メインメニュー
PR
facebook

Re: 管共鳴公式図は音圧図と逆なので理解しにくい

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

OK_like-mj

なし Re: 管共鳴公式図は音圧図と逆なので理解しにくい

msg# 1.1.1.1.1.1.1.1
depth:
7
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2021/3/30 0:53
OK_like-mj  常連   投稿数: 732
音も光と同じで

一度、自由な空間中に放たれてしまうと
距離の2乗に反比例して、弱まります


ですから、吹き口の節に相当するところの
音が一番大きなenergyをもっている
と考えるのが正解と思います

高校の気中管の定在波は
現実の楽器を想定したものではなく
もし、天下り方式に定在波あったとしたなら
節の部分は動けない、腹は動くと
言っているダケの話しと思います

似た紛らしいものに
カルノーサイクルというものがあります
こっちは、あらゆるエンジンの現実の奥にある
熱に仕事をさせる問題に切り込みますが

そのまま、そこに登場する、すべての考えを
本物のエンジンには使えません

一部使える考えもありますが
使い方には工夫が必要です
投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名
ゲスト名
投稿本文

  条件検索へ



ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget