メインメニュー
PR
facebook
別フォーラムへ

ASCII は今....

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

東 遥

なし ASCII は今....

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2015/10/25 0:32 | 最終変更
東 遥  スタッフ   投稿数: 3418
私が幼い頃にはコンピュータはラテン文字位しか扱えなくて、で、その文字の一つ一つに番号がついていたという朧げなお話を伺ったものでした。其れがコード体系、American standard code for information interchange、ASCII、或いはアスキーとも読んだものでは御座いました。パソコン黎明期のパソコン雑誌の一つは将にこのアスキーを誌名にしており、往時は熱心に読んだものでは御座います。その後紆余曲折を経て最近までは『週刊アスキー』を発刊し、また、ASCII24などのWEBページ等も御座いましたが、昨今雲行きが怪しい。

ぇぇ、ここのところ関連のWEBページが開かないんですよ。CPU黒歴史とか、スーパーコンピュータの系譜とかの記事を見ようと思っていたのですが見られない。これが私の所だけの話かどうかわからないのですが、皆様の所では如何でしょうか。

若しかして経営が遂に、という事であったりするのでしょうか。なんか感慨深いです。

因みに大本のASCIIの方はISO/IEC 646となり、日本では「7ビット及び8ビットの情報交換用符号化文字集合」(JIS C 6220/JIS X 0201)となっています。また、UNICODEとの絡みでUniversal Coded Character Setに繋がっている、という理解で合っているでしょうか。

- - - -

往時の雑誌の多くは姿を消しましたが、工学社の「I/O」はこの前も本屋でみかけましたっけ。あの頃はこんな直截的な誌名も御座いましたのですねぇ。というか、ASCIIを設立した西和彦氏はI/Oとも浅からぬ因縁が御座いましたのですよ、というのも今は知る人が如何ほどおいででしょうか。そんな「昔話」になってしまった感が御座います。あるいはそんな昔話も「本当は怖い~」という物だったのでしょうか、なんて憶測も抱いたりして。

それにしても「廃刊」というお話は寡聞にして伺いませんで大概はそのまま姿を消すにしても「休刊」という名目になっているのは何故でしょうか以前から悩ましい次第。やはりここは何時か最後の審判に際して神なり閻魔様の目前に引き出されて人類への貢献ないしは及ぼした悪影響を備に緻密に測るために形だけでも存在するという事にしなければならないのでしょうかね。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名
ゲスト名
投稿本文

  条件検索へ



ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget