メインメニュー
PR
facebook
別フォーラムへ

アレルギー


投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 .4 | 投稿日時 2013/9/3 7:44
Chryso  スタッフ   投稿数: 4839
その昔、弁当のおかずのごぼうのはいったさつまあげを食べたときに、口いっぱいに金属を舐めたような味が広がり、閉口したことがあります。
で、それを残して持ち帰り、母親に「これ食べられなかった」といったところ、母親はそれを食べてみて「別に普通だ」といっていました。

結局それっきりで再現性もなく、今では普通に、ごぼうも食べているのですが。

***

今日、鹿児島出身者に、おみやげのさつまあげをもらって、今頃になって思い出し、ぐぐってみると、数は少ないのだが、2chにごぼうで金属味がすることがあるという人の書き込みがありました。気になるんだが、過去ログのようで読めません。

ゴボウがアレルゲンになっていることは把握されているようです。

ネットが普及しているので、これを含み、いろんな食物のアレルギーも把握されやすくなるかと。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2013/9/3 14:18
みっちゃん  半人前   投稿数: 31
 機構は簡単ですが、実際は難しいでしょう。全ての物質はアレルゲンになり得ますし。実際症状が出るかは、がらぽんともうしますか、宝くじともうしますか・・・
 異物質に対する抗原抗体反応はモデルとしては単純なように見えますが、その実、アレルギーと呼ばれるような異常反応に至る機構が必ずしも明らかではないようです。
 体調に拠ったり、量に拠ったりするのでしょうが、疫学的にもそれほど綺麗な結果は出なさそうです。
 例えば杉花粉症、単純に花粉量に対する暴露だけでは発症率は説明できません。
 おそらくですが、癌のようにイニシエータとプロモーターのような機構も同時に存在するのでしょう・・・
投票数:1 平均点:10.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2014/1/19 13:41 | 最終変更
NTL  常連   投稿数: 114
再び、花粉症の季節ですね。また、多少蛇足します。厚生労働省のサイトに花粉症に対する民間療法に対するデータが出てました。
http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/kenkou/ryumachi/okamoto.html

花粉症は偽薬のブラセボ効果が高く、30%を超えていることが気になりまさた。
アレルギーは良く言われるように精神面の影響も大きいように思います。
ストレス説がありますね。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2014/1/19 13:52
NTL  常連   投稿数: 114
引用:

NTLさんは書きました:
再び、花粉症の季節ですね。・・
ストレス説がありますね。


http://www.pref.chiba.lg.jp/shippei/alle-nan/allergy/kanrenshikan/kenren004.html
※※
ストレスが長引くと、免疫細胞(Th1,2細胞)は抑制され、特に、抗原提示細胞からのIL12の産生をおさえますので、相対的にTh1の働きが落ちます。
Th1の働きが落ちると、アレルギーのおきやすいTh2反応の方に移行します。
それが、ストレスのある人に、アレルギーが起き易い機序と考えられます。

あと、有力なのは子供時代の土壌などにある色々な微生物との接触不足による免疫能力低下ですね。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2014/1/19 20:06
NTL  常連   投稿数: 114
アレルギー対策に珈琲、お茶の効果が指摘されてますね。場合によってはそれらがアレルギーになることもありますが、一般的には効果ありとされているようです。
珈琲
http://touch.allabout.co.jp/gm/gc/300613/?spref=http%3A%2F%2Fsearch.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Fp%3D%25E3%2582%25A2%25E3%2583%25AC%25E3%2583%25AB%25E3%2582%25AE%25E3%2583%25BC%2B%25E3%2582%25AB%25E3%2583%2595%25E3%2582%25A7%25E3%2582%25A4%25E3%2583%25B3%26x%3Dwrt%26aq%3D-1%26oq%3D%26lq%3D%26clone%3D%26ei%3DUTF-8%26fr%3Dtop_smf

http://touch.allabout.co.jp/gm/gc/300612/
カフェインにアレルギーがあるかたはまずいのかもしれません。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2014/1/19 20:17
NTL  常連   投稿数: 114
蛇足ですが、アレルギーそのものについての説明が不足してました。カルピスのサイトからわかりやすいものを引用しておきます。
※※
アレルギーの発症は人間の持つ免疫と深く関わっている、ということをご存知ですか?免疫は、カラダへ侵入してくる有害な物質を取り除いて、健康な状態を保つために働くもの。その司令塔役としてTh1(感染予防因子)と、Th2(アレルギー因子)という2つの細胞があり、お互いにバランスを取りながら免疫をコントロールしています。しかし、バランスがくずれた状態でアレルゲンが体内に侵入すると、Th2系の過剰な反応が起きてしまうことがあります。このバランスのくずれが、過剰なカラダの防衛反応を引き出してアレルギーが発症するのです。
※※
http://calpis-kenko.jp/l92/about.html

原因も上記の他に環境汚染説もありました。
乳酸菌も食物アレルギーには有効そうです。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

このトピックに投稿する

題名
ゲスト名
投稿本文
  条件検索へ


ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget