メインメニュー
PR
facebook
別フォーラムへ

音の不思議をさぐる


投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2018/3/17 19:33
Chryso  スタッフ   投稿数: 4762
大月書店、1998年。楽器の音を物理的に考えるという内容。
まあ古い本ではありますが、物理法則が刻々変わるわけではないのでいまでも通用することでしょう。

「スピーカーは楽器である」というのは時々いわれることで、メタファーか、と思っていたのですが。
これを読むとそもそもの楽器の原理(のひとつ)が小さな振動を聴衆に聞こえるように振動板で大きくすることなわけで、スピーカーの振動板やエンクロージャーなんかも楽器と同じ材質のものを使えば、その楽器の再生についてはよくシミュレートできるのではないかと思った次第。ストラディバリやガルネリのスピーカー。


同じ物理法則で音がでている音楽ならば、録音も再生もシンプルなものになるのでは。

***

複数の楽器が鳴っている場合は、それにあわせたスピーカーが複数いるかもしれませんが。

そんな、どんな音にも1セットで対応するとなると、スピーカーもそれにあわせてどっちつかずの平均的な音になってしまうわけですが。

実際には楽器も無反響の部屋で演奏するわけではなし、ホールによって音もかわるし、楽器からの距離で、周波数によって減衰が違うだろうし、そんな簡単なものではないとは思いますが。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2018/3/18 19:11
Chryso  スタッフ   投稿数: 4762
秋葉のスピーカーユニットの店へ。

ボーカルのCDを試聴しはじめて(プレイヤーやアンプの操作は店員さん。)、その店員に質問しようと思ったら、いかにもリタイアして、スピーカー作りを再開したような別の初老のお客さんにとられてしまい、比較もできなかった..同じユニットでバスレフではなくバックロードにしたものがあって、聞き比べしたかったんだが..

横で聞いていたらその人、古いユニットを使っていて、エンクロージャーを交換したいのだが、最近のエンクロージャーは小さいものばかりで昔みたいな大きい奴は少ないという相談。オーダーメイドで作ったらいくらになるか..とか。

店員さんがいうには、ユニットの改良(たぶんボイスコイル)が進んで、小さい(というか長い)エンクロージャでも低音が出るようになったので、大きいエンクロージャーは住宅事情もあって少なくなったそうで...

勉強になるなあ(笑)

スピーカーはメーカーの人が時間と人をかけてチューニングしたもので、素人さんの及ぶところではない、とも。スピーカーが楽器ならそうかもしれませんね。

店にはユニットも各種あるし、ネットワークのパーツもそろっているし、そのうち、やってみようかと。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2018/3/20 12:31
Chryso  スタッフ   投稿数: 4762
楽器。
オーケストラ曲が普及したことで(なんでも、これは大音響で多くの人に同じ曲を聞かせるもので、大衆音楽だそうで...)大きな音がでるように、ガルネリもストラディバリウスも、楽器を改良したものだそうな。

楽器もノウハウの塊で、音色以前に大きな音が出せるか、どれだけの音圧がかせげるかという問題があるわけで、形とか木材の材質とか、ニスとか接着剤の種類とか..ましてスピーカーが..と思ってしまった。

寝る前にイギリス音楽、ヴォーンウィリアムスとかエルガーとか、そう、ホルストとかを聞いているんだが、なんか刺激が少ない(上にみんな同じにきこえる)なんでも金管のトランペットなんかは使わないものだそうで、刺激がすくないのはそのせいか、ついつい寝落ちしてしまう。

ひとつには、これがきれいに再生できるといいなあ、と。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

このトピックに投稿する

題名
ゲスト名
投稿本文
  条件検索へ


ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget