メインメニュー
PR
facebook

Re: IPCC報告書、人間活動で温暖化「疑う余地ない」初めて明記

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

伊豆倉 正敏

なし Re: IPCC報告書、人間活動で温暖化「疑う余地ない」初めて明記

msg# 1.3.1
depth:
2
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2021/8/9 22:58
伊豆倉 正敏  スタッフ   投稿数: 1384
 その報告が起きることを予見していたのか、小泉環境大臣が次のことを言っていたそうです。
小泉環境相 30年ガス排出削減の切り札は「屋根置き太陽光発電だ」
https://www.sankeibiz.jp/macro/news/210420/mca2104202319038-n1.htm
>小泉進次郎環境相は20日、政府が近くまとめる2030年度の温室効果ガス排出削減目標をめぐり、再生可能エネルギーの普及を加速させたい考えを強調した。その上で「30年まで時間がない中、導入に時間があまりかからないのが太陽光。『屋根置き』といわれる自家消費型の太陽光(パネル)が切り札だ」と述べた。首相官邸で記者団に語った。

 問題は発電量が昼間にピークになることと、晴れの日はいいけれど(曇りの日も意外と発電している。)雨の日にはどうするか、発電量の供給と需要とのバランスをどうするかで、何らかの形で充電なり設置件数が増えれば揚水式水力発電も検討しないといけな事です。とはいえ家庭用充電池はリチウムイオン電池は発火問題があり今時点では怖いです。もし電気自動車を買う事になったとしても維持が大変でしょうし...。

 ちなみにウチの家は設置済みで年により自給率は異なりますが、関西電力へ行く売電量と買電量で出された自給率は90%~110%を推移しています。それと意外な効果がそれまで太陽光が屋根に当たって熱になっていた分が発電量となり、余った分が関西電力に行くので屋根からの熱量が減って暑さがましになったこと。とは言っても外気温や壁や窓からの熱の出入りもあるのでエアコンを使うことには変わりは無いですが.....。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名
ゲスト名
投稿本文

  条件検索へ



ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget