メインメニュー
PR
facebook

Re: 燃料価格高騰に対するドイツの対応

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

伊豆倉 正敏

なし Re: 燃料価格高騰に対するドイツの対応

msg# 1.3
depth:
1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 | 投稿日時 2022/6/2 23:05
伊豆倉 正敏  スタッフ   投稿数: 1684
 日本国内では自動車のガソリン・軽油代が高くなったことが問題になっていますが、Facebookで見たドイツの対応を書いた記事が斜め上だったので紹介します。

ドイツで6・7・8月だけ発行の「電車乗り放題券」がウクライナ戦争と関係している訳
https://www.mag2.com/p/news/540770?fbclid=IwAR00CqRlhF4LIM0vHVRqQKvoe6aFzd99LbjVQ0yLdFvOabwx8R3XbP1ykfU
>簡単に言うと、「9ユーロでドイツ全土特急以外の公共交通機関1月乗り放題券」です。
中略
>ご存じの通りウクライナ戦争のせいでガソリン代がとんでもないことになっておりまして、1リットル200ユーロを超える日もあります。これを抑えるには需要を抑えるしかないということで、ドイツ政府が考え出した方法が、「電車賃を下げて自家用車の使用を抑える」というものです。最初は車を持っている人に対する割引を考えていたそうですが、それだと不公平だという意見が出たため、一律9ユーロという案が議会を通りました。

 ガソリン代を下げるために燃料に補助や減税するのではなく、自動車そのものの利用を国家戦略として減らしたら消費量が減って市場原理で間接的に値段が下がる作戦のようです。
 一寸気になったのがEU圏は二酸化炭素の排出量を減らすためにクリーンディーゼルを推進させる作戦だったから燃料が違うかもしれませんが、 置き換えて考えてもなるほどなあと思う記事でした。
 それにしても1ヶ月フリーパスって発想が凄すぎる。通勤定期として考えると元が取れるかも。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名
ゲスト名
投稿本文

  条件検索へ



ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget