メインメニュー
PR
facebook
別フォーラムへ

肉食で生態系ピラミッド頂点にいる外来種の動物がいなくなった池はどうなるか


投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2018/3/17 21:22
Chryso  スタッフ   投稿数: 4762
池の水を全部抜く、が月1のレギュラー番組になるそうで。出演者もスタッフもそうなるとは思っていなかったでしょう。

フォローもときどき入るみたいですが、外来種=悪ではなくて、悪いとすればそれを放した人間であって、基本的なことを忘れないようにしてほしいものです。ミシシッピアカミミガメなんて、大きくなりすぎて、子供が家では飼えなくなって、自然に返そう、と池に放したケースが多いのでは。

番組を見ていて思ったんだが、外来種を駆除するのは、在来種を食ってしまうとか、在来種が食っていたものを横取りして繁殖、という事情があるわけですが、そうした外来種を取り除いた場合、池の生態系はどう変わっていくのか。

カミツキガメみたいな、池の生態系ピラミッドの頂点にいて、それを食う奴がいない場合に、これを除去した場合。在来種のピラミッドの下の層にいる種は増えるかもしれないが、その数を人間がコントロールできるわけではないので、増える一方ではないのか。
現にニホンジカなんかは、生態系ピラミッドの上位、ニホンオオカミがいなくなったもので増えてしまって困っている例があるようです。
(もっとも増えて困ったのはオオカミがいなくなってから何年も経過した最近の話で、その間どうだったかとも思ったりする)

生態系の下にいる種の繁殖力はすごいし、だからこそ餌にもなるのですが。

ピラミッドが元に戻るわけではなくて、変化するだけのような気がする。

***

池の内部の頂点は肉食の魚だったりするが、池を開放系とみたら、それを、池にとびこんで餌にする大型の鳥とかがさらに上にきたりしますね。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

このトピックに投稿する

題名
ゲスト名
投稿本文
  条件検索へ


ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget