メインメニュー
PR
facebook

MSXturboR の真実

投稿ツリー

  • なし MSXturboR の真実 (東 遥, 2021/4/4 5:35)

このトピックの投稿一覧へ

東 遥

なし MSXturboR の真実

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2021/4/4 5:35 | 最終変更
東 遥  スタッフ   投稿数: 4479
今を去ること30年以上前、西暦1990年といえば日本では平成2年にあたりますが、その頃に発表された

 MSXturboR

というパソコンのシリーズが御座います。

はい、西暦1983年6月に発表された「MSX」規格パソコンの後継、MSX2(1985年)、MSX2+(1988年)を経てMSXの最上位、というか最後の規格になります。この規格の特徴としては、

・CPU

 MSX2+ まで、Z-80(3.579545MHz)のみであったのに対し、
 R800(7.15909MHz)を追加搭載(排他使用)。
 これは、クロックで見ればZ-80の倍の速度であり、
 またZ-80が1命令の実行がM1サイクル4clock追加サイクルに対し
 R800は1命令1サイクル実行を基調とし
 同一クロックで5倍前後の処理能力
 併せてZ-80の10倍の処理能力とされます。

・VDP

 V9958

 MSX2+にも搭載されたものですが、
 V9938の上位互換で19268色の表示、
 1ドット単位の横スクロールが可能など
 機能が強化されているものです。

その他、MSXturboR に関する資料というのは中々お目にかかれなかったのですが、うっかり見つけてしまいました。

MSX turbo R Technical Hand Book
MSXマガジン編集部
ISBN 4-7561-0621-8


これの、23~26ページにR800 CPUの概要、166~186ページにR800の命令表、81~128ページにV9958の説明が御座います。

むぅ、なんて懐かしいんだ。そして、こうだったのか、感慨深い。往時探してなかなか見つからなかったのですが。

....いかん、次のバッチを流さねば。
投票数:1 平均点:10.00
返信する

この投稿に返信する

題名
ゲスト名
投稿本文

  条件検索へ



ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget