メインメニュー
PR
facebook
別フォーラムへ

不二サッシがpH基準外れの排水放流

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

伊豆倉 正敏

なし 不二サッシがpH基準外れの排水放流

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 .4 .5 | 投稿日時 2014/9/2 23:13 | 最終変更
伊豆倉 正敏  スタッフ   投稿数: 702
 不二サッシって結構大手なのだと思うのだが、それもpH調整は自動中和装置もあり手動で中和するのも(注意、排水の組み合わせにより中和処理中の発生ガスによる中毒事例あり-酸欠、シアンガス発生、ミストによる薬傷また肺炎)比較的簡単な処理だと思うのですが、pH調整せずに東京湾に排水していたそうです。

違法排水:海保、不二サッシ捜索 千葉工場、東京湾に排水容疑 - 毎日新聞
http://mainichi.jp/shimen/news/20140902dde041040034000c.html

>関係者によると、同社は排出量に制限があるpH値を大幅に上回る強アルカリ、強酸性などの廃水を流していたとされる。適正な中和処理をしなかったために、アルミニウムの加工工程などで使用される化学物質が混ざっていた可能性があるという。

何度か違反を繰り返していたそうですが、強アルカリ、強酸性との表現と言うことは測定時の廃水が違いすぎたとの解釈でいいでしょうか?

ものすごい疑問なのですが、海上保安庁が摘発と言うことは排水は
1.海面放流で下水に放流では無かったのか
2.現地自治体の市町村並びに千葉県の対応は?
3.自治体の告発なら千葉県警では?
4.海水面に直接排水する前提の排水基準の水質管理だったのか下水へ放流する排除基準だったのか?
5.会社側の自主分析あるいは分析委託は下水放流を前提とした調査(下水管接続部)と排水の報告だったのか?が気になるところです。
 海面に面した工場だと、排水・廃水として想定した経路の廃水・下水管とは別に、酸やアルカリ・有機溶媒やその他タンクの漏れた時の対策である防液堤の雨水時の廃水や、廃棄物置き場からの「雨水」が排水基準違反と気づかずに、雨水放出経路で漏れ出す事例がありますがその可能性もあります。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名
ゲスト名
投稿本文

  条件検索へ



ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget