メインメニュー
PR
facebook
別フォーラムへ

鉄鋼スラグの廃材の溶出値が環境基準を超えた事件-大同特殊鋼

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

伊豆倉 正敏

なし 鉄鋼スラグの廃材の溶出値が環境基準を超えた事件-大同特殊鋼

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2014/1/28 22:28
伊豆倉 正敏  スタッフ   投稿数: 686
 普通、鉄鋼スラグは高炉や転炉や電気炉での目的の鉄合金を取り出した残りとはいえ、有害物質濃度又は溶出試験(水に溶け出す値-通常鉄鋼スラグは石というよりはガラスのように固まるので表面から溶け出す分は少ない)の値が環境基準値以下や転用するときのその規格の規格値以下に処理した後に路盤材等の建材として販売しているものなのですが、今回の場合

有価物としての販売の建前で1円以上の収入があること(輸送費などを含む)
 (1円以上支払う場合は廃棄物処理法の対象となる可能性がある)

でマイナスの額が出ていたことが発端ですが、その後使用状況で環境基準値を超えている事が分かり問題になり出したようです。

中日新聞:大同特殊鋼工場に立ち入り検査 廃棄物処理法違反か:社会(CHUNICHI Web)
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2014012890135337.html

>鉄鋼メーカー「大同特殊鋼」(名古屋市)が、渋川工場(群馬県渋川市)から排出され、六価クロムなど有害物質を含む廃材「鉄鋼スラグ」を業者に再生資材として販売する際、運搬費などの名目で販売価格を上回る代金を払っていたことが分かった。群馬県は、この取引が廃棄物処理法に違反する疑いがあるとして、渋川工場を立ち入り検査した。

> 渋川市によると、1996年から2009年12月にかけて、大同特殊鋼の鉄鋼スラグを使った公共事業のうち、遊園地や保育所など市内11カ所で土壌汚染対策法が定める環境基準を上回る六価クロムやフッ素が検出されている。


投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名
ゲスト名
投稿本文

  条件検索へ



ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget