メインメニュー
PR
facebook

Re: あなたの英語は Not English

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

東 遥

なし Re: あなたの英語は Not English

msg# 1.7.1.1.1.1.2
depth:
6
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2014/10/18 12:39
東 遥  スタッフ   投稿数: 4050
補足、つーか、蛇足。

邦語)

 店「はい、どうぞ」
  (クレジットカードを受け取る)


English)

 Clerk "Of course.
    (pointing the terminal)
     Please through it."

という違いに見られる様に、日本ではクレジットカードを店員さんに預けてリーダーを通して貰いますが、アメリカですと「ここにカードを通せ」という事で自分でリーダーのスリットに通します。このあたりの習慣も違うのですねぇ。

この違いは何処から来るのだろうか、と存じますと

日本)

 ・カードは金の代わりである
  店員が預かって決済するという概念
 ・客にカードを扱わせてスリットを通させると
  うまく行かずにトラブルになる可能性が有る
  カードをスリットに通すモードは16あり
  正しいのはそのうち1つだけだから
  ミスる可能性が高い
  ならば店員が馴れた手つきで扱う方が良い

アメリカ)

 ・プラスチックマネーというくらいに
  カードが普及しているので
  客もスリットを通すのは手馴れている
 ・店員にカードを預けるとスキミングされる可能性が有る
  なれば客が自らの手で操作できるようにすべき

という所にあるのでしょうか、と想像してみる。

あ、日本でも最近はサークルKサンクスのPOS端末では客に見える側にスリットが設えられ自分でカードを挿入する様になっています。一方のアメリカでもレストランなどではMoney Clipにカードを挟んでClerkさんに預けるというのも御座いますね。

或いは電子マネー、鉄道系のものとか流通系のもので非接触型ICカードのものですと、客が自らカードをセンサに近づけるという操作になっていますね。まぁ、これは一々店員に手渡し、また戻すという手間を省く面もあるのかも知れませんが。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名
ゲスト名
投稿本文

  条件検索へ



ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget