メインメニュー
PR
facebook
別フォーラムへ

コンパクトデジカメが危ない。


投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 | 投稿日時 2013/9/12 11:23
Chryso  スタッフ   投稿数: 4830
言わずと知れたスマホのカメラ機能で足りてしまう人には、買う必然性がないですね。性能も上げてきました。
若い人は、撮影した写真もスマホで見ていたりする。

生き残りには、何かプラスアルファの機能か、あるいはスマホには実装できないような大口径でバックをぼかすことのできるレンズ、とか望遠機能を高める、なんてことをするしかないんでしょう。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2013/9/12 21:18
Spiegel 
スマホの場合はレンズ構成上、広角となってしまいますね。
スマホと高級コンデジかデジイチの組み合わせが必要だと思うのですが。
私は少数派でしょうか?
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2013/9/13 11:53
take 
カメラ部だけスマホに取り付けて、モニターとしてスマホの画面を利用するタイプもでてきました。望遠にしてもアタッチメントタイプにするならスマホの方がレンズ小型で有利。被写界深度が深くボケにくい点については最近はソフト的にやる手法もあります(たとえば偽ミニチュア風写真)。

コンパクトデジカメで生き残りするとすれば、スマホに比較して撮像素子が大きいことによる高感度化でしょうが、これについてはミラーレス一眼には劣りますので、立ち位置確保は難しいところがあるでしょう。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2013/9/13 12:01
Chryso  スタッフ   投稿数: 4830
ソニーもがんばりましたね。
あれはバリオゾナーだそうです。

いろいろと使いたい用途もあるようですが、電源がどれくらいもつものか。
外部電源でもつなげられれば、たとえば保護動物の繁殖のモニター(というと聞こえはいいが、巣の中でちゃんと交尾するか卵生むか育てているかの、のぞき行為)なんかに使えそうです。

電波の届く限り、思いっきり離して2台のカメラでとれば、「巨人の目」によるステレオ写真になりますね。

投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - | 投稿日時 2013/9/14 17:12
Chryso  スタッフ   投稿数: 4830
構造上、筐体が長くなる望遠は難しいですね。
ただ、解像度を落として望遠効果を狙う非光学ズームなんてのがあり、あれで満足してしまう人は満足してしまうのではないかと。

コンパクトカメラは、PCを持たない人も多くなるので、スマホなりに撮影画像を転送する機能も必要になってきました。WiFi対応、あるいはカード自体がWiFiで画像を転送できるようになっていますね。



投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2013/9/15 17:14
Chryso  スタッフ   投稿数: 4830
で、今日ソニービルにいって現物をみてきました。午前中豪雨だったせいで、人はまばら、すぐにさわれました。

仕様としては、レンズにみえて、実はあれで完成したカメラ。マイクロSDカードを差し込んで、これにセーブします。シャッターも切れます。上位機種のバリオゾナーは、リングがついていて、これでズーミングできます。

アンドロイドでもiOSでも動作。アプリは無料でダウンロード可。

最初にレンズとスマホなりとのペアリングが必要。パスワードを設定するようです。デモ機は1台とはペアリングしていましたが、隣のカメラにあるレンズとはしていない様子。
その2つのレンズがメニューには表示されていて、選択できるようになっていました。仕様としては、複数のレンズとペアリングしておいて、選択できるというものでしょうか。

使ってみると、少し残念なことに(というか想像通り)WiFiによる通信のためのタイムラグがあって、たとえばズームしたときのモニター画面が「とぶ」感覚あり。
また、撮影時にいったんデータをカメラ側のSDカードにセーブした後にWiFiでスマホ側に転送するんですが、それが結構待たされる。これだけみると一昔前のデジカメのようにみえてしまいます。
液晶の解像度を下げれば、もっと早く転送+表示できるようです。

電池は専用の電池パック。200枚撮影可とのこと。USB(マイクロUSB端子)で充電できるとのこと。ここらへんは昨今のスマホ、タブレットの標準仕様ですね。ただ、残念なことに充電しながらの撮影はできないとのこと。

これががっかりで、大容量の充電用リチウム電池を繋いで動物のモニタリング撮影、なんてことは難しいようです。

レンズとカメラを離して撮影したい、という向きにはいいんでしょうねえ。

なんか、犯罪に使われる可能性、おおあり、なんですが。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2013/9/15 19:38
Chryso  スタッフ   投稿数: 4830
スマホへ転送する画像を200万画素にすれば、コピーされ、液晶モニターに表示されるまでの時間は短縮できますが、同時にそれは、SNSなりに短時間かつ必要最低限の解像度でアップロードする画像を作成できることでもある、というみかたもあるようです。

実際のところ、2種類のサイズでセーブするのは、欲しい機能ではありますね。(以前、そういうことのできる機種、あったような。)
このフォーラムではアップロードできる画像のサイズを拡大してあるので不要ですが。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2013/9/16 21:04
take 
スマホを表示・保存として使うアイデアはいいのですが、結局スマホの携帯性が損なわれること、転送の面倒さからギミックに走りすぎている感あり。

スマホがソフトウェアにカメラが付属、というスタンスなら、従来のデジカメはハード主体のスタンスを取ったらどうかな。あの体積の中にハードとしての魅力をどう詰め込めるかが今後の勝負かもしれません。

今も販売しているかどうか分かりませんが、ニコンのようにプロジェクター機能を入れる、以前のコダックの機種のように単焦点レンズを切り替えできるようにする、あえてマニュアルフォーカスにして官能的なフォーカスリングを持たせる・・とか。

まあ、好き者の妄想ではあります。道具として魅力が醸し出される、見ただけで「ああ、こう使うのだな」という商品が最近少なくなったもので。

投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2013/9/17 11:01
Chryso  スタッフ   投稿数: 4830
スマホに取り付けて、もって使うにはスマホが薄すぎる気がしました。
何か面白い使い方があるならばいいんですけど。

カイトフォトだとか、リモコンヘリで撮影するには使えるかな?電波がどこまで届くかにもよりますけど。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

このトピックに投稿する

題名
ゲスト名
投稿本文
  条件検索へ


ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget