メインメニュー
PR
facebook
別フォーラムへ

神社・祭りの注連縄(しめなわ)不足


投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2017/11/1 23:09
伊豆倉 正敏  スタッフ   投稿数: 702
 と言う事象が起きているそうです。
 麻縄は大麻取締法により国内での栽培が難しくなった。
 で代用品として稲藁からの縄を使用していたが、最近の稲は品種改良で台風の時に倒れにくく、尚且つ多くの米粒を付けても倒れにくい品種改良した栽培種に変わっていっているそうで、結果として茎が短く太くなる方向になって来ているそうですが、逆にこれが災いして注連縄の前段階の縄を巻くのに都合の良い、長くて柔らかい藁が手に入りにくい状況になっているそうです。
 そのため輸入に頼ったり、ダンジリをするときに町内(主に電柱や木や道路標識間)に張り巡らす注連縄は耐久性の問題(安物の縄を使うと巻きが緩い製品だと雨で濡れた時に緩んで垂れ下がり自動車が出庫できなくなるクレーム問題)もありビニールひもで代用という事態になっているそうです。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

このトピックに投稿する

題名
ゲスト名
投稿本文
  条件検索へ


ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget