メインメニュー
PR
facebook

天文学:初期宇宙の爆発事象が、捉えにくいブラックホールを明らかにする

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

entangle1

なし 天文学:初期宇宙の爆発事象が、捉えにくいブラックホールを明らかにする

msg# 1.1
depth:
1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2021/3/30 6:14 | 最終変更
entangle1  常連   投稿数: 265
http://www.natureasia.com/ja-jp/research/highlight/13637

加速器の話からは少しずれますが、宇宙の初期の高エネルギー現象(ガンマー線バースト)がBHの進化を解き明かすかもしれない、というお話です。

『・・・重力レンズ効果の兆候を調べるために、数千個のγ線バースト(恒星の激しい崩壊や2個の星の合体の後に起こる明るい爆発)を解析した。重力レンズ効果は、レンズとして機能する物体が、こうした遠方の爆発の放射を遮断して歪める際に生じ、異なる時間に観測される複数の像を生み出す。この時間の遅れは、他の方法では見ることのできない暗い「物体」の存在を特定する上で重要である。著者たちは、重力レンズ効果の証拠を示すγ線バースト事象を特定し、これを介在している物体の質量が太陽のおよそ1万倍であると推定し、この物体が中間質量ブラックホールの有力な候補であるとしている。・・・』


これも地上では実現できない高エネルギー現象を使って宇宙を解き明かす、という事例となります。

追伸
対象は同じですが、別記事となります。

中間質量ブラックホールが重力レンズ効果を利用して発見される
https://sorae.info/astronomy/20210404-intermediate-mass-black-hole.html

『・・・研究チームでは、今回発見された中間質量ブラックホールは、初期の宇宙において、ファーストスターやファーストギャラクシーが形成される前につくられた原始ブラックホールの可能性があり、超大質量ブラックホールの種(seeds)になった可能性があると考えています。』


原始BHの記述部分が新しいですね。

ちなみにこの話、「光を出さないはずのBHが出した光で通常は見えないBHを探し出す」という「まるでダブルトリックの手品のような話」でもあります。


投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名
ゲスト名
投稿本文

  条件検索へ



ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget