メインメニュー
PR
facebook
別フォーラムへ

Re: 「神」を完全に解明しました!!(SB量子神学)

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

なし Re: 「神」を完全に解明しました!!(SB量子神学)

msg# 1.9
depth:
1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2015/5/24 1:16
SumioBaba 
    【補足説明9】

 人間はいろいろな謎の存在を感じていますが、突き詰めて考えると、次の2つの謎に帰着します。
      《状態選択の謎》
   なぜ自分の心は、他のM2、M3、M4、…ではなく、このM1なのか?
      《存在選択の謎》
   なぜ自分の心M1は「存在しない」ではなく「存在する」の方なのか?
これら以外にも、自分が住む世界W1についていろいろな謎が有るように感じますが、世界W1を知覚・認識しているのは自分の心M1です。「実在論」ではなく「観念論」の立場を取ると、W1についての謎はすべてM1についての謎に還元されます。従って《存在選択の謎》以外の謎は、M1についての謎もW1についての謎も、みな《状態選択の謎》に含められることになります。

 自分の心M1が本当に認識できるのは、M1の存在と状態だけであり、他の心M0、M2、M3、…については、存在も状態も認識できません。それでついつい、自分が体験しているのはM1だけだ、と思い込んでしまいます。そうすると、存在し得るすべての心M0、M1、M2、M3、…の中からM1だけが特別に選ばれているように感じてしまい、《状態選択の謎》が生じます。さらに自分の心M1の視点に立つと、M1は、「存在する」と「存在しない」のうち「存在する」の方だけが選ばれているように感じてしまい、《存在選択の謎》が生じます。しかし、実はどちらも錯覚なのです。

 本当の自分は全知全能の「神」なのであり、存在し得るすべての心M0、M1、M2、M3、…を平等に体験している、と考えます。「神」の視点に立てば、心M0、M1、M2、M3、…はどれも平等な存在であり、M1だけが特別に選ばれている訳ではなく、《状態選択の謎》は消滅します。
 さらに、個々の心M0、M1、M2、M3、…は「半存在」であり、「「存在する」と認識する視点に立てば「存在する」と認識する」、「「存在しない」と認識する視点に立てば「存在しない」と認識する」、のダブル・トートロジーを満たしています。例えばM1とM2とが矛盾する情報を持つとすると、「神」がM1の視点に立っている時は「M1は存在する」を体験していますが、M2の視点に立っている時は「M1は存在しない」を体験しています。つまりM1は、「存在する」と「存在しない」の両方が実現されており、「存在する」だけが選ばれている訳ではありません。自分こそが「神」なのだと悟れば、《存在選択の謎》も消滅します。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名
ゲスト名
投稿本文

  条件検索へ



ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget