メインメニュー
PR
facebook
別フォーラムへ

リボ核酸、遺伝子、ゲノム


投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2015/3/1 22:42
zima  常連   投稿数: 120
核酸は、まごうことなく、T,G、C,A,高校の生物で習いました。
# あれ?ウラシル、というのもあったような。。。

遺伝子、これは、遺伝形質を左右するナニカ、なんでしょうか。

ヒトゲノム計画、ずいぶん前に完了したようですが、どうも、いまひとつ、ゲノムのイメージが分かりません。

ゲノムとは、染色体の全部を合わせたもの?

掲題の単語は、科学の世界だけでなく、一般のマスコミの文字にも登場しますが、
なんだか、分かったような、分からないような。。。

まぁ、分からなくても、日常生活に不便はないんですけれども。

何かの拍子に、これらの話題になった時、出発点の誤解がすれ違いを産む、
そんなことにならないように、自分なりに、きちんと理解しておきたいなー、
なんて、思ったことでした。

うーん、酔った勢いで、ワケわからんコトを書いてしまったw

すんませんwww
 

--
by なかぢー%鳩ヶ谷@埼玉
(末期高齢者ばちゅいちww)

投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2015/3/3 21:21
くー  常連   投稿数: 124
こんばんはzimaさん。
google先生に教われば正確な知識が得られるのだろうけれどもね。
私は、分かったような気持ちになることを重要視しているので自分なりの理解を説明します。

ゲノムと染色体ですね。
ゲノムとDNAは同じものを指すことがあります。DNAが色んな意味に使われます。

DNAは物質名と思えばいい。1個(1塩基)でもDNA、数千個並んで遺伝子と機能するものでもDNA、長く長く並んで1本の染色体を構成するまでとなってもDNA、それが細胞1個の中に何十本も含まれていてもDNA。とにかく、そのようなもの、何だか分からなくてもDNAと呼んでいれば間違いない。

ゲノムとなると1個の細胞の中にある全DNAと考えればよい。なんでゲノムと言いたいかというとゲノムが遺伝子を含んでいるから物質名ではなく、ゲノムといいたい。

染色体は、DNAをヒストンとかの蛋白に糸巻き状に巻きつけ、それをさらに巻きつけ、それをさらに巻きつけと順序良くきれいに巻きつけこんがらからない様にしたもの。絡まらないから細胞分裂するとき便利でしょ。染色体にされてしまうとDNAは遺伝子として働けなくなってます。

 うーん。酔ってないけどワケわからん説明になってしまったかな。
投票数:1 平均点:10.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 | 投稿日時 2015/3/8 0:38
zima  常連   投稿数: 120
くーさん、フォローありがとうございました。

DNAは物質名、なるほど、スッキリしました(^_^)。
遺伝に関与するかどうかはともかく、C、G、T、A、が並んでればDNA。
Cだけが40億個並んでいてもDNA。
# おそらくこれは、遺伝情報を担っていない。
---
染色体は、細胞の中でDNAがお行儀よくヒトカタマリになっている構造ですね。
Cだけが40億個並んだDNAと、Gだけが40億個並んだDNAが2本鎖になって、それがヒストンにクリンクリン巻き付いて、くにょんくにょん折りたたまれた状態で細胞の中にあれば、それは染色体。
# 遺伝に関与するとは思えない40億塩基対、ですがw

DNAは、染色体の中にあるとは限らない。ウィルスのDNAはヒトの染色体構造とは異なる在り方だし、ミトコンドリアDNA、なんてのもある。
---
遺伝子は、一番わかりにくいなー、と思いました。

ある生体タンパク質を合成する遺伝子、というと、特定のDNA配列(3塩基で構成されるコドン単位の配列)を指すのかな。
青い瞳の遺伝子、という場合は、DNAの中の、いくつかのタンパク質をコードするブブンと、それをナイスなタイミングで発現させる調節機構と、あれこれ全部合わせたモノが遺伝子、なのでしょうか。

遺伝子というのは、そんな、いろんなレベル(?)で使われているような気がします。
---
ゲノム、というのは、特定のタンパク質とか、青い瞳とか、イケメンとか(ヲイw)、遺伝形質の全てをまとめて、ある生物の、ある個体が発生することになった遺伝情報の全て、それをゲノムと呼んでいるのかな。
我々の場合、遺伝情報は染色体中のDNAに乗っかってるので、「ヒトゲノムは40億塩基対から成る」なんて言い方もされる。

あれ?
チロッと Wikipedia をカンニングしたら、「ゲノム」の項には「ヒトゲノムにヒトミトコンドリアのゲノムは含まれない」、「ヒトゲノム」の項には「ヒトゲノムは核ゲノムとミトコンドリアゲノムから成る」と書かれていました。
うーん、また混乱してきちゃったーwww
---
SFネタで「我々を構成する生体分子の炭素をケイ素に置き換えたモノが生体分子となっている生物」というのがあります。
CとSiの違い以外は同じ、細胞の中に染色体も観察され、遺伝機構も似たような感じ。
遺伝子、という考え方も同じようにあって、全遺伝情報のことを、誰かがゲノムと呼ぶかもしれない。
だとしても、DNAは無い。ヌクレオチドの中のCをSiに置き換えたものはDNAではないから。
# ヌクレオシドのCをSiに置き換えても安定か?というツッコミは入れない優しさプリーズw
---
「キミはコトバにこだわりすぎてるよ。色々な説明を、ただ別の言い方にしてみてるだけなんじゃね?」
と言われることがあります。

えぇ、そうですとも、本質的な理解、というようなことではなく、色んなことをアレコレ想像したり、表現を変えてみたり。

でもねぇ、コトバで考える習慣がついちゃってて、「わからーん!」という状況で、何ができるかと言うと、やっぱ、色んな説明を聞いて、さらにアレコレ考える、それくらいしか、できないんだモーンw
---
いや、もちろん、コトバだけじゃないんですけどもね。

「愛してるよ」

これは、いくら説明を聞いても、言い換えても、語り尽くせない、生命の根源に迫るナニカ、なんでしょうけども、いかんせん、ニガテ分野なもので、この続きは、また来週www
 

--
by なかぢー%鳩ヶ谷@埼玉
(末期高齢者ばちゅいちww)

投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2015/3/9 21:25
くー  常連   投稿数: 124
この分野の用語の使い方はあいまいで混乱しますね。
私の発言、考えは、外人と話したことがないので正確性は低いので要注意です。

ゲノムといえば、その生物の1個の細胞内のDNA全体を指します。それも塩基配列に注目してです。DNAが単に物質名ならば、ゲノムはDNAの塩基配列の並びを言っている。だから、ある人がゲノムと言ったら「ああこの人は例えばCGTAGGAAGG…とかの塩基配列について言及したいのだな。」と思うのです。

だから、ヒトゲノム計画とかイネゲノム計画と言ったら、「ああ、塩基配列を調べたいのだね。」と分かる。

ヒトのゲノム(塩基配列全体)には遺伝子(ジーン)と呼べる部分はほとんどなくジャンクDNAばかりだといわれていますね。遺伝子は何パーセントだったけ。ま、これもWikipediaで調べれば分かることだから省略。

遺伝子はDNAを翻訳して蛋白を作る塩基配列の部分だからゲノムから遺伝子をコンピュータで探すのは、開始コドンで始まって、終了コドンで終わる部分を検索して探すらしい。長ければ遺伝子と思われるってことですね。

ミトコンドリアの件ですが、あれは我々の細胞に寄生というか共生している別の生物です。だから、ミトコンドリアDNAは別に考えます。

投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2015/3/12 6:49
くー  常連   投稿数: 124
遺伝子はタンパクをコードする部分のDNAだけと考えていいと思います。

DNAという物質はそれ自体何かの機能を有するというのではなく、タンパクに翻訳されて機能を発揮するもので、そのタンパクが酵素として働いたりする。

たとえば、昔は、青い色素を作るという物質の正体が分からなかったので遺伝子という概念を作って説明していましたが、その正体は前駆物質(原料)を青い色素に変化させる酵素だと分かり、酵素はタンパクだと分かり、それがどこから出てくるかというと特定配列のDNA部分が翻訳されてできると分かったので、それぞれの段階で遺伝子という用語を共用している。結果、遺伝子の正体があいまいな感じになってしまう。

調節とかの機構はタンパクとかの物質がDNAという物質と結合したりという相互作用を起こしてその部分のDNAをブロックしたりする(結果タンパクが作られない)と考えればいいと思います。

結局DNAという物質はその化学構造上、タンパクのようになんらかの機能を持つことはないと考えていいと思います。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

このトピックに投稿する

題名
ゲスト名
投稿本文
  条件検索へ


ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget