メインメニュー
PR
facebook
別フォーラムへ

ニホンジカが増えている


投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2013/8/25 14:21
Chryso  スタッフ   投稿数: 4845
動物が鉄道と衝突する、という話を聞きますが、昨日乗った小海線の列車がまさにそのシカに遭遇してしまいました。
およそ100メートル先の線路を歩いているのを運転士が発見。減速と警笛2回で線路から離れ、線路際の藪の中に消えていきました。場所は野辺山〜清里ですから、標高1300メートルあたり。
また、清里駅を出発して数分後走った後には、今度はカーブ付近に、逃げ遅れたのか、轢死体がありました。結構な密度で線路に立ち入りしているようです。

ツキノワグマ同様、山に餌がなくなって里に降りてくる個体が多いようで、鉄道会社はオオカミの尿などの忌避剤を使ったり、列車のスカートに衝撃を緩和する装置をつけたりしていますね。

シカが増えすぎて高山植物を食い荒らされて困っていた日光国立公園の戦場ヶ原では、柵を設けて、一定の効果を得ています。

http://www.env.go.jp/park/nikko/effort/deer.html
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2013/8/26 21:34
みっちゃん  半人前   投稿数: 31
>ツキノワグマ同様、山に餌がなくなって里に降りてくる個体が多い

 熊は鹿と異なり、場所によってはそれほど増えているわけではないようですが・・・
 鹿は間違いなく生息密度が大きくなっています。山に餌が無くなったと云うよりも、食べ尽くしてしまったと表現するほうが実態に合うと思います。自然界ではオオカミ、それに狩猟が生息数を一定に抑えていたと言われていますが、現在では制限要因にはなっていません。それ故に限界値まで増えてしまったと云えるでしょう。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2013/8/27 15:56 | 最終変更
Chryso  スタッフ   投稿数: 4845
噂をしていたら、つい先ほどツキノワグマを見てしまいました。奥羽本線峠駅からすぐ。道に黒いものがある、と思ってはいたんですが車で近付くと動き出してヤブの中に消えていきました。体長は1メートルくらいでしょうか。
ここはしかし、人里とはいえないような森林と谷川と道だけあるようなところで、出てもおかしくはないのかもしれませんが。標高は700くらいでした。とにかく、ライブで見たのははじめて。ラッキーというかなんというか。
まっ黒ですねえ。


@滑川温泉。こんなところでwifiがつかえるとは。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2013/8/29 12:54
Chryso  スタッフ   投稿数: 4845
無事帰ってきて、このあたりのクマのこと、ネットで調べているんですが、今年にも近所でこんなことがあったようですね。

http://yamagata-np.jp/news/201307/05/kj_2013070500139.php

新幹線がクマと衝突して遅れている...

一応地元でも認識はしているようで、道に熊出没注意の看板は立ってはいました。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

このトピックに投稿する

題名
ゲスト名
投稿本文
  条件検索へ


ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget