メインメニュー
PR
facebook

JIS K0102 が改訂予定 工場排水試験方法→「工業用水・工場排水試験方法-第n部:○○」に規格名も変更予定

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

伊豆倉 正敏

なし JIS K0102 が改訂予定 工場排水試験方法→「工業用水・工場排水試験方法-第n部:○○」に規格名も変更予定

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 | 投稿日時 2021/5/15 21:12
伊豆倉 正敏  スタッフ   投稿数: 1348
今時点の速報ですが、環境省が定める、環境水の環境基準や、排水基準等の引用元となっている
JIS K 0102:2016 工場排水試験方法 
と JIS K 0102:2016/AMENDMENT 1:2019 工場排水試験方法(追補1)
が5/20付けで改正ならぬ「制定」予定だそうです。

https://webdesk.jsa.or.jp/books/W11M0630/?post_type=book_common&page_id=b_j_saishin
の2021年5月発行の【JIS】5月発行予定(Excel)より
また表題も

K0102-1 工業用水・工場排水試験方法ー第1部:一般理化学試験方法

に変わることからもしかしたら、
JIS K 0101:1998 工業用水試験方法 と統合されるかが気になるところです。

 それと他のJIS規格番号に「-1」の枝番、並びにタイトル名に「第1部:一般理化学試験方法」からして何分割かして発行されるような気がします。
 今情報(5/15)では第1部が発行されるとのことです。リンク先もExcelファイルなので発行予定の5/20までに変わるかもしれません。

 と言うわけで環境省の環境基準の引用、民間では計量証明書の使用した分析規格名の表記が変わることになりそうです。

 もう自分が覚えていた頃の分析方法と違う方法になるかもしれません。自分は化学分析の時代で滴定や吸光光度法による発色で、妨害元素といかに分離するか・妨害元素の悪影響をどの試薬を使えば減らせるか、それも平行して回収率を上げるにはどうするかの職人芸の時代でしたが、今は分析装置の感度が良くなり、ICPやMSも普及し、ガスクロマトグラフやイオンクロマトグラフの分離性能が良くなり、自動抽出装置が出たりして機器分析の時代です。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名
ゲスト名
投稿本文

  条件検索へ



ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget