メインメニュー
PR
facebook

Re: 鳩時計に見る日本とドイツ

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

YMN

なし Re: 鳩時計に見る日本とドイツ

msg# 1.1
depth:
1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2021/9/16 22:36
YMN  一人前   投稿数: 1131
http://wwwhhh.c.ooco.jp/hatot.htm
----修理を営んでいる人のサイトからの引用
ヨーロッパ製の鳩時計では、組立てたネジを外しても
そのまま素直には分解できない仕上がりが普通です。
木工用ボンドで固定されていて簡単には外れません。
そのため修理はいつも、「格闘」に近いものになります
----引用終了

ヨーロッパ製は殆どドイツ製だと思いますが、ドイツ人にしては案外やることがズボラという感がありますが、職人であって工業製品という意識が希薄なのかもしれません。

 ネジと言えば、私の個人的経験からすると、中国製の製品はネジがちゃんとしっかり締まっていなくて浮いていることが良くあるようです。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名
ゲスト名
投稿本文

  条件検索へ



ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget