わらない。

メールというかインターネットの概説になっていますね。SMTP,POP3,TCP/IP,IPv6,ポート、各種の耳慣れた言葉の位置づけがわかるというものです。少し食いたりないところもあるけど、新書というフォーマットだとこんなものか。

ノートパソコンなりで会社外で仕事する。戻ってから会社のPCで仕事、ということはない、と書いていますが、どうだか。

作成する文書の種類にもよりますが、会社のサーバーにある報告書や資料を参照またはコピペで作るわけで、会社外で作成できる書類には限界があるのでは?
全部クラウドにあるのならできるかもしれませんが。

また、資料はいらないで、頭のなかにあるものだけで書くようなクリエイティブな仕事だったらそうですが。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2018/4/11 7:35
粒子  常連   投稿数: 471
AM、FM、PMでFMとPMはノイズに強いとされています。
スペクトラム拡散というのもあります。

https://ja.wikipedia.org/wiki/スペクトラム拡散
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - | 投稿日時 2018/4/11 9:12
粒子  常連   投稿数: 471
工学のジャーゴンはいろいろあるわけで、モーって何?と思う人は多いと思います。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2018/4/11 18:12
LuckyHill  一人前   投稿数: 1183
デジタル、って単語も曲者で、例えば、低価格の中華製が一世を風靡した「デジアン」なんて商品があって、デジアンはデジタルアンプのことなんだろうとみんな思っていますが、(別に中華製の安物に限らず)実はこれらデジアンはデジタルではない、なんてことがあります。まあ、デジタルアンプの定義をどうするかという問題もあるのですが、デジアンの回路方式であるD級増幅(Class-D増幅)の「D」にDigitalの意味はなく、技術的にはパルス幅変調(PWM:Pulse Width Modulation)というアナログ回路だったりします。

これだけは知っておきたいアナログ用語:クラスDアンプ(D級アンプ)
http://ednjapan.com/edn/articles/1402/28/news016.html

一応、教科書的には、デジタルというのはパルス符号変調(PCM:Pulse Code Modulation)のことで、その他の「パルス何ちゃら変調」はアナログです。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2018/4/12 12:48
Chryso  スタッフ   投稿数: 4678
これ、追っかける広告になっていますが。

https://greenfunding.jp/lab/projects/2095

フルデジタルロジックって何でしょうね。デジタルのまま再生するのかと思いきや(そんなことできるのか)、スピーカーはやっぱりというかボイスコイルのあるアナログ機器ですし。ただしビット表現にあわせて、ボイスコイルが復数あるみたいですけど。

実物を一度聞いてみたいものです。
バスパワーなのに大音量で鳴らせるらしいです。クロストークもないそうです。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

このトピックに投稿する

題名
ゲスト名
投稿本文
  条件検索へ


ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget