メインメニュー
PR
facebook
別フォーラムへ

がんの民間療法


投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 .4 .5 | 投稿日時 2015/9/25 23:08
YMN  常連   投稿数: 648
 川島なお美さんが激痩せの記者会見の記憶も新しいうちに亡くなってしまいました。
民間療法に手を出していなければ、死なずに済んだかもしれませんし、少なくとも死期を(いくばくか、あるいは数年か、あるいは10年以上)遅らせることができたかもしれません。

 がんの民間療法と言えば故忌野清志郎さんもそうでした。
通常のがん治療の厳しい副作用が芸能活動に影響を及ぼすということで、民間療法に頼る芸能人が多いのかもしれませんし、あるいは民間療法がかなり普通の存在であり、それがそのまま反映されているだけかもしれません。
芸能人が手を出せば、その宣伝に一役かってしまうことになりかねませんし、一方で結局亡くなってしまうケースではその無効性を示すことにもなります。

 開いたワニの口に頭を入れたりするとき、テレビ画面に「危険ですので絶対にマネしないでください」という字幕が出たりします。
それに類するとまでは言いませんが、エビデンスが無い、実証的な根拠が何も無い療法に命を託すのはかなり危険なことは自明と言えるでしょう。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2015/9/25 23:16
Chryso  スタッフ   投稿数: 4760
同じ年で、同じ時期に同じ地方の高校生だったことで、共通の知り合いもおり、なんだか信じがたく思っています。本人のご冥福をお祈りします。

民間療法については、ホメオパシーがからんでいたとかいう話もあって、ちょっと気になるところです。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2015/9/26 13:19
YMN  常連   投稿数: 648
>同じ年で、同じ時期に同じ地方の高校生だったことで、

 名古屋出身だったのですね。
川島なお美と名古屋弁はミスマッチの感があるだがね。

http://ameblo.jp/naomi-kawashima/entry-11806042988.html
----ご本人のブログより引用
そこに至るまでには
とんでもない
医者もいました

「とりあえず
切りましょう」

私「いいえ
良性かもしれないのに
外科手術はイヤです」

「ならば
抗がん剤で
小さくしましょう」

私「悪性と決まってないのに?
仕事が年末まであるので
それもできません」
----引用終了

 手術後の民間療法のことだけでなく、がん発見から手術するまで半年近くあったことも、運命の分かれ道になってしまったことが考えられます。
肝臓と言えば酒ということで、好きなワインも影響しているかもしれません。
後になってみると悪い方向への複数の分岐点を全て選んでしまったように見えることは良くあることでしょう。

 「とりあえず切りましょう」の医師が特に変ということはなく、「命に比べればたかが手術跡」という意識で「とりあえず」の表現が少々まずかったのかもしれません。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2015/9/26 18:11
Chryso  スタッフ   投稿数: 4760
ごしんじょう療法、だそうです。金の棒で気の流れを、自然なものにかえるそうで。
問題のある部分を切らないで温存して、自然治癒力でなんとかしようとするものですね。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2015/9/27 21:07
YMN  常連   投稿数: 648
>ごしんじょう療法、だそうです。金の棒で気の流れを、自然なものにかえるそうで。

 川島なお美さんは亡くなってしまいましたが、知名度アップの効果で、商売にはプラスになるかもしれません。
ごしんじょう棒は購入することもでき、1本52万円、2本必用なので104万円だそうです。
金相場とは関係なく定額のようで、おそらく重量相応の金の価格よりかなり上乗せしてあるものと思います。

 前にこの会議室の別トピック「近藤誠テレビ出演」で触れましたが、中には進行の遅い「がんもんどき」のようながんもあります。
そういう人が代替療法を受けていた場合、効果があるように見えることになり、それが商売のひとつのカラクリかと思います。

 例えば交通安全のお守りがあったのに事故になってしまったということで、神社を訴える人はまずいません。
お守りがあるから絶対大丈夫ということで無謀運転する人は普通いませんし、通常の医療と代替療法を併用している分にはそれに近い形になるかと思います(金銭的には負担になりますが)。
重大な問題になるのは、代替療法により通常の医療を回避してしてしまう場合です。

http://www.kihodo.com/gan/index.html
----引用
ごしんじょう療法を受けたがんの方々の症例、体験談を紹介しています。
ごしんじょう療法のみでがんが快癒した症例のほか、手術や抗がん剤、放射線治療などの治療とごしんじょう療法との「統合医療」によって著効した症例もありますが、治療効果は個人差があります。しかしながら、抗がん剤や放射線治療の副作用を除去し、がんの痛みを取り除く「緩和ケア」として、ごしんじょう療法は多くのがん患者やその家族の方々の助けになっております。
----引用終了

 ごしんじょう療法のみの選択肢を否定はしていないことになります。
金額だけでなく、この点においても御守りと同列に論じられないものがあるかと思います。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
YMN

なし 抗がん剤

msg# 1.3
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2015/10/1 22:25
YMN  常連   投稿数: 648
 抗がん剤で髪が抜けることは良く知られていて、特に女性には辛いことになりますが、治療を終えればまた生えてくることはあまり知られていないようでもあります。
命に比べれば、しばし髪が無いくらいはということになるでしょう。

 乳がんの治療を受けている北斗晶さんが、髪が抜けたときの精神的ショックを小さくするため、あらかじめショートにしておくことを医師からアドバイスされたそうです。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2015/10/2 8:11
すくえア  新米   投稿数: 3
 治療を終えれば回復する副作用もありますが、回復しないものもあります。
 また、それによる精神的ダメージも人それぞれ。

 私の場合、容姿には頓着がないため、髪が抜けるのはさほどダメージにはなりませんでした。
 意外に「冷たい水が飲めない」のと「本のページがめくれない」のが大きなダメージでしたね。

 冷たい水が飲めない状態と抜けた髪は抗がん剤休止後しばらくして回復しましたが、手指の感覚異常は一年ほどたった現在でも回復していません。

 本好きにとっては、この「本のページをめくるたびごとにイライラする」という状態は、「このまま長生きしたくないな」と思わせるのに十分だったりします。

 治療にあたっては、ついつい「生きてさえいれば」と言ってしまいますが、我々は超人ロックでもペリーローダンでもないので、「遅かれ早かれいずれは死ぬ」ことを前提に、「それまでどう生きたいのか」というのは考えておく必要があると思いますよ。

投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2015/10/3 21:33
YMN  常連   投稿数: 648
>治療を終えれば回復する副作用もありますが、回復しないものもあります。
>また、それによる精神的ダメージも人それぞれ。

 簡単には割り切れないものがあるようですね。

 本のページをめくる作業は一見何気ないようで、意外な難易度が隠れているようでもあります。
時折2ページめくってしまい、内容が飛んでおかしいと気づくことがあります。
投票数:1 平均点:10.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2015/10/20 21:11
YMN  常連   投稿数: 648
>前にこの会議室の別トピック「近藤誠テレビ出演」で触れましたが、

 近藤誠医師のところに故川島なお美さんが訪れたことが、文藝春秋に掲載されました。
患者が死亡すると医師の守秘義務は無くなったという解釈のようですが、法的にどうであれ(たぶん問題ありだと思いますけど)、この人には常識というものが無いようです。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
東 遥

なし Re: 抗がん剤

msg# 1.4.1.1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2015/10/21 1:21
東 遥  スタッフ   投稿数: 3331
「本をめくる」のは未だにロボットにやらせるのも難しい模様で。私が幼い頃にはどこぞの大企業の研究所で本のページをめくるロボットが出来たというのが大々的にニュースになった事を覚えております。つーか、産業用ロボットから娯楽用(?)ロボットまで色々と御座います中で未だに本をめくる・めくれるロボットというのは寡聞にして製品化された事例を伺いません。

「今年のロボット」大賞2008 受賞ロボット

の中でも賞をもらう位のものですから。辞典・辞書や時刻表を自在にめくるロボットができたら凄いのでしょうね。或いはそれとSV600を組み合わせられればもう言うことがないので御座いましょう。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2015/11/26 19:09
YMN  常連   投稿数: 648
 糖尿病の7歳児に通常の治療をさせず死に至らしめて祈祷師が逮捕され、両親も保護責任者遺棄致死罪に問われる事件がありました。
祈祷師の類の話を真に受けて命を落とすことはそう珍しくもないと思いますが、どこが違うのかというと、成人が本人の意思によるかどうかがひとつのポイントになるものと思います。
それにしても祈祷師、両親とも本気ビリーバーだと殺意があるはずもなく、通常の殺人罪の適用は難しいことになりそうです。
エホバの証人の輸血拒否と一脈通じることになるでしょう。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

このトピックに投稿する

題名
ゲスト名
投稿本文
  条件検索へ


ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget