メインメニュー
PR
facebook

Re: 除草剤をまく理由

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

伊豆倉 正敏

なし Re: 除草剤をまく理由

msg# 1.2.1.1.1
depth:
4
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2022/5/30 22:31
伊豆倉 正敏  スタッフ   投稿数: 1634
 この用途の商品だと最近では国連のSDGs(持続可能な開発目標)に合わせて、生分解性が有って、今までのようにプラスチックだから使用後劣化したら回収して廃却するのではなくて、普段は遮光で他の植物に光を当てずに目的の植物を育てならがら、生分解して肥料になるのでほったらかしたままでいいというシリーズがあるそうです。
 材料も、一社だけのサンプリングですが、数年単位で長期間使うなら自然に返らない再生プラスチック、遮光材として使いながら分解して肥料なるのを利用してほったらかすならそれなりの生分解性材料というメーカーがありました。

商品情報 防草資材 防草シート・マット
https://ts37.co.jp/products/weed/sheet_mat/

長期対応なら
(長期対応型)植樹防草シートT-1  NEXCO造園施設図集対応商品
https://ts37.co.jp/products/weed/sheet_mat/product-854/
>劣化しにくいポリエステル繊維製で高い耐久性を有します。

生分解は期待するけれど長期間期待なら
(生分解性)植樹ニューマット B-2・植樹ニューマット B-2スーパー
https://ts37.co.jp/products/weed/sheet_mat/product-297/
>B-2スーパーは麻クロスと麻マットをニードリングし圧縮加工を施している為、従来の麻マットに比べ耐用年数が長く中期間(約2~3年)のマルチング効果をもたらします。

長期間+肥料になる事まで期待なら
(生分解性)植樹ニューマット Eタイプ
https://ts37.co.jp/products/weed/sheet_mat/product-300/
>リサイクルウール(回収衣料品)を使用した、マルチングマットです。
>天然素材ですので、微生物分解し、肥料成分として土に還ります。
る必要期間後の撤去・処分の必要がなく、焼却処分する場合でも有害物質を発生させません。

恐らく肥料となる事を優先するなら
(生分解性)植樹防草シート No.7
https://ts37.co.jp/products/weed/sheet_mat/product-303/
>石油化学原料を一切使わず、トウモロコシ等のデンプンから作られた生分解性不織布です。
>天然素材ですので、微生物分解し、肥料成分として土に還ります。
>必要期間後の撤去・処分の必要がなく、焼却処分する場合でも有害物質を発生させません。

恐らく他のメーカーも似たような物を造っていると思います。
「生分解性除草シート」のGoogle検索結果を付けておきます。
https://www.google.com/search?q=%E7%94%9F%E5%88%86%E8%A7%A3%E6%80%A7%E9%99%A4%E8%8D%89%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%88&rlz=1C1EJFC_enJP878JP892&oq=&aqs=chrome.0.69i59i450l8.173521464j0j15&sourceid=chrome&ie=UTF-8

投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名
ゲスト名
投稿本文

  条件検索へ



ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget