メインメニュー
PR
facebook

Re: 管共鳴公式図は音圧図と逆なので理解しにくい

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

OK_like-mj

なし Re: 管共鳴公式図は音圧図と逆なので理解しにくい

msg# 1.5.2.1.1.1.1
depth:
6
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2021/4/26 22:50
OK_like-mj  常連   投稿数: 766
スピーカーのコーンの可動範囲を0.1mm
と仮に考えると
音速330m/sというのは
3.3×10^5mm/sなので
0.1mm進む所要時間は
(0.1/3.3)×10^(-5)s = 3×10^(-7)sだ

コーンが振動するサイクルが
これ以上ゆっくりだと、次々に音を送り出す
っていうイメージにはならず
ゆっくり動くものから、なぜか超高速のモノが
放出されるっていう、ありえないイメージになる

この時間から導かれる等価な振動数は
何と、 3×10^6Hz = 300万Hz

ところが、人の可聴周波数は、20~2万Hzだ

あまりに矛盾した現実だ

まったく理解する方策を思いつかない

こんな難問が、まだ今の時代に残っていたなんて
投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名
ゲスト名
投稿本文

  条件検索へ



ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget