メインメニュー
PR
facebook

Re: 不二サッシがpH基準外れの排水放流

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

なし Re: 不二サッシがpH基準外れの排水放流

msg# 1.2
depth:
1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2014/9/3 13:18 | 最終変更
take 
水質汚濁防止法の排水基準違反は直罰制ですが、以下行政の動き方を引用します。「環境法」、北村喜宜著、弘文堂p191-192(2011)(法科大学院向けの本です)
海上保安庁が警察権を持っている点がポイントで、今迄の大手企業の摘発は海上保安庁によるものが多いようです。

-------------------------------------
違反は、立入検査や場外での採水により認知されるが、これに対する行政対応の圧倒的多数は、改善勧告などの行政指導である。いきなり改善命令となるのは、直罰制ゆえに警察(都道府県警察、海上保安庁)の強制捜査が入ったあとか、シアンのような有害物質の流出によって河川の魚が斃死して社会的に注目されるような場合である。社会的影響が大きくない違反であれば「よく指導しておけば命令する必要はない」というように、公式的権限発動にたいして、行政は消極的評価をしている。排水基準違反にせよ命令違反にせよ、告発(刑事訴訟法239条)は念頭にない・・中略・・警察に告発するのは、行政指導の失敗を自白するようなものであり、行政の選択肢には入っていない・・・後略」
------------------------------------
投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名
ゲスト名
投稿本文

  条件検索へ



ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget